October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

PILOTカスタム74の胴軸にひび割れ、部品交換しました


2014年2月に購入のPILOTカスタム74です。会社用として使っていますので、筆箱に入れてます。
最近、なんかキャップの閉まりがかんばしくないなあ、と思ったら、写真のように胴軸のねじ部分がひび割れしていました。


宝町のPILOTの修理窓口に持ち込みました。
原因は胴軸を閉めるときの力加減が強かった、のが原因のこと。
グリップ側が金属で胴軸がプラスチックなので、Oリングである程度の吸収は出来るが、強く締め付けると割れるようです。


カスタム74は、丁度2014年頃からキャップの勘合部の位置を変えた新型が出たようで、その新型の胴軸部分のみ交換しました。
無料で洗浄してくれると言ってましたが、15分待たされるので、部品交換のみで済ませました。
1,080円です。1万円の万年筆なので、千円で修理できたと思えば安いかな。


 
 

PILOT CUSTOM 74 14K 細字(F)

会社用にずっとヤフオクでゲットしたカスタム74(SF)を使っていたんですが、私にはペン先が柔らか過ぎるのと、字幅がFなのに太いんです。

ヤフオクでもカスタム74は、6Kが相場って感じ。そんな訳で、Amazonamazonにて新品をゲット。

やっぱり新品はいいわ、軸もクリップもピカピカ。手 ちゃんとメーカーの品質保証書も付いていました。(定価2万円以上だとコンバータも付くが、カスタム74にはスペアインクが1本付くだけ。)


さっそくR&KのSalixを入れます。

言わずと知れた古典BBなので、正式文書のサインにも使えるインクなので、最近はこれが常用インクです。

カスタム74は、CON-70が使えるので、とても便利。

このカートリッジを使ってしまうと、他のカートリッジは使えなくなるほど大容量です。CON-50のようなスクリュー式だと空気が入ってしまうけど、CON-70はしっかり吸い上がります。


ノブは5号ニブです。

Fはいいですね。SFに比べると腰が硬いし、細字が書ける。もう少し細字が書けるかなあ〜と想定していたが、PILOTのニブはインクフローが良いためそれほど細字でもない。

鉄ペンの硬さもいいけど、やっぱり金ペンのしなやかさもいいです。


ちなにみ製造年月は「813」なので、2013年8月製造のようです。(上1桁のアルファベットで製造工場を表していましたが、表記がなくなっています。)

いつの間にかカスタムは67が1本、74が2本になった。万年筆は一生に何本も買わないだろうから、これが最後の万年筆購入かと。

あと10年ぐらいは、毎日使う文房具になりますので、大切に使っていこうと思う。0


 
 

PILOT CUSTOM 67 Lady 14K 細字(F)

CUSTOM 67のレディースモデル。

PILOT創業67年(1985年)に発売されたカスタム67は、現行カスタム74のベースを作ったと言われています。

(※)趣味の文具箱Vol18では、1971年から1992年まで20年間作られた万年筆と書かれている。上の記述とちょっと矛盾するけど、古い万年筆であることは確か。

CUSTOM 67の定価は不明ですが、ヤフオクヤフーで4Kならお買い得かと思います。


上が現行品のカスタム74で、下がカスタム64。ちょっとだけ短く、細身です。

キャップの2本ラインはオーソドックスで、三菱鉛筆のuni WATER COLORなどに共通するスタンダードの証です。

1980年代はどこの文房具屋さんにも万年筆売場があったし、当時の多くのユーザーの声が反映された商品だと想定できます。今は万年筆を使ってる人、いないですねぇ〜、みんなボールペンです。


胴軸がカスタム74より短く細身なこともあり、CON-70を挿すと胴軸がはまりません。

左の写真では、CON-50を挿しています。

これがウイークポイントですね。カスタム67発売時(1985年)も、大容量のCON-70があったと思うので残念。


このレディースモデルは、3号ニブです。

スタンダードモデルは5号ニブとなっているので、やや小振りなニブはネーミング通り女性向けなんでしょうか?

私みたいな素人では、2つ並べなければ大きさの区別は付きません。


ニブの側面には「H1087」と浅く刻印されています。よくこんな小さな部分に刻印できるなあ、って感心すると同時に、1987年10月平塚工場だと分かります。昭和の香りがします。

27年前の商品ってことでびっくりしますが、万年筆は丁寧に使えば20年でも30年でも使えるってことの証です。30年使えば、元は取れますね。

PILOTの(F)は、金ペンならではのしなやかさと硬さが最高です。

1987(昭和62)年生まれのCUSTOM 64と1996(平成8)年のCUSTOM 74、これからもずっと使っていきます。


 
 

年賀状用万年筆

今年は、PILOTカスタム74のSFニブ+R&K サリックスです。

SFニブは細字ではなく結構な太さなので、宛名書き用に。インクは没食子インクのサリックスで雨でも平気。

いつものことながら、3日ぐらいかけてのんびり書きます。万年筆


 
 

PILOT カスタム74

PILOT CUSTOM 74です。

普段使いの万年筆にコンバーター(CON-50)を使用していますが、インクが1週間持たないこともある。市販品の中で最も容量の大きなCON-70を使うために、ヤフオクにてGet。ヤフー定価10,500円で、オークションでも5〜6Kで取引される人気商品です。

このカスタム74とセーラーのプロフィットに絞り、落札金額「3,980円」で30件ぐらいの入札を試みてGetした1本です。


カスタム74は、入門金ペン万年筆としてショップの人が必ず最初に薦める商品。

万年筆と言ったら太軸のこのバランス型(両端が丸みを持ったもの)を思い浮かべる人の多いのではないでしょうか。


私自身初めての金ペンです。勿論中古品ですが、それでもちょっと胸が躍ります。

ティアドロップ型クリップは、レトロ感があってGood。


軸は樹脂です。この価格帯になると黄銅かなんかになるかと思ったが、樹脂製です。とは言っても、黒光りしていて、キャップの飾りリングと相まって重厚感があります。

飾りリングのCUSTOM 74、光ってます。

樹脂軸なんですが、キャップを軸尾に差したときのバランスも素晴らしい。


ニブは5号と小さめのニブサイズ。大きければいいってもんじゃないし。

しっかり、「14K585」と書かれています。純金(K24)の58.5%の純度ですから、高価です。

字幅はSF、ソフトな細字です。ペン先に模様が入っていると、ペン先は硬くなる傾向にあるとのこと。鉄ペンの硬いカリカリニブしか知らないので、金ペンのしなり具合が気になります。


PILOTは製造年月をニブに刻んでいます。

B296なので、1996年2月製造です。20年前の商品ってことですか、これはこれで驚く。レッド

首軸にインク跡がないことから、カートリッジだけで使用していた様子。グットコンディションです。



PILOTの一般コンバータCON-50は、セーラー、プラチナより容量が大きい0.81ccです。

CON-70は、1.10ccと更に容量UP(趣味の文具箱vol.11 p72参照)。並べてみると2倍ぐらい入りそうですが、3〜4割増量ってところ。

CON-50と違って、コンバータ内にシャカシャカ動く金属用のリード線が入っています。金属の形も共用ではないですね。


インクは、古典BB(没食子インク)ながら青みが残る"R&K Salix"に決めていますので、さっそくCON-70に吸わせました。

インクの吸上げ方が、普通は回転させて吸入するんですが、CON-70はプッシュ式になっているので、ブシュ・ブシュって4、5回やります。(ペン先を下向きにしても吸い上がる構造は不思議です。)

ゴクゴクって感じで吸ってくれます。頼もしい。


初めての14K万年筆で書いてみた。

金ペンの書き味ですが、こうれはもう使ってみた人しか味わえない感触。

なめらかです。

鉄ニブのF(細字)より、このSF(軟細字)ニブは太めに出ます。細字だけ求めるなら、鉄ニブです。



今まで3千円以下の鉄ペンオンリーで井戸の中の蛙だったので、このしなやかさは感動ものですね。

年賀状は昨年から万年筆で書いていますので、今年はパイロットカスタム74とR&Kサリックスで決まり。0

(注)・・・・とは言っても、私の場合、鉄ペン歴が長いので金ペンだと腰が弱くへろへろなタッチがします。これは好みの問題でしょうけど、鉄ペンのカリカリが好きです。


 
 

セーラー万年筆 インナーキャップ不具合対応

セーラーのヤング・プロフィットです。

購入して、たった1週間で勘合式キャップ内のインナーキャップが外れました。

品質保証書無しでしたが、Amazonの納品書のみ同封してセーラーショップに修理依頼を出した。


セーラーショップから手書きの返信。まあ、字がきれいだわ、日本語っていいね。

発送から1週間で修理から上がってきた。結構早くってびっくりです。レッド

勿論、無償でした。おまけにカートリッジインクが1本付いてた。流石にナノインクでは無かったですね。ここでナノインクの宣伝とかすればいいのに。

とはいえ、なかなかユーザー対応が良いのでセーラー万年筆の好感度アップ。


インナーキャップ(蓋入れ子というみたい)は、キャップ奥にあるネジにねじ込む形で取り付けられているようです。キャップにネジがあるとは知らなかった。

今回外れた原因は、キャップを同軸のおしり(尾栓側)に差し込んで回転させて外したことのようです。なるほど、納得しました。勘合式キャップを外す時は、回して外すべからず。国内メーカー3社のHPにはこのような注意点は紹介されていないですね。

修理工場では、再発防止のためにねじ込み部に接着剤を散布してくれました。


プロフィットジュニアの(F)は、各社の(F)に比べても1ランク細字です。会社でのメモ取り、手帳用には捨てがたい1本です。

セーラー純正ジェントルBBを入れていましたが、少し青みが欲しくなったので、R&KのSalix(古典BB)に入れ替えました。


 
 

PILOT万年筆 ルシーナ 細字(F)

PILOT Lucina。

パイロットでは入門用万年筆の位置付けですが、私にとっては高級万年筆。定価は、5,250円。

この価格帯から上は、ほぼ冒険するようなデザインはなく、スタンダードって形です。プラスチックの樹脂製軸なので塗装のような綺麗さはありませんが、よくここまで光沢が出せたなあ、っていう程ピカピカです。

若干ショートサイズながら、何年経っても飽きないデザインです。


ニブは特殊合金となっていますが、いわゆる鉄ペン。

プレラやコクーンとはニブ形状が若干違ってます。(同じだったらどうしよう、っと思っていたので安心した。)

太さはF(細字)です。PIOTのFニブは品質が高いので、安心して細字が書ける。


このクリップの丸い玉が好き嫌いを分けるようですが、私は好きです。

飾りリングがこのルシーナの特徴ですね。このリングは黒なので、カラー軸なんかだと目立つんですが、黒軸にはよく溶け込んでいます。


今回の購入理由の最大のポイントが、段差のない前軸のグリップ部分。

キャップがスクリュー式のものは段差が少なく、書いていて丁度いいんです。万年筆選びの選択肢に入れておくと良いと思います。

葉巻型のオーソドックスな太軸万年筆の入門用として、軸バランスの良いPILOTのルシーナは最適です。没食子インクのサリックスを入れて、常用しています。


 
 

セーラー万年筆 ヤング・プロフィット 細字(F)

パイロットのカヴァリエは細すぎ、プレラは短かすぎ、コクーンは段差で指が痛いということで、5Kの万年筆に手を出した。セーラー ヤング・プロフィット。その名の示す通りセーラー万年筆の代表作プロフィットの若者向け商品。Amazonで3,490円(送料込み)なのでなんとか手の届く範囲。amazon

5Kともなると化粧箱も立派です。プロフィットでお馴染みの葉巻型の軸ではありません。重厚感は無いが、ストレート基調のデザインですっきり。

オーソドックスに、黒軸にゴールドクリップのF(細字)を選択。(シルバーもあり。)

持った感じ初めは軽いかなと思ったが、インクを入れ、キャップをおしりに刺すとなかなか良い。但し、軸バランスは、若干ペン先側が軽い。


5K越えの万年筆は、密閉性を高めるためキャップがねじ込み式のものが多い中、このヤング・プロフィットは勘合式。

今回の購入理由がここにあります。勘合式だとキャップが段々緩んでくる欠点はありますが、仕事場で使うにはこちらがなんと言っても便利。いちいち字を書く度にキャップをくるくる回すなんて無理。


ニブにはTIGPの刻印。メーカーサイトではステンレスIPゴールド仕上げと書かれています。これは、鉄ペンに、メッキ物質のチタン(Ti)をイオンメッキ技法(Ion-Plating)によりゴールドの色付けとのことのようです。(協和技研さんより)

スケルトンモデルのプロフィット・ジュニアのニブとは形も大きさも違う。この辺が、廉価品はすべて同じニブのPILOTとは違うぞ、というセーラーの意地みたいなものを感じます。


セーラーのいかりマークはいいですね。私はこのマークを見ると、ポパイが浮かんじゃいます。

書き味は固めでカリカリです。セーラーのF(細字)は、ハイエース・ネオも細字ですし、日本メーカーの中でも一番の細字だと思います。

手帳などには最適な万年筆です。


インクはセーラー青墨かな。最近は濃い色のブルーブラックをメインで使っていたので、明るい青墨で気分を変えましょう。

顔料インクの青墨や古典BBは、毎日使うペンに入れて使うのがベストです。

創業100年を越え、同じく100周年を迎えたトンボ鉛筆とともに頑張って欲しいメーカーです。


(2013/11/16追記)
1週間使っていたら、キャップの閉まりが悪くなり、カタカタ言うようになった。

メーカーもこの不具合は知ってるだろうけど、未対策のままなんだろうな、と想像します。

結構気に入って使っていたし、なんたって5,000円の万年筆だし、このまま諦めるわけにはいかない。


更にインナーキャップも外れてしまいました。こうなると、手は汚れるし使用に耐えませんね。

セーラーショップにメールにて問い合わせた。・・・・検査のため工場に修理を出すので本体と品質保証書を送付してください、10日〜2週間かかるとのこと。

品質保証書は、5,000円以上の万年筆を新品で購入した場合に付いてくるとのことでしたが、私はAmazonにて購入したため、品質保証書は付いていませんでした。

とりあえず、Amazonの納品書で代用して、着払いでセーラーショップに送ってみることにした。

(2013/11/23追記)
修理から戻ってきました。セーラー万年筆 インナーキャップ不具合対応を参照。


 
 

PILOT Cavalier(カヴァリエ) 細字(F)

PILOTのカヴァリエの万年筆とボールペン、シャープの3本セットです。

色は4カラーのラインナップ、これはブラック&ブルーです。

カヴァリエは、ボールペンの1K円のものでも高品質ですばらしいんですが、このマーブル調(5K円)も捨てがたい。とても上品な仕上げ塗装です。


グリップ部は黒で、ニブの金色と相性バツグン。

ニブの取り付け金具も金色です。このブラック&ブルーのマーブル軸は、ほんと美しいです。

このカヴァリエ、キャップを閉める時の音がいい。パチンと音を立てて閉まる。高級車のドアを閉めるような質感の高さです。


参考までに、私の持っているカヴァリエ・シリーズです。

奥から、今回紹介する万年筆、ノック式のボールペン、下段2つは黒軸のキャップ式ボールペンです。

クリップが統一されていて、一目でカヴァリエと分かるデザイン、美しいです。


こちらは、万年筆2本。

マーブル柄のブラック&ブルー(左)とブラック&グリーン。


同社、ニューヤングレックスとまったく同じニブです。

同じニブなので、2千円の価格差は軸の塗装にあるようですね。

このニブ、見た目には弱々しいんですが、細字には定評があるので、安心して使えます。


ただ、嬉しいのはカヴァリエには、CON-50が刺さります。

今まで、カヴァリエにはCON-50は刺さらないと思い込んでいただけに、嬉しい誤算です。

さっそく、純正のブルーブラックインクを入れて使います。



 
 

OHTO Proud(プラウド)万年筆

会社のメモ用に、黒軸、金クリップの太軸万年筆が欲しくなって、オートのプラウドを買った。

奥からF-スピリット、プラウド、リバティ(ボールペン)です。オートのこのシリーズは、オーソドックススタイルで好きです。

購入したきっかけは、F-スピリットのキャップの閉り具合が硬く、パチンと閉まらない。ガギっとか言うので衛生上よくない。


同じ鉄ニブですが、シュミットのニブは2種類あるんですね。

フラウドには、筆記体の大文字で「F」が刻んであり、「SCHMIUT」名も入っている。他のオート商品(F-スピリット、デュード)とは異なるニブが付いています。外観は、高価なニブに見えますね。

これが価格にも表れていて、1,575円です。


気になるキャップの閉まり具合は、なかなか良いです。

パイロットのプレラのようにスーッ・パチンとまでは行かないまでも、優しい力でカチッと閉まります。

グリップの軟質ゴムはちょっといけませんね、ボトルインクから吸上げる際、この隙間にインクが入るので拭取りが面倒です。万年筆メーカーなら、改善を希望します。

それともう1点、キャップをおしりに挿した時、しっかりはまらない。使っていると、ゆるんで抜けちゃう。安い中国、台湾メーカーもそうなんですが、ぐらつくのは困りものです。


前軸のネジ部や胴軸リングのネジ部も、手を抜かずにしっかり塗装されています。

見えない箇所とはいえ、雑な作りだとがっかりしますが、オートさん、なかなかいいです。


さっそくコンバーターを挿します。

オートの万年筆はヨーロッパ規格のものと互換あり、となっていますが、他サイトの書き込みを見てもジャストフィットするメーカーが書かれていません。

デューク、リーガル、ペリカンの3本で試してみると、ペリカンが一番しっくり刺さるのでペリカンコンバーターを使います。(一番手前です。)


と、ところが、胴軸がはまりません。

コンバーターの後ろの方の金属リング部分がひっかかり、これ以上奥にいきません。

これは想定外。ダウン


このリング部、0.5ミリぐらいの段差があります。これが悪さをしています。

そんな訳で、金属ヤスリで削ることにした。

インクの見えるプラスチック部分の高さまで、金属部分を削ります。


黄銅ですね、黄銅なのですんなり削れました。

これぐらいになれば、まったく接触しないで胴軸が閉まります。

時間にして10分ほどでしょうか。コンバーターを加工するとは思ってもいませんでした。


金属ヤスリ掛けだけでも問題ありませんが、耐水ペーパーを使って均します。#600 → #1000 → #1500 → #2000、最後の仕上げにピカールで磨きました。

プラチナのコンバーターそっくりになったけど、ペリカン純正コンバーターです。

プラウドには、ペリカンコンバーターが使えます。ちょっと加工するのが前提です。OK


インクは、オートのボトルインクは無いので、ブレンドインクで有名な神戸INK物語の海峡ブルーにしました。

筆跡ですが、1Kシュミットニブが中字程度と太いのですが、1.5KプラウドのFニブはどうでしょう?

やっぱり細字ではなく、中字ですね、残念。書き味はカリカリ感がまったくなく、すらすら書けますね。インクフローが多目なせいですね。

中字で、メモをなぐり書きする用途にはぴったりな万年筆です。キャップをしないでも乾くこともなく、会社使いにはもってこいの1本です。

オートのプラウド万年筆、1,500円で本格万年筆の雰囲気を味わえる。もう少し高評価を与えても良い商品です。


 
 
12345>|next>>
pagetop