October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ウチダ プロイレイザー#100

「滲まない・透けない・裏うつりしない」シリーズ(19)

芯ホルダー(LEADHOLDER)では無いのですが、スティック消しゴムホルダーとして、UCHIDA(内田洋行)の「PROERASER #100」がありました。
 

UCHIDA PROERASER #100はアルミボディーで高級感あり。芯径:3.8ミリ(世界堂¥630)

UCHIDAというと、ねずみ色のオフィス机を思い浮かべますが、製図用文具なども優れた製品が多い。2005年からは、製図機器のみマービーが扱うようになったようです。UCHIDA DRAFTのカタログには現行品の#100のみが掲載されています。但し、発売元のマービーでは購入出来ないので、世界堂で購入。(旧製品にはボディカラーが綺麗なブルーや落ち着いた黒、それに回転式やノック式のPROERASERが有ったようだが、現在は廃番とのことで残念ながら入手不可。)


UCHIDAの横のPROのロゴが誇らしげに刻んである

消しゴムの芯径は約3.8ミリで、現行品のこの#100はドロップ式だが、先にある3つの金属チャック(爪)で芯をホールドする仕掛けです。これにすみつけクレヨンをセットします。消しゴム用途には使わず、マーキング専用ホルダーです。


ちょっと消しゴムとしては高価なPROERASERと、蛍光のすみつけクレヨン

プロイレイザーにタジマのすみつけクレヨンをセットすると、スーッと挿入出来た。しかし、挿入した芯とチャックが噛み合わず(ゆるい)、芯がホールド出来ずに、紙にマーキングするとズリ落ちる。しっかり固定されていないいんですネ。(発表値では、PROERASERがφ3.8ミリで、タジマ・すみつけクレヨンがφ4.0ミリなんだが、・・・。)

・・・が、ちょっとチャック部分を手で触れて押してやると、問題なくホールド出来ます。(実測、すみつけクレヨンは、φ3.7ミリ程度のようです。)硬いチャックがクレヨンの芯を傷付けないかと心配でしたが、心配無用でした。流石、UCHIDAの製図製品で精巧な作りです。

 
アルミボディーに蛍光色は似合わない(?)が、機能性は抜群!

やっと捜し求めていたモノが見つかった。プラスチックの軸にはないアルミの適度な重さがあり、これで、大人の蛍光ペンが完成した。会社で何気にこれを使うことを思うと、気分も爽やか!!(自己満足ですけどネ!) 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

UCHIDA PROERASER(φ3.8)と、他社の替え芯との相性ですが、
 ○タジマツール・すみつけクレヨン細書き(φ3.7)
       ・・・・チャックを少し触り、押し込むとホールド可能
 ○PILOT・Water colourの替え芯(φ3.8)
       ・・・・同上(すみつけクレヨンより若干楽)
 ×三菱鉛筆・ダーマトグラフ(油性)の剥いた芯(φ4.4)
       ・・・・全く入らない(どんなに頑張っても無理です)
 ×トンボ・マーキングホルダーの芯(φ4.4)
       ・・・・同上(ダーマトと全く同じ太さです) 

う〜ん、紙巻きダーマトグラフもマーキングホルダー替え芯も、芯が太くてホールド出来ず。これは、次なる手を考えねば・・・・

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

芯径は、シンワの「高級超ミニノギス(7cm)」で計測しています。小型ながらカーボンスチールで、0.05ミリ単位まで測れる優れものです。


ペンギンマークのシンワです。Japanの文字はないが、新潟産と信じています。

 
 

comments

   

trackback

 
pagetop