August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ロットリング ラピッドシャープペンシル

「滲まない・透けない・裏うつりしない」シリーズ(13)

これまで、芯ホルダーを探していたのですが、逆転の発想でついに、シャープペンシルのヘッドに付いている消しゴムにも、3.8ミリの替え芯が付くことが分かりました。

ROTRING/ロットリングのメカニカルペンシルrapid(ラピッド)シリーズです。0.5ミリのシャープペンシル「R◎TRING/ロットリング rapid 0.5」をget。


r◎tring rapid 0.5(手前側、¥500)とvisupencil 0.5(¥180) (どちらも分度器)

rotはドイツ語で赤、ringは輪。このラピッドも赤いリングをまとっています。(右奥のビズペンシルも安価ながら誇らしげに赤いリングです。)rapidは、2段ノックで、最初に強くノックするとニードル部分が出て、次に軽くノックすると芯が出る方式です。

このrapidの最大の特徴は、消しゴムにあります。ヘッド部に細くて長い消しゴムが内臓しており、ヘッド部分を指で回転させてやるとニョキニョキっと出てきます。それが有効長25ミリもあり、十分な長さです。(消しゴムは、スポっとはめるようにセットします。)


3.8ミリ芯の消しゴムを最大限に伸ばしたところ ちょっと、面白い

シャープペンシルのヘッド部に蛍光マーカーを装着するなんて、考えてもいなかった。(装着例は、次回にupします。)

 
 

comments

   

trackback

 
pagetop