September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

これまで主要な製図用シャープ(製図用っぽいのも含めて)をレビューしてきました。40回と回を重ねるにつれ収拾が付かなくなってきたので、以下にまとめておきます。
ビジネスマンが会社で使う製図用シャープの要件としてあげるとしたら、4mmの長いガイドパイプ+軸バランスが良く使い易いことでしょうか。個人的なオススメ度を★で表示しました。私的な思いと好みだけの評価です。価格帯別にしましたが、並び順は思いついたままです。

【200円以下のなんちゃって製図用シャープ】

200円以下の価格では、メーカーは主に中高生をターゲットにした商品が多く、製図用シャープと分類されるものはありません。でも、雰囲気があるシャープもありますので、なんちゃって製図用シャープとして掲載します。

OHTO オートシャープスリム
0.5mmm 全4色 軸径(本軸部実測):8.6mm 重量(実測):8.7g 200円(税抜き))

200円ですが、ぶれない六角軸、金属製の口金とクリップを身にまとったのが、オートのシャープスリムです。

オートは有名メーカーに出来ないようなユーザーが好みそうな商品を出し続けています。それも低価格で出してくれてます。

スムーズなノック感が好き嫌いを分けるかと思いますが、200円シャープではお薦めモデルです。

オススメ度:★★★★★ 近所の文房具屋には置いていませんが、使えます。


rOtring VISUPENCIL
0.5/0.7mmm 黒・青・赤の3色 軸径(本軸部実測):8.5mm 重量(実測):7.6g 180円(税抜き)

ロットリングの普及型シャープです。

180円と低価格なこと、軽くて持ちやすいグリップですので、普段使いにはいいかも。

口金はプラ製なので、軸バランスが悪いです。口金とガイドパイプを付けたら買い、の商品です。

オススメ度:★★★★☆ 赤いリングは普及型のビズペンシルにも付いています。


サンスター文具 ダブルノックシャープ
0.5mmm 全6色 軸径(本軸部実測):9.1mm 重量(実測):8.2g 120円(税抜き)

サンスター文具は、アーム筆入れがヒットしましたが、シャープも出しています。

120円と破格の低価格ですが、4ミリガイドパイプや金属クリップを使っていることもあり、製図用シャープの雰囲気を持っています。

ダブルノックで芯先をしまえるのは良いですが、芯先はプラ製です。少しぐら付くので、あくまでメモ書き程度にしか使えないです。

オススメ度:★★★★☆ 100円で買える4mmスリープはサンスターだけ。


PILOT エアブラン
0.3mmのみ パステルカラー全6色 軸径(本軸部実測):9.5mm 重量(実測):9.8g 200円(税抜き)

ぷにゅぷにゅのシリコングリップにパステルカラーで、全く製図用シャープではありませんが、エアブランを載せました。

金属口金のおかげで、軸バランスはとても良いですね。

この半透明なシリコングリップ内に、ただただ、お気に入りのシールを入れたかったんです。

オススメ度:★★★☆☆ ちょっとコーヒーブレークでした。


ステッドラー マルス グラファイト 777
0.5mmm 全6色 軸径(本軸部実測):9.0mm 重量(実測):6.8g 170円(税抜き)

スッテドラーの一般筆記具マルス グラファイト777です。デザインに惹かれて購入しました。

ラバー調のボディとノック部に大きな消しゴムを乗せたのが特徴です。ステッドラーのシャープペンは丸軸のずん胴タイプで統一され、すっきりしたデザインです。

軸はPPですので、当然しなります。とても軽いのでメモ用とかには使えます。

オススメ度:★☆☆☆☆ ドイツ製のシャープペンが安く入手できる時代です。



【300円で買える製図用シャープ】

300円の価格帯では製図用シャープというより、4mmガイドパイプのものを掲載しています。各メーカー良い商品が揃っています。ここはメーカーの個性の出しどころですね。正統派からPOPなものまで、選ぶほうも迷います。

STAEDTLER 925-65 カラーコレクション
0.5mmのみ 5カラー 軸径(本軸部実測):8.8mm 重量(実測):11.3g 350円(税抜き)

まず1本だけ挙げるとしたら、ステッドラーの925-65 カラーコレクションを挙げます。

ポップなカラーとは裏腹に、しっかりした作りで芯硬度表示窓がいいです。消しゴムに芯つまり掃除用の針が付いているなど、手抜きなしです。

オススメ度:★★★★★ 350円はお値打ち価格です。


ZEBRA カラーフライト
0.3/0.5mm 10+7カラー 軸径(本軸部実測):8.8mm 重量(実測):10.1g/9.7g 300円(税抜き)

シンプルイズ・ベストといえばこのカラーフライトですね。

回転繰り出し式の消しゴムが特徴。0.5mmだけに付く口金先端のプラスチックが何を意味しているのか、いまだに謎です。

細身の六画軸に小さなクリップなので、筆記時もすらすら書ける。

オススメ度:★★★★★ チョコレート色なんか好きな色です。


PLATINUM プロユース 300
0.3/0.5/0.7mm 1カラー 軸径(本軸部実測):9.5mm 重量(実測):9.2g 300円(税抜き)

大き目のクリップの流れるようなライン、六角軸ですがグリップの先端部にいくにつれて細くなるテーパーグリップ形状が特徴です。

メタリックの濃いブルーもいいです。軸バランスはおしり側ですが、全体的な作りの良さはこの価格帯では一番。

オススメ度:★★★★☆ まず、他人が持っていないです。


PILOT S3(エススリー)
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mm 10カラー 軸径(本軸部実測):10.5mm 重量(実測):11.2g 300円(税抜き)

流石パイロットと思わせるのが、消しゴムにつく芯除去用の針です。そしてクリップにPILOTのロゴマークが入っています。

多くのメーカーがコストダウンから真っ先にやらなくなったことを、パイロットは継続しています。

オススメ度:★★★★☆ 品質の良さはこの300円の価格帯に現れています。


BiC クリテリウム 0.5
0.5mmm ブラックのみ 軸径(本軸部実測):8.1mm 重量(実測):8.0g 280円(税抜き)

ビックから出しているのが、クリテリウム 0.5です。ライターや4色BPなどを思い浮かべますが、製図用っぽいシャープペンも出しています。

クリテリウムはオーソドックスな6画軸にグリップも6画のまま溝を刻んでいて、グリップ力は高いです。軸の軽さが魅力です。

トレードマークのビック・ボーイはクリップに入れてあり、嬉しくなっちゃいます。回転繰り出し式消しゴムです。

オススメ度:★★★★☆ 280円で機能満載、これがBiCです。


rOtring Tikky 2 パステルカラー
0.5mm 複数カラー 軸径(本軸部実測):9.0mm 重量(実測):10.4g 350円(税抜き、廃盤)

ロットリングのティッキー兇蓮誰が見てもティッキーだと分かるデザイン。

短めで、でこぼこグリップとまんまるノックの頭がいいんです。特に、ブラックとホワイトはロットリングっぽくで好きです。

オススメ度:★★★★☆ 持ってるだけでPOPな気分。


FABER-CASTELL FE3000
0.5mmm グリーンのみ 軸径(本軸部実測):8.6mm 重量(実測):8.8g 400円(税抜き)

ファーバーカステルからも低価格の製図用シャープを出しています。400円で出してくれたことに感謝です。

とても濃いファーバー・グリーンは日本では見ない色です。FABER-CASTELLのロゴを見るだけで、満足しちゃうほど高級感があります。

六画軸と砲弾型フォルムは美しい、派手さは無いけどきっちり仕事してます。

オススメ度:★★★★☆ ドイツの匂いがします。


ZEBRA テクト
0.3/0.5mm 8カラー 軸径(本軸部実測):9.0mm 重量(実測):10.4g 300円(税抜き、廃盤)

ゼブラのテクトのやや太めのグリップとシリコンリングは絶妙な感触でGood。

本軸は光沢、グリップは同じ素材ながらマット仕上げになっていて、かなりいいです。普段使わない消しゴム部に投資しないなんて洒落てます。

オススメ度:★★★★☆ ノックの軽さが素晴らしい。廃盤なのが惜しい。


ZEBRA ドラフィックスシャープ
0.3/0.5/0.7/0.9mm 1カラー 軸径(本軸部実測):8.9mm 重量(実測):8.5g 300円(税抜き)

ゼブラのドラフィックスは、この価格帯では唯一製図用シャープらしいデザインと装備です。なんたって、300円です。ZEBRAの意気込みさえ感じます。

芯硬度表示は4H〜2Bまで表示できる幅広さは凄い。一般向けに使うにも便利です。

軸本体が非常に軽いことから長時間の筆記に耐えられるシンプルでスタンダードな1本だと思います。

オススメ度:★★★☆☆ 軸と芯硬度表示窓のプラスチッキーな点がマイナス要素。


Tombow モノグラフ
0.3/0.5mmm 9カラー 軸径(本軸部実測):10.2mm 重量(実測):16.9g 350円(税抜き)

トンボからは製図用シャープは出ていませんが、4mmスリーブなので掲載。

太い軸を愛用している方には、グラフ1000等の8.2mmの細い軸には抵抗があると思います。太軸でロングスリーブ搭載モデルは、このモノグラフしか見当たりません。フレノック機能を固定すれば、軸バランスも良いです。

カラーもMONOらしい落ち着いたカラーリングです。

オススメ度:★★★☆☆ 個性的なのがトンボの魅力。


ミドリ CL シャープ
0.5mmm 全3色 軸径(本軸部実測):9.1mm 重量(実測):6.9g 300円(税抜き)

軽量でデザインセンスのあるシャープペンです。

口金部が絞ってあるので芯先も見やすいし、ミドリのお得意の3色カラーもPOPで明るい。

ポリカのプラスチッキーなところが、逆にいい感じです。他人と同じものはイヤだという人に勧めます。

オススメ度:★★☆☆☆ シンプル・イズ・ベストなシャープです。


ぺんてる シュタインシャープ
0.3/0.5mm 6カラー 軸径(本軸部実測):8.8mm 重量(実測):11.4g 300円(税抜き)

ぺんてるは、上位機種から廉価品まで同等のチャック機能を有しているので安心できます。

ただ、このシュタインのグリップに加工されたステンレス板は、雑な作りでどうにも好きになれない。

オススメ度:★☆☆☆☆ シュタインのイメージはこういうデザインではない。



【500円程度で買える製図用シャープ】

500円シャープはヒット商品が出れば利益が出る価格帯でもあり、各メーカー激戦区ではないでしょうか? シャープペンに1,000円は出せないっていう人でも、500円なら買ってみるか、って気になりますから。私もそのひとりです。

ぺんてる グラフ 600
0.3/0.5mmm 5カラー 軸径(本軸部実測):8.0mm 重量(実測):14.3g 600円(税抜き)

ぺんてるではこの価格帯に多くの商品を投入しています。

その中でも一押しは、グラフ600です。細身の六角軸に金属ローレット、グラフ1000に似た口金、芯硬度表示窓付きで、まさに入門製図用シャープ。

グラフギア500のグレー軸が好みじゃない方にも、このグラフ600を勧めます。

オススメ度:★★★★★ 会社で使うにも、ホワイトやオレンジなどのカラーでも違和感ないです。


三菱鉛筆 uni製図用シャープ
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm ブラックのみ 軸径(本軸部実測):8.5mm 重量(実測):12.5g 500円(税抜き)

uniの製図用シャープペンです。(奥の2本は2mm芯ホルダーです。)

芯径も豊富だし、製図用シャープの要件は全て満足した仕上がりになっています。

特に軸バランスの良さが際立っている。ローレットグリップながらとても軽いので、長時間筆記に適した1本です。

オススメ度:★★★★☆ uni好きなのであずき色も出して欲しい。


STAEDTLER 925
0.3/0.5/0.7/0.9mmm ブラックのみ 軸径(本軸部実測):9.0mm 重量(実測):9.5g 500円(税抜き)

ステッドラーの普及型の正統派製図用シャープ。

基本的には925シリーズ共通したデザインで、65のようなポップさは向かない、35は重過ぎる、という人にはベスト。軽くて軸バランスもGoodです。

グリップもラバーでは無く、うまく加工している。派手さはないのでずっと使っていても飽きることは無い。

オススメ度:★★★★☆ タイ製だが、真面目に作られた1本。ノックキャップの質感だけマイナス。


r○tring 300
0.5/0.7/2.0mm ブラック 軸径(本軸部実測):8.2mm 重量(実測):8.3g 500円(税抜き)

rotring 300。製図っぽいなあ。

300はプラスチックの六角軸でグリップもプラなので、500のカミソリのようなキレキレグリップとは違って、軽く取り回しがいい。軸バランスはおしり寄りです。

こういうシャープペンを使っていると、出来るビジネスマンって感じ。

オススメ度:★★★★☆ ブラック軸に赤いリングはrotringの証。


ぺんてる グラフギア 500
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mm グレーのみ 軸径(本軸部実測):8.0mm 重量(実測):15.2g 500円(税抜き)

ぺんてる グラフギア 500はいいです。

低重心でグリップと口金が一体式なのでブレが少ないのが特徴のスタンダードモデル。芯サイズも豊富なので、これを買っておけば問題なし。

軸の再生ABSの仕上げが雑、軸カラーがグレーのみというのが残念。

オススメ度:★★★★☆ 無印のホワイト軸や海外向けブラック軸を選ぶのも良い。


PLATINUM プロユース 500
0.3/0.5/0.7mm ブラックのみ 軸径(本軸部実測):9.2mm 重量(実測):13.1g 500円(税抜き)

PRO-USEもシリーズで、300、500、1000、1500がある。これは、500でラバーグリップ仕様のもの。シリーズといいながら、共通点は全くなく、商品名を1つにまとめただけのものです。

PRO-USEのロゴは製図用シャープとしてはセンスが無いし、ラバーグリップの質感が悪い。

とは言え、500円の価格ながら基本的な機能は全てに満足しているのでお薦めできる。

オススメ度:★★★☆☆ 芯硬度表示に2Bがあるのは○。軸バランスがおしりにあるのは残念。


PILOT S5(エスファイブ)
0.3/0/4/0.5/0.7/0.9mm 5カラー 軸径(本軸部実測):10.5mm 重量(実測):11.5g 500円(税抜き)

パイロットのS5はカラフルなスケルトン軸で、中高生を対象にしていると思われる。

軸も太く、長いラバーグリップが特徴です。大メーカーの売れ筋商品なので、小さな文房具屋で手にすることができるのがメリット。

丁寧に作られていて、PILOTらしい物作りの良さが出ている。ただ気になるのは、厚いラバーグリップを装着するため軸を削った影響で、軸がしなります。

オススメ度:★★★☆☆ ラバーグリップ好きには最高の1本。


r○tring rapid 0.5
0.3/0.5/0.7mmm ブラックのみ 軸径(本軸部実測):9.5mm 重量(実測):12.7g 700円(税抜き)

rotringのrapidは製図用シャープとは呼べないでしょうが、3mmガイドパイプなので掲載します。ダブルノックで芯先を保護できる。

太めの丸軸でラバーグリップ。このグリップは8面になるようなうまい加工、長めなこともありどんな持ち方の人にもフィットすると思います。

各部の作りもしっかりした作りで、完成度の高さが伺えます。

オススメ度:★★★☆☆ 300/500の製図用シャープは少し敬遠する方に。


ZEBRA テクト2ウェイライト
0.3/0.5/0.7mm 8カラー 軸径(本軸部実測):9.0mm 重量(実測):15.5g 600円(税抜き)

フリクシャ機能とシリコンリングが特徴のテクト2way light。

カラーも豊富ですが、スケルトンじゃないのはブラックとホワイトのみ。大人向けじゃないですね。

芯出し用のウエイトを固定して低重心になり、シリコンリングのグリップもよく出来ている。

オススメ度:★★★☆☆ ノックの異次元の軽さは○。


ぺんてる グラフペンシル
0.5mmm ブラックのみ 軸径(本軸部実測):8.2mm 重量(実測):9.8g 800円(税抜き)

1972年発売というから凄い。

12画の軸、滑らないグリップ、口金からノック部までのシンメトリックの軸と、ぺんてるの長年のノウハウが詰まった1本です。

クラシカルなシャープは、このグラフペンシル以外には無い。

オススメ度:★★☆☆☆ 定価800円をどう見るか。


ぺんてる グラフレット
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm 濃いグレーのみ 軸径(本軸部実測):8.0mm 重量(実測):10.3g 500円(税抜き)

グラフレットはあまり評判の良さを聞かない。

グリップ部には通常縦横のローレット加工だが、2/3程は横溝だけの加工になっていて、これが滑る。

プラスチック部位が多用されていることから、本体重量は10.3gと軽いことは長時間筆記には嬉しい。

オススメ度:★★☆☆☆ 軽さだけでは高評価にはならない見本です。


OHTO プロメカ 500
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm シルバーのみ 軸径(本軸部実測):7.6mm 重量(実測):11.6g 500円(税抜き)

PROMECHAシリーズの末っ子、500です。フルメタルで500円はオートしか出来ない芸当です。

見た目の質感はよいのですが、実際に手に取って使ってみると、カシャカシャ言ってうるさい。一気に熱が冷めます。

オススメ度:★☆☆☆☆ 本体軸は細く、長さも短いので手帳なんかに向いているかも。


FABER-CASTELL TK-FINE GRIP 1345
0.5mmm 4カラー 軸径(本軸部実測):9.0mm 重量(実測):11.3g 500円(税抜き)

GRIP兇論戎淪僖轡磧璽廚任呂覆い任垢、ファーバー・グリーンが綺麗なので愛用しています。

軸には派手なFABER-CASTELLの文字が入っていて、名門をアピールしています。このグリップ兇瞭団Г蓮回転繰り出し式の長い消しゴムです。

もう7、8年使っているので、ゴムグリップはべたついてきていますね。

オススメ度:★★☆☆☆ ファーバーカステルとラバー好きにはいいです。


ぺんてる オレンズ
0.2/0.3mmm 8カラー/5カラー 軸径(本軸部実測):8.9mm 重量(実測):10.4g 500円(税抜き)

製図用シャープではないが、長いガイドパイプが付いているので紹介します。

0.2mm芯というからすごい。パイプがスライドする仕掛けです。スライドパイプは過去にないわけじゃないですが、ポップなカラーで目新しい感じがします。

ぺんてるならではのノックのカチカチ感は感じられません。

オススメ度:★★☆☆☆ 同社のシュタインシャープと兄弟です。



【定価1,000円程度の製図用シャープ】

1,000円を超えるシャープペンを買うのはハイアマテュア以上の方で、一般的なビジネスマンは欲しかった1本を手に入れるのが精一杯かと思います。みなさんのお気に入り探しの参考になればとの思いで掲載しました。

ぺんてる グラフ1000
FOR PRO:0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm ブラックのみ CS:0.3/0.5mm 3カラー 軸径(本軸部実測):8.2mm 重量(実測):11.0g 1,000円(税抜き)

製図用シャープのスタンダードはグラフ1000で誰も文句がないでしょ。

バランスの良さ、芯の豊富さ、グリップの心地よさ、そしてデザイン。世界中で愛用されているペンです。

CSになってシルバー塗装のグリップはやや滑るかな?

オススメ度:★★★★★ 芯硬度表示が「B」までしかないことだけが欠点。


OHTO スーパープロメカ1500
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm シルバーのみ 軸径(本軸部実測):8.0mm 重量(実測):25.5g 1,500円(税抜き)

このメカメカしい姿はまさに男のためのシャープです。但し、25.5gもあるので、グラフ1000 FOR PROの2倍以上の重さです。

六角軸で痛くならないローレットグリップとぐらつかないペン先、精巧な作りな上に軸バランスの良さ、0.4mm芯が選べる、全てにおいて見事です。

手軽さには欠けますが、ずっしりした金属の重さを感じるシャープもいいのではないでしょうか。

オススメ度:★★★★☆ 芯送り出し調整は見ていても楽しい。


r○tring 500
0.5/0.7mmm ブラックのみ 軸径(本軸部実測):8.3mm 重量(実測):12.6g 1,200円(税抜き)

このローレットグリップとちょこんと突き出た口金を見れば、rotring 500とすぐ分かる。

爪が研げるんじゃないかと思えるほどキリっとしたローレットとデザインは男っぽい。剛性感ははんぱなく高い1本です。軸にはABS素材を使っているので、見た目ほど重くはないところがいいです。

ただ、軸バランスがおしり寄りなのが、非常におしいです。

オススメ度:★★★★☆ 出来るビジネスマンにふさわしい1本。


PLATINUM プロユース1000
0.3/0.5/0.7mmm シルバーのみ 軸径(本軸部実測):8.1mm 重量(実測):16.2g 1,000円(税抜き)

プロユースの上位機種。フルメタルの近未来的なフォルムが素晴らしい。

グリップと口金が一体式でブレないこと、それにグリップと本軸、ノックキャップまで精度が高い作りです。

製図用シャープという観点から見ると、グリップが短い、ロゴデザインが最悪、ノック時のカチカチ感は皆無と、荒さも目立つ。

オススメ度:★★★★☆ フルメタルながら細身で軽い。


STAEDTLER 925-25/925-35
0.3/0.5/0.7/0.9/2.0mmm シルバー/ブルー 軸径(本軸部実測):9.1mm 重量(実測):16.9g 1,200円(税抜き)

ドイツらしい質実剛健と呼ぶにふさわしいのが、925-25シルバー/925-35ナイトブルーシリーズ。

特に深いブルーは、ステッドラーのこの1本しかない。デザイン、質感は最高だと思う。口金だけ販売しているのもステッドラーの強み。

ただ、結構な重さと軸バランスが若干おしりにあることで、長時間筆記には向かない。

オススメ度:★★★★☆ 25年の歴史を感じる正統派の1本。


OHTO プロメカ1000P
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm シルバーのみ 軸径(本軸部実測):7.5mm 重量(実測):22.8g 1,000円(税抜き)

メカ好きにはたまらないのが、オートのプロメカ1000Pです。

ガイドパイプの長さ調整が出来るのはユニーク。他メーカーにない差別化は成功している。細身の丸軸に正統派のローレットグリップで、バランスもいいです。

最初に実物を持った時のワクワク感がたまらない、コスパに優れた男のための製図用シャープNo.1です。

オススメ度:★★★★☆ ノック感が今一なので1ポイントマイナス。


PILOT S10(エステン)
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm 5カラー 軸径(本軸部実測):9.4mm 重量(実測):19.2g 1,000円(税抜き)

S10もSシリーズ共通のデザインで統一され、全てに高品質な商品です。

本体の半分を占めるグリップは、マットシルバーのローレット。本軸中央が太い形状で持ち易い。口金やクリップを含めマット仕上げでまとめ、精巧さが出ています。

ただ、S10のスケルトンは好きじゃないです。軸もメタルで出したら最高の1本になると思う。

オススメ度:★★★☆☆ 軸カラーが好きになれない。


FABER-CASTELL TK-FINE 9715
0.35/0.5/0.7/1.0mmm グリーンのみ 軸径(本軸部実測):8.5mm 重量(実測):10.8g 1,000円(税抜き)

廃盤となっていたTK-FINE製図用シャープの復刻版、とのこと。丸軸に12面画のグリップはなかなかGoodです。

ファーバー・グリーンに金色のロゴマークは定番のコーポレートカラーです。クリップの付け根にGERMANYの文字が入っており、品質の良さを出している。

ただ、単価1,000円する製図用シャープがプラ製チャックを採用している点は少し残念。

オススメ度:★★★☆☆ 口金がほんのりゴールドで、気に入ってます。


ぺんてる スマッシュ
0.5mmm ブラックのみ 軸径(本軸部実測):9.0mm 重量(実測):12.5g 1,000円(税抜き)

グラフ1000が製図屋さん向けなら、スマッシュは一般向けに企画された1本です。

でこぼこのグリップ形状やジャバラのノックキャップなど、スマッシュの主張がよく出ています。

てかてかになるまで使い込むほど愛着が沸く1本です。

オススメ度:★★★☆☆ トンボっぽいロゴが好きじゃないのでマイナス。


PLATINUM プロユース1500
0.3/0.5/0.7mmm シルバーのみ 軸径(本軸部実測):11.0mm 重量(実測):21.9g 1,500円(税抜き)

PRO-USEシリーズの長男1500です。

グリップは極太で、あまり短いので軸バランスがどうのこうのいうようなシャープではありません。

万年筆のような太軸がお好きな方には、これしか選択肢がないでしょう。

オススメ度:★★★☆☆ 1,500円出しても太い軸が好みの方にお薦めします。


ZEBRA テクト2ウェイ
0.3/0.5/0.7mmm 5カラー 軸径(本軸部実測):9.0mm 重量(実測):23.4g 1,000円(税抜き)

テクトシリーズのメタルグリップ版。中央の透明リングが質感を下げており、ライトの方が上質に感じる。

フリシャ機能は500と同様だが、金属グリップにしたことで重量が重い。(私の所有するシャープで一番重い。)

ノックの感触は、最高に軽くフェザータッチです。

オススメ度:★★☆☆☆ 重く、芯硬度表示窓なしなのでマイナス。


三菱鉛筆 uni シフト
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm ブラック/シルバー 軸径(本軸部実測):9.0mm 重量(実測):19.4g 1,000円(税抜き)

軸をひねって芯のガイドパイプのみ出す仕組みになっている。

ローレットグリップもほどよいグリップ感で、軸バランスも良い。9.0mmと太目の軸、重量も20g近く重いです。

繰り出し機能を持たせたことで、ガイドパイプの遊び、軸の遊びが見られるので、製図用ということでなく一般向けでしょうか。

オススメ度:★★☆☆☆ 芯先を格納したいならいいかも。


ぺんてる グラフギア1000
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm シルバーのみ 軸径(本軸部実測):8.5mm 重量(実測):20.4g 1,000円(税抜き))

グラフギアシリーズの兄貴分がこのグラフギア1000。細部にぺんてるのノウハウが詰まっています。

しかし、最大の欠点は軸バランスがおしりに片寄っています。ちょうどクリップ部あたりにある感じです。

フルメタルということで重量がある上に、高重心なので使いづらい商品です。

オススメ度:★☆☆☆☆ ダブルノックでペン先が格納可能です。


LINUX DP1000
0.3/0.5/0.7/0.9mmm グリーンのみ 軸径(本軸部実測):9.3mm 重量(実測):9.1g 1,500円(税抜き)

リネックスはデンマークの製図メーカー。リネックス・グリーンは日本ではみかけないグリーンです。

グリップはプラですが、非常によく出来たグリップです。芯先のガイドパイプや芯硬度表示がないので製図用シャープとは違います。

軽量でダブルノック機構なので筆箱に入れておいてもいいです。

オススメ度:★☆☆☆☆ 価格が高いですが、デンマークからの送料だと思ってください。


三菱鉛筆 クルトガ ローレットモデル
0.5mmm シルバー/ブラックのみ 軸径(本軸部実測):9.0mm 重量(実測):15.1g 1,000円(税抜き)

クルトガはジャンルが違いますが、ローレットモデルがありますので取り上げました。

販売好調なクルトガのターゲットを高年齢層に広げるため、新たに採用したローレットグリップ。

uniの芯ホルダーなんかとは違った新商品ですが、なかなか良いのではないでしょうか。

オススメ度:★★★☆☆ ビジネスマンでもクルトガが使いたい人に。


ぺんてる 万年CIL(ケリー)
0.5mmm 5色 軸径(本軸部実測):11.9mm 重量(実測):21.6g 1,500円(税抜き)

ロングセラーには存在する訳がある。このケリーもそんな1本です。(製図用シャープではありませんが。)

昔、中高生ではシャープペンとしては高過ぎて、欲しくても買えなかったけど、今なら買ってもいいかな、と思う商品です。

万年筆ではないけど、キャップがパチンと閉まる太軸のシャープペンは味があります。

オススメ度:★★★☆☆ レトロな味は、逆に新鮮。



 
 

ビジネスマンの製図用シャープ(その40)「OHTO オートシャープスリム」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その40)「OHTO オートシャープスリム」〜
0.5mmm 全4色 軸径(本軸部実測):8.6mm 重量(実測):8.7g 200円(税抜き)

書くと芯が出る芯自動繰出し装置付シャープ。

オートはとにかく個性的な商品を出すメーカーです。決して品質は高くありませんが、ユーザー視点で開発しているのでしょうか、たまに素晴らしい商品もあります。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ZEBRAのカラーフライトに似てます。

金属クリップで、オートならではの凝ったデザインの形状です。ぺんてるみたいなシンプルなものでも良かったけど、ここはオートですね。

クリップ位置が180度逆で、ロゴ位置が違いますね。どうでもいいですけど。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

このシャープペンのいいところは、本軸とグリップが一体形になっているところ。

六角軸に、先端が細くなっていくテーパーグリップは、持ちやすく、オートシャープスリムの一番いいところです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

消しゴムはチープですが、無いよりはいいでしょう。

ノックキャップも金属で、rotringのテッキーっぽく先端が丸いのがいいですね。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

口金部を分解すると、こんなのみたこと無いようなチャック部です。

これが自動繰り出し装置です。(見ただけだと、機能はよく分かりません。)

ノック感はスースーって感じでカチカチ感は全くありません。こういう感触も不思議です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

チャックはプラの2本爪ですね。こういう2つの爪が挟むというチャックも初めて見た。

1ノックでの繰り出し長は多いですが、2ノック、3ノックときっちり刻んでくれるので信頼出来そうです。

オート、すげえな、やるな、って感じですね。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

口金もその重さから、金属製だと思われます。

200円ながら惜しみなくコストを投入しています。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

個人的には、200円最強のシャープだと思っています。

軸カラーをカラーフライト並みに増やしたら、もっと売れる商品になると思います。

オートって、こういうところにも頑張っている会社だなあ、と思います。応援したくなります。

PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 

ビジネスマンの製図用シャープ(その39)「ステッドラー マルス グラファイト 777」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その39)「ステッドラー マルス グラファイト 777」〜
0.5mmm 全6色 軸径(本軸部実測):9.0mm 重量(実測):6.8g 170円(税抜き)

製図用シャープではありませんが、スッテドラーから出ているグラファイト777は、ラバー調のボディとノック部に大きな消しゴムを乗せたのが特徴です。

スケルトンと言っても半透明で、スケスケじゃないのがいいです。

軸全体がラバー調ですべりにくいです。この点は、優秀です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

軸カラーに合せて、クリップの色と口金の色が2種類(黒、シルバー)あります。

黒のクリップに書かれた文字は、シルバーメタリックでなかなかおしゃれ。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

最初、消しゴムとは気が付かなかったですが、軸と同じ色の消しゴムです。

筆箱に数週間入れておいたら、真っ黒になるのは間違いないでしょう。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

口金は外れませんでした。

軸とのネジ山は深く切ってあるので、案外ぶれません。と言っても、軸全体がしなります。

芯先部分まで徹底的に樹脂製ですので、軽いです。私の持っているシャープの中でも最軽量シャープです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

バーコードシールには、MADE IN GARMANY。

CHINAが貼られていたら使う気になりませんが、気分転換に使ってみるにはいいかも。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 

ビジネスマンの製図用シャープ(その38)「ミドリ CL シャープ」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その38)「ミドリ CL シャープ」〜
0.5mmm 全3色 軸径(本軸部実測):9.1mm 重量(実測):6.9g 300円(税抜き)

これはデザイン文具とでも呼ぶのでしょうか、ミドリのCLシャープです。

かなり変わったデザインです。素材の安っぽさが出ていますが、カラーリングとデザインはすっきりしていてグッドデザインですね。

ぺんてるの水性ボールペンのボールPpentelに似ているように思える。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

本軸とグリップは素材が違います。

グリップ部は梨地にしてあります。滑らない加工ではありませんが、光沢を抑えているところがいいです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

クリップ部、このCL シャープのデザイン上のポイントでしょうか。

シンプルですね。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

消しゴムは付いていません。いい割り切りです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

口金はグリップ部まで一体型でして、GRAPH GEAR500やSMASHと同じですね。

これが安定した書き味の秘密です。

口金部はRotring風に絞ってあるので、芯先も見やすくなっています。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

チャックはプラです。残念。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

軽量でデザインセンスのあるシャープペンです。

口金部が絞ってあるので芯先も見やすいし、ミドリのお得意の3色カラーもPOPで明るい。

他人と同じものはイヤだという人に勧めます。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 

ビジネスマンの製図用シャープ(その37)「ぺんてる 万年CIL(ケリー)」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その37)「ぺんてる 万年CIL(ケリー)」〜
0.5mmm 5色 軸径(本軸部実測):11.9mm 重量(実測):21.6g 1,500円(税抜き)

1971年発売のロングセラーとなっているのが、ぺんてるのケリー。

キャップ式のシャープペンとして長年の愛好家は多い。古きよき昭和の香りがします。

当時ははっぱふみふみのPILOTのエリートなど、ショートサイズの万年筆が流行っていた時代です。

中央の格子状のリングは、何のためのものなんでしょうか、意味は分かりませんが、これが最大の特徴です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

赤い軸は初期のものなので、大きく「5」の文字がキャップに書かれています。

この文字自体が懐かしい。「KERRY」よりいいんじゃないでしょうか。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

昔のケリー(Pentel 5)も現行ケリーも軸はポリカです。ぺんてるはこの材質の品質が悪いですね、

よく言えばマーブル塗装に見えなくもない。ランスロット5のマーブルなんかとは違いますが、絶妙に美しいです。

ここは割り切って、マーブル塗装と思い込みます。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

口金の加工も実に美しい。日本の技術が光る部分です。

ガイドパイプは短い2mm程ですが、製図に使わなければ問題ないでしょう。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

チャックもしっかりしています。

グラフ1000に比べ、ノックの感触は甘く精度が乏しいように思います。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

この芯ホルダーのキャップ部は、新旧で異なります。

旧型には芯つまり除去用の針が付いていましたが、現行品にはありません。コストダウンの波ですね。ただ、真鍮製なのでしっかりしています。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

昔、中高生ではシャープペンとしては高過ぎて、欲しくても買えなかったけど、今なら買ってもいいかな、と思う商品です。

万年筆ではないけど、キャップがパチンと閉まる太軸のシャープペンは味があります。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 

ビジネスマンの製図用シャープ(その36)「サンスター文具 ダブルノックシャープ0.5」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その36)「サンスター文具 ダブルノックシャープ0.5」〜
0.5mmm 全6色 軸径(本軸部実測):9.1mm 重量(実測):8.2g 120円(税抜き)

芯が本体から出ていても対象物に当たれば、引っ込むという優れものが、サンスターのWknock sharp(ダブルノックシャープ)です。

ポップなカラーは6色と豊富。価格も120円です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

グリップはABS樹脂で何の変哲もないグリップです。

ラバーとか巻かなくて正解です。

中央の飾りリングがアクセントとなって、全体のイメージを引き締めています。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

使わないときには、尖ったガイドパイプをこんな感じでしまっておきます。

4ミリのガイドパイプですが、口金部がプラなので曲がりやすいと思います。試し書きをした程度でも、芯先はグラグラです。

120円でダブルノックなんて、なかなかいいんじゃないでしょうか?
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

クリップは金属ですね。ここはコストがかかっています。

ノックキャップもステンレスに見えなくもないが、プラです。

Rotringのティッキー風で、デザイン的には好きですね。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

チャックは、なんと金属チャックです。素晴らしい。カチカチッと、ノックの感触もいいです。

口金部はプラスチックでして、金属の4ミリガイドパイプをうまく接続しています。

ここが金属だったら芯先のブレも無くなるだろうと思うと、少し残念。でも、120円ですから立派です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 

ビジネスマンの製図用シャープ(その35)「PILOT エアブラン」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その35)「PILOT エアブラン」〜
0.3mmのみ パステルカラー全6色 軸径(本軸部実測):9.5mm 重量(実測):9.8g 200円(税抜き)

パステルカラーがとってもかわいい『エアブラン』。

半透明+パステルでターゲットは女子中高校生なんですが、金属製口金のおかげで軸バランスがいいんです。

同社のS3より軸バランスはいいです。おちゃめな実力派って所でしょうか。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

0.5ミリの他に0.3ミリがあるのではなく、0.3ミリしかないというのは珍しいですね。

細かい文字を手帳に書き込む用途に特化してます。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

200円ですので、チャックはプラですね。ノック感も軽いです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ぷにゅぷにゅのシリコングリップ。

なんともシンプルです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

半透明のシリコングリップは簡単に外せます。もう、完璧にプリクラの写真とか入れてくださいね、と言わんばかりです。

やりたかったのはここにステッカーを貼りたかったんです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

単にこれがやりたかっただけで購入しました。

製図用シャープとはジャンルが異なりますが、こういう遊び心もいいんじゃないでしょうか。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 

ビジネスマンの製図用シャープ(その34)「三菱鉛筆 uni製図用シャープ」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その34)「三菱鉛筆 uni製図用シャープ」〜
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm ブラックのみ 軸径(本軸部実測):8.5mm 重量(実測):12.5g 500円(税抜き)

三菱鉛筆が真面目に作ったのがuni製図用シャープです。

豊富な芯径が選べ、価格も500円です。

オレンジリングが0.4、赤いリングが0.5です。ZEBRA DRAFIXと同じように分かりやすいです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ブラス・ローレット加工のグリップは、面白い加工がされていますね。

10本の深い横ミゾの間に格子状のミゾを刻んでいます。横ミゾが深いので独特のグリップ感です。

芯硬度表示は、4H〜2Bとなっていて、2B選択が出来るのはGoodです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

クリップは、ぺんてるとほぼ同じものが付いています。軸をつかむ箇所にJAPANの文字が入っています。

ABS樹脂の丸軸は、太さ8.5mmで、ごく普通です。軸が軽く出来ていることでブラス製グリップがほどよい重みがあり、軸バランスも良好です。ローレットグリップを採用しているシャープでは一番軽いですね。

この軸バランスは、グラフ1000 FOR PROなんかよりGoodです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ノック部も普通です。

ノックキャップの頭に「0.5」と芯径をプレスしていますね。なかなか出来ない加工です。

消しゴムをよく見てください。使用前ですが、頭が丸くなっています。

ひと昔前まではみんなこのような形をしていたように思いますが、uniのこだわりですね。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

当然、金属チャックです。

少ないスライド量で、カチカチと正確なノック感です。

どこを取っても普通以上に仕上がっていますし、軸バランスの良さが光ります。購入しても失敗は無いでしょう。

逆な言い方だと、個性も感じない。それがuniらしいです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

六画軸の2mm芯ホルダー(奥2本)と撮ってみました。uniと言えばこのあずき色でしょう、味がありますね。

鉛筆では最高峰の三菱鉛筆(uni)から出している製図用シャープは、シフトとこの商品だけです。

六角軸なんかもいいし、もっとラインナップを増やしたらいいんじゃないかと思うユーザーは多いはず。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 

ビジネスマンの製図用シャープ(その33)「ぺんてる グラフギア 1000」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その33)「ぺんてる グラフギア 1000」〜
0.3/0.4/0.5/0.7/0.9mmm シルバーのみ 軸径(本軸部実測):8.5mm 重量(実測):20.4g 1,000円(税抜き)

ぺんてるのグラフギア1000です。

ぺん先を格納できるのが特徴です。

アルミの本軸にラメ塗装なんかしているところを見ると、販売層は大学生や若手ビジネスマン向けってところでしょうか。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

大きなクリップは、書いているとき(ぺん先を出しているとき)には、軸内に沈ませるようになっています。

奥のグリーンのロゴの0.4は、ぺん先を格納しているところです。クリップの状態の違いが分かります。よく考えられていますね。

ぺん先格納時は、クリップを押すんですが、びっくりするぐらい大きな「カシャ!」という音がします。壊れるとしたらここが一番先ですね。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

グリップは真鍮ローレット加工で、丸い穴から顔を出すラバー部とあいまって、素晴らしいグリップです。

グラフ1000 FOR PRO同様、万人に受け入れられるグリップです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

大学生やフレッシュマン向けと書いた理由は、この芯硬度表示窓。

芯硬が2H〜2Bが表示可能なことから、製図用より一般筆記向けだと思われます。

しかし、この回転する窓の作りはいけませんね。本軸、プラのリング、窓部、グリップと、この4つの部品の段差がひどく、ぺんてるらしさがありません。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ノック式ながらペン先がぐら付かないのが、グラフギア1000です。ぺんてるの長年の技術だと思います。

口金はグラフギア500と同じ形状です。このあたりもう少し工夫が必要ではないでしょうか。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

ノックキャップはステンレスです。

輸出用グラフギア500と同じものを再利用しています。

互換性を持たせるのは良いんですが、芯径を表示する「.5」とか「.4」が紙のシールです。定価1,000円のシャープにシールはいけません。

ユーザーは知らないだろうから良いだろう、みたいに感じます。他メーカーも紙シールを使っていることもあるのでぺんてるばかりを責めるのもよくないか。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

グラフギア1000の最大の欠点は、軸バランスがおしりに片寄っています。ちょうどクリップ部あたりにある感じです。

フルメタルということで重量がある上に、高重心なので使いづらい商品です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 

ビジネスマンの製図用シャープ(その32)「PLATINUM プロユース1500」

〜ビジネスマンの製図用シャープ(その32)「PLATINUM プロユース1500」〜
0.3/0.5/0.7mmm シルバーのみ 軸径(本軸部実測):11.0mm 重量(実測):21.9g 1,500円(税抜き)

プロユースシリーズの兄貴分の1500です。

ずん胴、短足のユニークな製図用シャープです。愛嬌があるので、愛用されている方も多いようです。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

プロユース共通のセンスのないロゴです。

毎回書いているので、プラチナのデザイン室の方に怒られそうです。怒り
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

グリップは極太で、洗濯板みたいに波があるだけ。

ローレットにはほど遠いですが、アルミの塗装が厚いので滑らないです。(私見ですが、雑に扱っても塗装が剥げないので塗装技術が高く、厚いんじゃないかな、との想定です。)
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

クリップは小さめなのが付いています。

ノックキャップを含め、アルミの質感は高く、しっかり作られています。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

問題は、ここです。

芯硬度表示をするため、口金に硬度(3H〜3B)を刻み小さなリングで位置を合せます。

口金が小さく、本体側にある黒いゴムリングで締め付けゆるみを吸収する構造です。

うーん、口金がガタツキそうです。でも、"3B"が選択できるのっていいね、そんな柔らかい芯使ったことないけど、3Bはそそります。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

チャック部、本体側のネジは黄銅でしっかりしています。

口金が小さいのは、プラチナの、かつ日本の技術で補っています。

プロユース1000とこのプロユース1500は、まさにJAPAN品質です。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5

あまり短いので軸バランスがどうのこうのいうようなシャープではありません。

万年筆のような太軸がお好きな方には、これしか選択肢がないでしょう。

私は、自宅用にボールペンはOpt、シャープペンはこのPRO-USE 1500、消しゴムはCLIC ERASER FOR PROを使っています。
PENTAX MX-1 smc PENTAX LENS 28-112mm(35ミリ換算) F1.8-2.5


【参考】製図用シャープのレビュー記事をまとめました。個人的なおススメ度を合わせて付け加えています。
 ビジネスマンの製図用シャープ 〜レビューまとめ〜

 
 
12345>|next>>
pagetop