November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

色鉛筆(油性)のレビューまとめ

滲まない・透けない・裏うつりしない」シリーズ(最終章)
 〜 色鉛筆(油性)レビュー 〜


4月から新しくなったNHKラジオ英語講座のテキストやジーニアス英和辞書に線を引いたりマークする際、裏に滲みない条件を満たすマーカーって無いものかと、これまで、40数回にわたり連載してきた「滲まない・透けない・裏うつりしない」シリーズのまとめです。

あくまで、絵を描く画材としての色鉛筆ではなく、NHK講座のテキストや辞書にマーキングするための用途で評価しています。(芯の硬さ加減と総合評価は、5段階で数値化しておきます。上質紙などでのテストはしていません。)

まず、色鉛筆には、"油性"と"水彩(水性)"に分かれます。油性は普段使っている色鉛筆で、わざわざ油性とは言わないようです。世界各国、色々なメーカーから出ていますので、書き味を比べるのも楽しいです。

【色鉛筆(油性)】

無印良品 色鉛筆
[国産] 全36色 芯径:3.0ミリ 定価¥35相当(12本入り¥420)
○特徴: 軸に色をつけず、柔らかい木の質感を生かした色鉛筆。単品売りは無し。
○柔らかさ: "1"(とても硬い)。硬いです。
○書き味: 発色も出ないし、ざらつく。
○総合評価: "1.5"(勧めないが、・・・)。木軸はニスも塗っていない、無垢の質感は良い。安全なイメージはある。但し、芯が硬く、発色しないので、使用用途が無い。



三菱鉛筆 一般色鉛筆 No.880
[国産] 全36色 芯径:3.0ミリ 定価¥63
○特徴: 普通の色鉛筆。36色。どこの文房具屋さんにも置いてあるので入手しやすい。
○柔らかさ: "1"(とても硬い)。学童向けに強く書いても折れないようにしていると思われ、硬い。
○書き味: 発色も出ないし、すべる。
○総合評価: "1.5"(勧めないが、・・・)。廉価品なりの品質。でも、今どき60円で買える品物って探しても無いですよねぇ〜! 36色揃うのも凄い!!



三菱鉛筆 ダーマトグラフ No.7600(油性)
[国産] 全12色 芯径:4.4ミリ 定価¥105
○特徴: 太軸の紙巻きエンピツ。多用途でフィルムにも書ける。ワックス分の多い芯のため、接着剤が付かないため、伸縮がある紙巻きになったと言われる。手で剥ける手軽さも良いし、楽しい。
○柔らかさ: "5"(とても柔らかい)。
○書き味: じっとりワックスを塗っているような感じ。純色の色は濃く出る。
○総合評価: "3"(普通)。芯も太く、柔らかいのでマーカー向けには良い。油分が多いので、べとつくので、辞書などの薄い紙には向かないし、細かな文字などは書けない。



トンボ IROJITEN(色辞典)
[国産] 全90色 芯径:3.0、3.85ミリ 定価¥105
○特徴: JISが定めた色にとらわれない新しい色鉛筆。
○柔らかさ: "1"(とても硬い)。蛍光色系の10カラーのみ太く、芯径3.85ミリあるが、それでも硬い。
○書き味: 発色せず、ザラザラいう書き味は、いまひとつ。
○総合評価: "1"(対象外)。廉価版ながら全90色を揃え、色名称が独自で味わいがある(和の名称とか良いネーミング)。一部、使いたい色もあるが、芯が硬すぎる。



三菱鉛筆 ユニカラー
[国産] 全100色 芯径:4.0ミリ 定価¥126
○特徴: 全100色を揃えており、色が綺麗で、芯も減りにくい。
○柔らかさ: "1"(とても硬い)。とにかく硬く、ワックスが多いのかすべる。
○書き味: 発色が出ないしすべるので、紙に着色しない。表面のつるつるした紙には、全く書けない。
○総合評価: "1"(対象外)。太い芯なので、期待したが残念。でも、小学生で36色とか、60色とか持ってたら人気者になれる。(※全100色はすごく気合いが入っている。)



STAEDTLER エルゴソフト Nr.157
[ドイツ] 全24色 芯径:3.0ミリ 定価¥147
○特徴: ソフト表面加工ですべらず心地よいグリップ感と、三角形デザインで手によくフィットする。
○柔らかさ: "3"(普通)。芯が細いが、油性では柔らかい部類に入る。
○書き味: 地味ながら色合いも良く、ほどほどに発色も出る。残念なのは、色によりすべる色が有る。
○総合評価: "3"(普通に勧める)。この三角軸は、持った感触は素晴らしくGoodなので、もうすこし濃い発色が出ると良い。文字の書き込みなどには適している。



三菱鉛筆 ユニ アーテレーズカラー
[国産] 全36色 芯径:3.5ミリ 定価¥157
○特徴: 描いて消せる自由自在の色鉛筆。パステルのようなタッチ、とのこと。
○柔らかさ: "1.5"(硬い)。ユニカラーより柔らかい程度。
○書き味: パステル並みにというHPの表現程ではないが、特に上質紙には柔らかいタッチで鮮やかに描ける。濃淡は表現できない。
○総合評価: "3.5"(一部の用途に勧める)。真っ白な紙に限って、驚くほどの発色を見せるので、参考書などの上質紙にマーキングするには良い。NHKラジオ・テキスト、マンガ本や新聞紙のような荒い紙質には全く発色しないので注意。



LYRA/リラ Super 3
[ドイツ] 全24色 芯径:4.0ミリ 定価¥157
○特徴: 一回り以上太い三角軸で握り易い。
○柔らかさ: "1"(とても硬い)。
○書き味: 軸が太いので握り易いが、芯がすべる。三角軸は、芯を削るのに慣れが必要。
○総合評価: "1"(対象外)。太い芯は柔らかいと思うと、これは逆。学童向けに折れないように硬くしたと思われる。



LYRA/リラ レンブラント ポリカラー
[ドイツ] 全78色 芯径:3.8ミリ 定価¥210
○特徴: 無垢の白木でシックな仕上がり。
○柔らかさ: "4"(柔らかい)。油性ではもっとも柔らかい芯で、しっとりしている。
○書き味: 軸と同じように発色も地味目だが、柔らかい芯のおかげで、油性の滑る感じはなく、書き味はいい。
○総合評価: "4.5"(お勧めできる)。ホルベイン・アーチストも柔らかいがその上をいく。落ち着いた色合いが好みの人にはうってつけの製品。シックな木軸は評価できる。シックなので、大人の色鉛筆って感じがする。



HOLBEIN/ホルベイン アーチスト
[国産] 全150色 芯径:3.8ミリ 定価¥210
○特徴: 日本のメーカー。軟質で色が上品で鮮やか。
○柔らかさ: "3.5"(普通よりやや柔らかい)。
○書き味: 油性ならではのなめらかな書き味は、一級品。特にブルーなど鮮やかな明るい発色です。
○総合評価: "5"(とてもお勧めできます)。書き味はホルベインならではの味がる。単価も低めに抑えているので、セット買いも良い。油性色鉛筆では、私のお気に入りの1本です。(※日本のメーカーだなんて知らなかった。)必ず好みの色が見つかる全150色を揃え、お勧めできる1本です。



SANFORD/サンフォード プリズマカラー
[アメリカ] 全120色 芯径:3.9ミリ 定価¥241
○特徴: アメリカンテーストが味わえる、ポップなカラーリング。
○柔らかさ: "3"(普通)。超軟質との書き込みもあるが、柔らかくはない。(蛍光色)
 ※原色系は、"4"(柔らかい)
○書き味: 軸の塗料はすごく鮮やかだが、ほとんど発色が出ず、すべるので書きづらい。但し、上質紙に描くと、蛍光色は素晴らしい発色を見せる。(蛍光色)
 ※原色系は、しっとりした書き味で濃い色が出るものもある(但し、品番による)。黄・緑など、筆厚を加えると加えただけ紙に乗る色もある。
○総合評価: "3.5"(一部、勧める)。蛍光色(ピンク・オレンジ・グリーンなど)を揃えているので、これはお勧めできる。この鉛筆は、ペンケースに入れて置くだけで明るい気分になれる。ビビットカラーはこの製品が一番。



三菱鉛筆/ユニ カラードペンシル ペリシア
[国産] 全36色 芯径:3.9ミリ 定価¥315
○特徴: 画材としての色鉛筆を徹底追求しただけあって新鮮。
○柔らかさ: "5"(とても柔らかい)。この柔らかさは、ダーマトグラフ並みです。
○書き味: 油性でしっとり感が出るのはこの鉛筆だけ。発色も明るく、艶やかで純色は素晴らしい。 
○総合評価: "5"(特にお勧めします)。ホルベイン・アーチストの発色もいいが、ペリシアには滑らない書き味があります。色数が少ない分、発色がマーカー向きの明るいので勧めます。同社のダーマトが好きな人は、このペリシアを手にすると、はまります。



FABER CASTEIL/ファーバーカステル ポリクロモス
[国産] 全120色 芯径:3.8ミリ 定価¥315
○特徴: プロが愛用する最高級油性色鉛筆。色数も豊富。
○柔らかさ: "2"(硬い)。油性としては一般的なのかも知れないが、硬い。
○書き味: 思っていたほどなめらかさが無く、滑る感じがする。期待していた発色も出ない。ただ、色の質感はとても高く、素直な色合いで好感が持てる。流石、高級ブランドの顔料は良い。
○総合評価: "2"(あまり勧めない)。硬めの芯で、伸びやかさに欠けるので評価を下げた。60色程度揃えて、風景画を描くには適していると思うが、マーカーとしては使えない。


----------< ここからは、替え芯の紹介 >----------

タジマ すみつけクレヨン
[国産] 全5色 芯径:3.7ミリ 定価¥350(3本入り)
○特徴: 建築現場用なので、何にでも書ける。蛍光色2本あり。
○柔らかさ: "5"(とても柔らかい)。柔らかいのと引き換えに、かすれるような感じになる。
○書き味: 蛍光色(黄・ピンク)でもなめらかに書ける。この蛍光色2本は、クレヨンというだけあり、とても柔らかく、蛍光色がよく出る。(クレヨンだと思って間違いありません。)
○総合評価: "4.5"(かなりお勧め)。どういう塗料なのか不思議なくらいに、よく発色するので、蛍光マーカーには最適。蛍光イエロー、蛍光ピンクは他の追随を許さない。ただ、難点は芯の減りが早いのと、文字が書きにくい。



トンボ マーキングホルダー替え芯
[国産] 全6色 芯径:4.4ミリ 定価¥180(6本入り)
○特徴: 三菱ダーマトと同じ4.4ミリ芯で、多用途のマーキング用。
○柔らかさ: "5"(とても柔らかい)。
○書き味: ダーマトよりロウ成分は少なく、なめらかさは同じ。
○総合評価: "2"(あまり勧めない)。色が白、藍、赤、黒、黄、緑しか無いのが残念。緑は抹茶のような渋めの色。専用ホルダーにしかセット出来ないのがマイナス。(※三菱ダーマトの芯もホールド出来ます。)



Pentel/ぺんてる MULTI 8 用替え芯   
[国産] 全14色 芯径:2.2ミリ 定価¥105(2本入り)
○特徴: ベストセラーのぺんてるマルチ8の替え芯。
○柔らかさ: "3"(普通)。2ミリ芯の中では、uniやステッドラー、コヒノールに比べて柔らかい。
○書き味: 2ミリの替え芯の中では、柔らかいし、発色も鮮やかに出る。(あくまで替え芯の中ではの話。) 
○総合評価: "4"(薦める)。Malti8専用だが、2ミリの芯ホルダーに収まるのは良い。クレヨンの流れを組むのか、芯が柔らかいので薦める。(2本入りで100円なので、予備に揃えておくには安価な価格設定となっている。)



三菱鉛筆/ユニホルダー 替え芯
[国産] 赤色のみ 芯径:2.0ミリ 定価¥315(6本入り)
○特徴: ユニホルダー用の2ミリ替え芯。赤以外は普通の黒鉛芯のみ。
○柔らかさ: "1"(とても硬い)。
○書き味: UNIの名前を付けていますが、ユニカラーとは違い、一般色鉛筆#880の朱色の赤と同じです。滑る感じは、伝統のuniの書き味そのもの。
○総合評価: "1"(対象外)。三菱の朱色が好みに方は良いかも。凄いのは、この直径2ミリの芯に、しっかりMITUBISHI UNIのロゴが印字されている技術が凄い。(※写真をよく見てください、しっかり刻んでいます。)



KOH-I-NOOR/コヒノール 2ミリカラー芯6色セット#4301
[チェコ] 全6色 芯径:2.1ミリ 定価¥420(6本入り)
○特徴: チェコの名門コヒノールの2ミリ替え芯。
○柔らかさ: "1.5"(硬い)。2ミリなので期待はしなかったが、硬い。
○書き味: 色が黒、赤、青、黄、緑、茶の6色だが、黒は要らない。お世辞にも発色はよくないし、色も冴えない。 
○総合評価: "2"(あまり勧めない)。硬く、発色が出ないが、2ミリ芯では5色揃えるのは貴重価値がある



STAEDTLER/ステッドラー 2ミリ芯ホルダー用カラー芯
[ドイツ] 全2色(赤/青) 芯径:2.0ミリ 定価¥525(4本入り)
○特徴: マルス用の2ミリ替え芯で、赤と青を揃える。
○柔らかさ: "1"(とても硬い)。黒鉛筆で言うと、「2H」程度か?
○書き味: 硬いのは仕方ないとして、ツルツル滑るので書き味は良くない。エルゴソフトのような感触は、全くない。
○総合評価: "1"(対象外)。但し、この芯ケースは良い。130mmの芯が4本入り、丸い透明なプラスチックケースなので、ペンケースに収めて置くには重宝する。


◇  ◇  ◇  ◇  ◇
滲まない・透けない・裏うつりしない」シリーズ(最終章)の"水彩色鉛筆のレビューまとめ"のページも参照ください。

 
 
 
pagetop