July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ThinkPad T470のファンが回りっぱなしで熱い

ThinkPad T470ですが、常にファンが回りっぱなしで本体が熱くなり、これから夏に向かうことを考えると「こりゃ〜やばい!」と考え、対策をしてみました。
最初にやったことは、ファンの掃除。濡らした綿棒でしっかり綿埃を取り除いた。でも、これは効果は無し。
ファンの熱にがしの穴がファンの下(底)ではなく、左横にあるっていうのがおかしいんじゃない?って思う。


次に設定を変更します。電源オプション>プロセッサの電源管理>システムの冷却ポリシー>電源に接続の項目を、「アクティブ」から「パッシブ」に変更します。
アクティブはファンによる冷却、パッシブはプロセッサ動作を下げることで冷却する設定とのことです。


次に、最大のプロセッサの状態を「100%」から「99%」に下げました。
この1%の意味は良く分かりませんが、パフォーマンスを大きく下げることもなく、CPU負荷が下がります。

これらの2つの設定変更で、劇的に変化しました。これで、快適にPCが使えるようになりました。


 
 

Win10でSMB 1.0/CIFS クライアントが有効にならない→【解決しました】

Win10でネットワークドライブにNAS(LinkStation)を指定しているのですが、Windows Updateが自動で更新されたらSMB接続エラーになる件、解決しましたので忘却録として残しておきます。
Microsoftの情報は「SMBv1 は、Windows 10 バージョン1709、Windows Server バージョン1709以降のバージョンでは既定でインストールされません。


家には2台のWin10 PCがあるんですが、ネットワークドライブに接続すると、このようなSMBのプロトコルエラーが出て、繋がりません。
同じOSなのに、1台は繋がり、1台はエラーとなるので、困りものです。


NASに接続しないと仕事にならないので、この脆弱性は無視して、コントロールパネルから「Windows 機能の有効化または無効化」を開いて「SMB 1.0/CIFS クライアント」にチェックを入れて、有効に戻します。


もうひとつは、非認証のゲストアクセスがブロックされているのを解除します。
regeditで、LanmanWorkstation¥ParametersのAllowInsecureGuestAuthにデータ:1(有効)をセット。
通常は、この2つの操作でNASとの接続が可能になる、・・・はず。


コマンドプロンプトを管理者権限で立上げ、「sc.exe qc lanmanworkstation」を入れて確認したが、「MRxSmb10」が表示されない(=有効になっていない)。
接続を試しましたが、やっぱり同じエラーメッセージが出て繋がりません。


調べていくうちに、コマンドでSMB1.0を有効にする方法があるので試してみた。以下のscコマンドを入力。
sc.exe config lanmanworkstation depend= bowser/MRxSmb10/MRxSmb20/NSI
sc.exe config mrxsmb10 start= auto
PCの再起動。

SMB1.0を優先にして何か問題があると困るので、SMB2.0に戻すには、こちらのコマンド。
sc.exe config lanmanworkstation depend= bowser/MRxSmb10/MRxSmb20/NSI
sc.exe config mrxsmb20 start= auto


確認すると、SMB1.0が現れた。ほんと、良かった〜!!
このscコマンドの実行で、Workstationサービスへの設定変更が効いたようです。


ちなみに、SCコマンドのヘルプ。

既に、Microsoft Windows SMB サーバー用のセキュリティ更新プログラム (4013389)でSMB1.0の脆弱性は解決されたようだし、今のところ、ネットワークに負荷がかかっているようにも見えないので、このまま使っています。


 
 

ThinkPad E440 メモリ増設(8GB→16GB)


2014年12月に購入したThinkPad E440です。Intel Core i3-4100M 2.50GHz、メモリは8GBです。
Windows10にしてから、段々と起動も動作も重くなってきたこともあり、メモリを増設します。Netで調べると、8GB×2枚差しで最大16GBまで適用するみたいなので、シリコンパワー DDR3L 1600 PC3L-12800 8GBを2枚購入。 8GBで4,333円なので、ずいぶん安くなった。


裏蓋のネジ3ケ所を外したところ。HDDの横にメモリスロットルが2ケ所あります。


しっかり奥まで差し込んで、パチンと倒して、取付け完了。
起動して、16GBになっているのを確認。


バックグラウンドアプリは、全て停止。


Peer Networking Identity Managerのサービス停止。

OSの立上げまでは早くなった。しかしタスクマネージャーで見ると、OS起動してからもろもろのディスクのI/Oが10分以上100%になりっぱなし。これはI/Oネックですね。
SSDも安くなってきたこともあり、HDDからSSDにクローン化するのも有りかな?

単純なブラウザでのネットサーフやアプリは、応答なしになるようなこともなく快調なので、しばらくは様子見とします。


ディスクの使用率を占有していたのは、どうやら「Windows Updateが正常終了していない」ことが原因のようでした。
PCを常時使っているわけではないので、自動アップデートとかのタイミングでPCを落としていたため、4つぐらいのUpdateモジュールがひっかかっていました。

合わせて「Antimalware Service Executableを、Windows Defenderの除外リストに追加する」ことを試してみました。

全てのモジュールをインストールして再立上げすると、起動直後のディスクのI/Oも5分程度で落ち着き、重かったPCがいくらか軽くなりました。非力なCPUですが、まだまだ使います。


 
 

新しいホームネットワーク、Open Home対応


リモートワークも2ケ月になり、家で音楽を聴く時間も増えた。これまで使ってきたアクティブスピーカーのCreative T12が、ボリュームを回すとガリガリ音が酷くなってきたこともあり、小型のスピーカーを検討。
今回購入したのはパッシブスピーカーの「FOSTEX かんすぴ P802-S」です。小さい筐体なんですが、周波数帯域:150Hz〜40kHzのハイレゾ対応とのことで、最初に音を鳴らしたらやけにクリアな音で臨場感が出て、びっくり。今回、このかんすぴをメインに使用することとします。隣りの黒い筐体のYAMAHA NS-BP200は、TVの外部スピーカーとしてつなぎ替えます。



これが、新しい接続図です。
NetラジオやiThunesの曲を流すことが多いので、FOSTEXのかんすぴ P802-SはネットワークCDレシーバーのONKYO CR-N765とつなぎました。NS-BP200はテレビから中華製デジタルアンプを挟んでつなぐこととしました。


ONKYO CR-N765は、ハイレゾ対応をうたったネットワークレシーバーです。
付属のリモコンはあるんですが、家中リモコンだらけになるのは嫌なのでiPhoneから「ONKYO Remote3」というアプリでNASに保存したiTunesの曲を選択して再生しています。このRemote3は、使い勝手はさほど良くありませんが、CR-N765本体の電源On/Offからネットラジオの選曲(Tuneln)、iTunesのアルバム(Home Media)の連続再生など、全てがiPhoneで出来るのでGood。

かんすぴ P802-Sとの相性はバッチリです。ハイレゾの音がどんなのか分かりませんが、クラシックもポピュラーも良く鳴らしてくれます。
ただ、アナログアンプの宿命なんでしょうか、消費電力が70Wとなっているのでケースが熱くなります。スタンバイ時の待機電力は、0.1Wなので問題ありませんが。


このCR-N765は、DLNA対応なのですがOpenHomeには対応していないので、PCに「BubbleUPnP Server」をインストールしてOpenHome化を試みました。


BubbleUPnP Serverの設定画面からRendererにCR-N765を設定した結果、エクスプローラーで見ると、Open Hope化されているような表示になっています。ただ、BubbleUPnP Serverはどういう働きをしているのかは全く分かりません。

これで使い勝手の良い「LUMIN App」や「fidata Music App」はOpen Homeにのみ対応ですが、これらのAppを使える環境は揃いました。


iPhoneにアプリをインストールして起動してみたところ、fidata Music App、LUMIN AppともにCR-N765をRendererとして認識しました。
しかし、fidataではプレイリスト内のアルバムが連続再生しないで1曲で止まってしまいます。fidataからの曲の開始命令を出すが、連続再生されない、という現象です。



ということで、LUMINを使うことにします。これは、iPhoneの画面です。アルバムアートが表示されると、直感的に操作出来るのでいいですね。

ただ、BubbleUPnPServerはPCに常駐して仮想Open Home化をしているようですが、メモリを食うわけではないので暫くこの環境で使用します。


そしてヤマハのNS-BP200は、これまでネットワークレシーバーCR-N765につないでいましたが、今回はTVと接続します。
TVの電源を入れたら音が出るようにする為、写真の中華デジタルアンプ「ELEGIANT デジタルパワーアンプ 最大出力:50W×2」を購入。筐体も美しく、ボリュームつまみも適度な負荷がかかってスムーズで心地良いです。


接続は、TVのイヤホンジャックから音声をAUXケーブルでアンプに入れ、バナナプラグでスピーカーにつなぎました。

TVを見ない時(TVからの音声信号が無い時)は原理的に消費電力は0ワットなので、アンプ本体は常時電源Onで使っています。TV側の電源On/Off時のポップノイズ(ボツ音)が気になることもあり、ボリュームは10時ぐらいで固定し、TV側の音量ボタンで調整しています。このポップノイズが無かったら100%満足なんですが、3Kの中華アンプでは望めません。恒久対策があればやりたいところです。
ACアダプタは12V5Aのものが付属しています。PSEマークが付いていないので品質上の不安は残りますが、ACアダプター、アンプ本体とも発熱は抑えられているようです。気になるのが耐久性ですが、これは暫く使ってみないと分かりません。

こんな小さな筐体の3.5K円の中華デジタルアンプですが、Amazonでの評価も良く、当たりを引いたようです。非常にフラットでクリア、かつパワフルです。素晴らしい。オーディオアンプは重くて大きいものという概念が変わります。


 
 

初詣(寒川神社)


2020年の初詣は、寒川神社にお参りしてきました。
お正月ということもあり、飾りも豪華です。


10日の平日の朝ということで、流石に参拝者もまばらです。


寒川神社は八方除けの有名な神社で、神奈川では鶴ケ岡八幡宮に次ぐ人出があるようです。
外国に暮らす娘が厄年ということもあり、お守りを購入。


神池橋・三の鳥居。


これは、下の娘の七五三の時。1995年撮影。


 
 

焼き鳥とプール、そして花火


遊びに来ている孫の日本での最後の日なので、庭で焼き鳥を焼きました。


ははは、焼き鳥焼ける前にお腹が空いたので、おにぎりをほおばっています。


初プールデビューでしたが、大喜び。


楽しそうです。
初めてなのに、水が大好きのようです。まるで魚のように遊んでる。


夜は花火で締めました。


 
 

ケイトの里帰り


一年ぶりにポーランドからの里帰り。


空港ではいたるところに2020東京オリンピックの広告があります。


長旅、お疲れ様。


庭のさくらんぼが食べ頃です。


いっぱい食べました。


 
 

新年、あけましておめでとうございます。

 
2019年が明けました。初詣は、いつもの近所の宗川寺に。

 
今年も一年、健康で過ごせますよう、お参りしてきました。

 
本年も、当BLOG、FaceBookともに、よろしくお願いします。


 
 

プロジェクターでホームシアターを楽しむ


同窓会のビデオ映写用に調達したELEPHAS プロジェクター(LED 3500lm 1080PフルHD対応)。
とりあえず壁に映してみる。


でもねえ、やっぱりこれじゃあ雰囲気が出ない。


照明を落とすと、映りは悪くない。
大型スクリーンを付けることにしよう。

以下が、プロジェクターとアンプ/スピーカーとの接続図。



Amazon Fire TV Stickを付けてPrime Videoを見る。
音声は、プロジェクターのイヤホン端子にJPRiDE社のAAC APT-X LL対応のBluetoothトランスミッターを接続。


受信側は、ONKYOのCR-N765のLINE1に、August Bluetooth 4.2 ワイヤレスオーディオレシーバー apt-X LL対応 受信機 MR230B をRCAコードで接続。
これで音声は、Bluetoothでフロントスピーカー(YAMAHA NS-BP200)に繋がる。


プロジェクターの設置は、スクリーンとほぼ同じ高さにする。
このELEPHASのプロジェクターは、角度を付けて台形補正をすると、上下がピンとが合わないようです。
よって、三脚(Eienn 三脚 一脚可変式 2段・4段 3Way雲台)にサンコー カメラ三脚用ノートPCデスク CLHCMAL2 を付けて乗せた。


プロジェクターのレンズがスクリーン中心になるよう、さかさまに取り付け。


プロジェクターの高さは、110cmぐらいで水平になるようにしています。


スクリーンは、ニトリの遮光ロールカーテン(180cm)の裏面(白い面)を天井から吊り下げ。


さっそく広瀬すずの「チアダン」、有村架純の「ビリギャル」とドリーム映画を試写してみた。
大きなスクリーンで見ると迫力が違う。音もフロントから聞こえるので、まるで映画館。
これは当分、Prime Videoにまりそうです。


 
 

もうすぐ完成


2018年4月の土地の写真。ここに10軒ほどの家が建ちます。


年内の引き渡しに向けた作業が旧ピッチで進められていました。
もうすぐ完成です。楽しみです。


しかし、隣りとの境界まで迫って建っていますね。仕方ないか。


 
 
12345>|next>>
pagetop