September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スタビロ ALL色鉛筆(水性)

「滲まない・透けない・裏うつりしない」シリーズ(39)

横浜世界堂の鉛筆コーナーを覗くと、ユニークな色鉛筆を発見。全8色なので、小さなスペースに収まっていました。「STABILO/スタビロ オール色鉛筆」です。STABILO社のサイトでは、ALL-purpose penのカテゴリーになっていて、ガラス、プラスティック、金属にも鮮やか書ける水性色鉛筆ってことで、ダーマトグラフと同じですね。


STABILO ALL Colored Pencil AQUARELLABLE 芯径:3.3ミリ (横浜世界堂¥143)

ほとんど、Webでのレビューとか無いし、色鉛筆とは紹介されていないので、どんなモノなのか、興味があります。芯が三菱ダーマトよりだいぶ細かったので、なかなか良さそうです。全8色のうち、白・黒・茶以外の5色を購入。実際に計測すると3.3ミリで、これはいい。CASTELL TK9400にクラッチ出来そう。

軸は普通の六角軸ですが、印字の配列がいい加減で、STABILO ALLは一緒ですが、Schwan All STABILOだったり、AQUARELLABLE STABILOだったりします。ま、ご愛嬌でしょう。軸の頭に描かれたカンパニー・マークの白いスワンが可愛らしい。


スワンマークが可愛く、一目でSTABILOと判る。

その書き味ですが、何にでも書けるというだけあって、芯がとても柔らかく、しなやかに描ける。一部、ざらつくようなひっかかる感触もあり、クレパスのようなカスが残るのは残念。発色はとても濃く、はっきりした深い色合いになります。原色の赤・青・緑・黄・橙の5色なのでマーキングには適している。この辺りは、流石、世界一のマーカー・メーカーのノウハウが詰まっているのでしょう。

少し難点を言うと、書いた後、その軌跡が残るというか、紙の上に塗料が付くような、浮き上がる感じです。(※水性ダーマトのレンボーもこの傾向が見られます。)芯がみるみると、黒板に書くチョークにように減っていきます。

そして最大の欠点が、芯と木軸のり付けの悪さ。ワックス成分が多いため、無理やり安物のボンドでくっつけたような感じで、芯にべっとり糊痕の筋がが付いて、なかなか取れないのが難点。・・・・まあ、普通、芯だけ取り出すような使い方はしないでしょうが、、、。



 
 

comments

Como faço para comprar esses Schwan All Stabillo?

  • Marivone Cristina
  • 2013/01/05 8:38 PM

Marivone Cristinaさん

英語も、その他言語も分かりません。
申し訳けありませんが、日本語でお願いします、とか言いようがありませんです。

  • noguchan
  • 2013/01/05 10:20 PM
   

trackback

 
pagetop