August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ローバー・ミニに試乗してきました

先日、ローバー・ミニの専門店のピース・ワークスさんから、程度の良いミニが入荷したとメールを頂き、週末になるのを待ってお店に見に行きました。

98年式のMTで、ヘリテイジカラーのアーモンドグリーンです。このカラーが欲しかった色です。ミニにしか似合わない色だと思っています。97以降の高年式車で、通称エアバック・ミニですね。


エアバックになったため、細いハンドルではなく現代風に変わりましたが、真ん中にミニクーパーの浮かしが入っています。

エンジン・ルームを開けると、そこには狭い空間によくもまあ押し込んだね、っていうくらいのエンジン・ルームですが、心配していたオイル漏れもなく、機関はよく手入れされていました。前オーナーが大事に乗っていたのが分かります。



いろいろと話しているうちに、試乗できるから走ってみる?ってことになったんです。まだ納車整備はしていないそうですが、これはひとっ走りしてみようか。


整備前なのに、セル一発始動で、テンションは上がってきました。「ブ・ル・ル・ルーン!」

お決まりの試乗コースということですが、信号あり、曲がりくねりあり、急な坂道ありの2km程度のコースを一周してきました。試乗後の感想を少し書き足しておきます。

・ハンドルが重いと巷で言うほど重くないし、クラッチも重くない。(昔乗っていたシルビアやダットラ(パワステ)の方が重い。
・4速の守備範囲が広い。これは、トルクがあるので低速(35kmぐらい)から使える。つまり町乗りには適している。
・気になる乗り心地は、ゴツゴツ、ピョンピョンした感じはしないし、段差などで飛び跳ねる感じもしなかった。普段バイクに乗っていると、全く気にならない。シートも良くできているせいか、乗り心地は良かった。
・ブレーキは、これは効かないですね。大昔のドラムブレーキのような効き始めです。強く踏み込むとそこそこ効き出します。

やっぱ、窓全開で空気をいっぱい吸い込んで、マニュアル車で走るのは気持ちいいね。思わず顔が微笑みながらの短い試乗でした。

そんな訳で、大満足で、見積書を貰って帰途に着きました。

 
 

comments

   

trackback

 
pagetop