July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

初霜

今朝は冷え込んだなあと思ったら、車のボンネットも真っ白。昨日の雨が凍っていた。

いよいよ冬の到来ですね。

OLYMPUS PEN E-PL1s + M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 R(35mm判換算28-84mm相当)

久しぶりにオリンパスのE-PL1sで撮ってみましたが、オリンパスブルーは健在ですね。

古いカメラになってしまいましたが、屋外での描写は捨てがたいものがあります。

OLYMPUS PEN E-PL1s + M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 R(35mm判換算28-84mm相当)

 
 

M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 R(シルバー)を入手

ここ最近、出番がめっきり減ったオリンパスのE-PL1sですが、本日、ズームレンズを入手した。これまでLUMIXのG14パンケーキのみで使用していましたが、お散歩カメラとして手軽なズームが欲しくなったため入手。普通、コストをかけるなら新製品にかけるんでしょうが、PENもなかなか良いので。

「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 R」(35mm判換算28-84mm相当)のシルバー。PENの第三世代の標準ズームです。

第二世代の「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 供廚犯罎戮襪函∪能は同じでデザイン変更のみとのこと。(裏を返せば、レンズ自体は良い廉価ズームとも言える。)

参考までに標準価格は、36,750円の値が付いていますが、発売(2011年7月)から1年以上経過し安値安定してきたところなので、yahooオークションにて新品保障付き9,480円でGET。価格.comの最安値は23,700円なので、お安い!


私のE-PL1sはブラックボディーですが、シルバーを選択。

レンズ筐体がペンタックスの単焦点の名機、FA Limitedシリーズのようなアルミ削り出しの雰囲気を持った塗装がかっこ良い。

前部の水色のテープは、保護のために巻いてあったビニールテープ。

左に写っているのは、これまで使っていたLUMIX G14パンケーキ。


手に取るとまあ軽いこと。113gしかない。レンズ単体ではほとんど重さを感じないほど軽い。

レンズ径も小さいし、フィルター径も37φとコンデジ並みに小さいです。

電源ONすると「ズームリングを回し繰り出して下さい。」との警告が出ます。レンズのリング部を左に回転させることでレンズを繰り出し、撮影が出来るようになります。

格納時は、写真のUNLOCKボタンを押しながら右にスライドさせ、レンズ部を格納します。ちょっと面倒かと思うが、慣れれば問題なし。


沈胴式のレンズは格納時は短いのですが、撮影時は写真のようになります。

レンズ部を回してズーム域(画角)を決めるのがコンデジとの大きな違いで、これがミラーレス一眼のかっこいいところ。

オートフォーカスが早くなった(初代モデル比)し、ピント合わせの音も全くしません。開放F値がF3.5と暗いですが、お散歩カメラとして雑景を撮るにはいいんじゃないかな。

PENの名前は「ペンのように持ち運べる」ことから付けられたので、この基本に戻ってバシバシ撮りましょう。カメラ


カメラホルダーも作り直した。

以前に作ったカメラケースを、速写用に前と後ろをはさみで切って、ストラップの紐を通せるようにしただけです。

これから標準ズームレンズを常に装着することを考慮し、ストラップも首から下げるタイプに新調した。

ハクバのピクスギア本革ネックストラップ20です。オリンパスの純正とか買うと高いですが、これはヨドバシで1,580円です。

クラシックなPENには本革ストラップが似合うと思う。色も茶色でクラシックに決める。

ハクバの本革ストラップはしっかりとなめしてあり、柔らかく、臭いもしない。これ本当に革なの?と疑う。

革の裏も滑りにくいし、2センチ幅で太くもないので、パッケージに「一眼持ってでかけよう!」と書かれてあるように、PENなどのミラーレスにはベストです。


カメラホルダーは、シンプルなROBERUのホルダーを参考にしたつもりですが、プロの仕上げは違うね。

グリップ部のRがうまいこと馴染んでいませんが、手作りの良さは味があるってことで納得してます。0

まあ、カメラホルダーの良し悪しで写真を撮るわけじゃあ無いしね。


 
 

赤いスーツケーツ

赤いMINIと赤いスーツケース。

おっきなスーツケースだと、横幅いっぱいになっちゃう。後部座席を畳んで、やっと積んだ。

アートフィルターをポップアートで撮影。フェラーリレッドの光沢が冴えました。



OLYMPUS PEN E-PL1s+G14 1/60秒、F2.5、ISO100、EV-0.3

 
 

工事中

家の前が、片側通行になってます。

休日なのに朝から工事中で、どどどど、ががががっとうるさいです。週末ぐらい休めばいいのに。

PEN E-PL1s+G14
絞り優先AE、1/250秒、F10、ISO100、EV-0.7

OLYMPUS E-PL1s + Lumix G14/F2.5

道を掘り返したあと、おっきなローラーが行ったり来たり。うまく、平らにしてちょ。

アートフィルターをポップアートにするんだったと、後から気づいた。毎日撮っていないと、いざという時には思い浮かばないもんだ。

PEN E-PL1s+G14
絞り優先AE、1/80秒、F9、ISO100、EV-0.3

OLYMPUS E-PL1s + Lumix G14/F2.5

 
 

夕焼けが綺麗です

子供の運転で田舎に帰省中。首都高を走行中、窓越しにフジテレビをパチリ。

絞っていますが(F11)、解像度は低いなあ!バシッという感じが出ないんです。青空は、そこそこオリンパスブルーが再現できたかな。



OLYMPUS PEN E-PL1s+G14 絞り優先AE、1/640秒、F11.0、ISO200、EV-0.7

空気が澄んでいて、綺麗な夕焼けだったので、おもわず車を止めて撮影。

あと10分ぐらいで太陽が沈んだ頃を撮れば、もう少し赤く染まったと思う。青からオレンジ色のグラデーションもいいものです。


OLYMPUS PEN E-PL1s+G14 シーンモード(夕日)、1/500秒、F6.3、ISO200、EV-0.7

 
 

会社近くのイチョウ並木(3)

昨日、今日とピーカンの快晴。またまた昼休みの散歩です。

やっと紅葉も12月になって赤くなってきましたね、イチョウの黄色、紅葉の赤、そして青空。この季節が好きです。

ISO感度をAUTOにすると、ISO200から始まるようなので今日はISO100に固定してみた。銀塩フィルムは屋外ではISO100か64が適していると思っていたので、・・・・。勿論、絞り優先AEです。

OLYMPUS E-PL1s with G14 ISO100、F8.0、1/250s、EV-0.7

この時期の紅葉を撮るのに、半逆光だと紅葉の葉が透けて見えるが好みです。

赤と黄緑の色彩のコントラストが最高です。


OLYMPUS E-PL1s with G14 ISO100、F5.6、1/50s、EV-0.3

今日は青空ではなく、低感度でなるべく絞ってみました。

画面全体にピントが合うことを期待していたのですが、このLUMIX G14はたる型も出るし四隅が暗い。なんと言っても解像度が低くボヤッと写ってますね。私的には高価なレンズなんですが、期待以上のものは出ませんね。


OLYMPUS E-PL1s with G14 ISO100、F9.0、1/60s、EV-0.7


 
 

夕焼け

夕方の買い物の帰り道、夕日が綺麗だったのでカメラを向けました。

シーンモード「夕日」で2、3枚撮ってみた。

シーンモードだと、なるほどというほど極端に設定されますね。露出は随分マイナスに倒し、赤を引き立てる設定のようです。人間の目ではこんなに暗くないし、もっとオレンジに写って欲しいところ。色再現がちょっとイメージと異なるな。

露出を中央測光にしているので、暗部の建物に合わせて撮った方が良いのかも? 今回、両手に買い物袋をぶら下げていたので、次回にチャレンジしてみよう。
OLYMPUS E-PL1s with G14 F10.0、1/500秒、ISO200、EV-0.7、彩度+、シャープネス+

 
 

会社近くのイチョウ並木(1)

急に寒気が入り冬晴れになったので、昼休みに散歩がてら会社の横のイチョウ並木をぶらついてきた。



寒暖の差があるとイチョウの葉っぱも黄色が冴えるんだろうが、今年は11月半ばというのに全く寒くないので今一歩の色合いです。

とはいっても、順光でマイナス補正をすると青空も澄んで見えます。

PEN E-PL1s with G14 絞り優先AEにて撮影。ISO200、EV-0.7です。コントラストと彩度を+1してみました。イチョウの黄色がのっぺりというかべったりしちゃいますね。もうちょっと、くっきりした絵になって欲しかったんですが、残念。

 
 

秋の風景

朝の8時半なので空気がひんやりします。

中央測光にしているので、手前の大きな木がうまくシャドーになってくれました。iAUTOで撮影。



PEN E-PL1s with G14 F5.0、1/320s、28mm、ISO200、EV0.0

田舎に帰ると、秋の風景がいいですね。

青空に柿が生えます。私的にはもうちょっと空が濃く出て欲しいのですが、露出補正なしなのでこんなもんでしょう。iAUTOで撮影。



PEN E-PL1s with G14 F7.1、1/640s、28mm、ISO200、EV0.0

 
 

成田の青空と雲

今日は、成田空港に行くことになっていたので、勿論カメラ持参です。

高速の料金所を出て、時間調整のため、成田ビューホテル前で休憩。いい雲です。

アートフィルター:ポップアート、28mm、1/640秒、F7.1、EV-0.7、ISO100
ポップアートは、コントラスト:Hard、彩度:High、シャープネス:標準

青空を際立たせるため-0.7の露出補正ですが、ポップアートは少し加工した感じの青になりますね。
(OLYMPUS E-PL1s with Linux G14/F2.5)


ポップアートは、このような原色を明るく表現する場合に適していますね。

驚いたのは開放F値でも、中景、遠景の文字がある程度詳細に写ります。

ポップアート、28mm、1/20秒、F2.5、EV-0.7、ISO100


こちらは、絞り優先AE。絞っていることもあって、手前のDHCのカートから奥の駐車場までピントが合っています。

このレンズは開放でも、絞っても良い絵が撮れますね。

絞り優先AE、28mm、1/400秒、F11.0、EV-0.7、ISO100
コントラスト:標準、彩度:High、シャープネス:Hard


満足できるオリンパスブルーは、10枚に1枚程度ですね。

同じ設定でも色合いが変わります。

絞り優先AE、28mm、1/200秒、F11.0、EV-0.7、ISO100
コントラスト:標準、彩度:High、シャープネス:Hard

 
 
12>|next>>
pagetop