September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

RICOH R8を中古でゲット

RICOH R8。

1/2.3型CCDの1,000万画素。2008年3月発売。(発売時はオープンで4万円しましたが、ヤフオクで¥3,980はお買い得。)

なんたってマクロ撮影で、ワイド端1cmが最大の強み。

この1センチマクロ撮影が出来ることだけで、リコーのコンデジを選んだ。


デザインはシンプルなBOX形状で、プラスチッキーなチープさはあまりない。

よく言えば、CONTAXのT3とかローライ35に通じるところがGood。


Nikon P310とレンズ格納時の比較。白いボディがNikonのP310。

こうしてみると、レンズがすっぽり格納され完全にフラットになるのも捨てがたい魅力。

ジーンズのポケットにすんなり入る。


35ミリ換算で28-200ミリをカバーするレンズは、これ1台で何でもこなしちゃう。

ピント合わせの際、「ジ・ジ・ジ・ジッ」という音がします。考えながらピント合わせしている感じ。また、合焦速度が遅い、かつ濃淡がない被写体ではほとんど合わないのが残念です。やっぱり5年前のデジカメと感じます。

マクロはR8、街角スナップや室内はP310と使い分けします。


モードダイヤルが、AUTOとSCENE、動画、2つのマイセッティングポジションのみ。

マイセッティング1は、「料理」に合った設定を保存することにした。

AFスポット、ISO200、WB蛍光灯、シャープ+1、色の濃さ+1


マクロ撮影は、ADJボタンを1クリックするだけなので、最短のショートカットです。

さっそくマクロで撮ってみた。

レンズの先端と腕時計のガラス面は、ほとんどくっついての接写です。

ほんと、いいわ。使えます。カメラ

RICOH R8 RICOH ZOOM LENS 4.95-35.4mm(35ミリ換算28-200mm) F3.3-F5.2

青空も、濃い青に写ってくれました。

ISOが64に固定できるのが良い。

WB太陽光、ISO64、F5.4、1/870秒。

RICOH R8 RICOH ZOOM LENS 4.95-35.4mm(35ミリ換算28-200mm) F3.3-F5.2

望遠側もしっかりした描写。

カリっとした印象です。晴れた日中の撮影には十分使えそうです。

約177ミリ相当、ISO100、F4.8、1/620秒。

RICOH R8 RICOH ZOOM LENS 4.95-35.4mm(35ミリ換算28-200mm) F3.3-F5.2

 
 

新旧OLYMPUS PEN

yahooオークションにて、とても古い「OLYMPUS PEN EED」(発売は、1967〜1972年)を入手したので、UPしておきます。

こうして並べると、時代の流れを感じますね。でも、32mm/F1.7は明るいね。

古いPENの方がデザインにせよ、モノ作りにせよ、数段上のように感じます。


しかし、新しいPENにはアートフィルターという新技術があります。

ポップアートは私のお気に入りです。原色を見たまんま彩度/コントラストを上げてくれるフィルターです。
(PEN E-PL1s+LUMIX G14)


こちらもポップアートの最短距離での撮影。

もうちょっと寄れたらいいんだが、これが精一杯。

やっぱり4/3はマクロ撮影が大の苦手です。ここは割り切ってコダックブルーを追い求めることにします。

 
 

最近、デジカメが欲しくなってきた

ここんところ、コンデジが欲しくなってきた。夏休みも近いこともあって、物色中。

デジ一眼を脅かすコンデジ狙いです。要は、夏の空を真っ青に写して、レンズ突起が少なくって、ボケが表現できて、マクロが撮れること。そして、クラシックな外観なのがいい。

富士フィルムのFinePix X100ってすごくない?この質感は最高!でも価格も半端じゃない。


マイクロフォーサーズのオリンパスPENは、本命ですね。

E-Pシリーズも今回で第三世代ってことで、E-P3が候補だけど、こちらも貧乏人には手が出ない。


同じオリンパスのXZ-1がいいね。

28ミリからの4倍ズームで、F1.8-2.5はすげ〜。望遠+開放だとボケも期待できそ〜。

このレンズだけ見ると、コンデジとは思えない。この「i.ZUIKO DIGITAL」レンズ、おおいにそそります。


マクロを撮るんなら、RICHO CX2になるね。

1cmまで寄れるなんて、デジ一眼には真似の出来ない世界。

先代から変わらぬデザインもシンプルで、天板のアルミも良さそう。

レンズの突起が無いことでお散歩カメラにはいい。28-300mm(35ミリ換算)もいいし、なんせストレスなく撮れるのが最高。価格もだいぶ下がってきているようだし。


なんだかった言っても、やはりマイクロフォーサーズかね。焦点距離、CCDサイズがコンデジとはまるっきり違う。

マクロ撮影に目をつぶれば、PEN Liteがいいかな。

CMの雰囲気がいい。パンケーキ付けたら、軽そうだし、革ケースでおしゃれ。


マイクロフォーサーズってことで選ぶと、パナソニックのLUMIX GF2のパンケーキもあるね。(今なら、レンズの価格でレンズと本体が買えるのは懐に優しい。約¥33,000程度。)

ただ、この14mm/F2.5パンケーキはどうなんだろ?! 評判の高い20mm/F1.7だったら即買いなんだけど、本体に手ブレ補正が無いのは厳しい。


デザイン的には、PEN Lite E-PL2だね。価格的にも手が届きそう。(パンケーキでも標準ズームでも、¥57,000程度)

シルバーモデルに貼り革でクラシック路線を走るか、シンプルにブラックもありですね。



とにかくカバンに入る大きさで、オリンパス・ブルーが得られるならば、エントリー機でもいいかな?アートフィルターも楽しそうだし。

PEN Lite E-PL1s

標準ズーム(14-42mm F3.5-5.6)だと¥32,000ぐらいです。コンデジ並みの価格です。(第三世代PENの発売で安くなったようです。)

もう1本望遠ズームを付けても¥45,000程度。今、買いかな?

 
 

デジカメのオンライン・プリント

娘の欧州旅行の写真が700枚ぐらい撮ってきた。これまでに貯まっているお菓子の写真も合わせると、1,200枚。普通の町の現像屋さんだと30円ぐらい、カメラのキムラもヨドバシカメラも30円。これだと、3万6千円もかかってしまう。少しでも安いプリントにしようと、ネットで検索した。


Internet PRINTのHP。緑の配色でフジのお店のようだが、Kodakも扱う。

インターネットプリントは、オリジナル写真プリント7円。送料80円(メール便)ぽっきり。評判も良さそうなので頼むことにした。

その前に、DSCサイズ(89×119mm)に合わせて、オリジナルのjpgを150万画素のカメラ程度(約200kb)にVixでリサイズしました。

アップロードは上り1Mbpsの極細ADSLなので、1,200枚を一挙にやると障害が出そうなので、半分の600枚で試してみた。約40分ぐらいかかったが、エラーもなく、簡単に注文完了。1,200枚でも8,400円+送料80円です。

※他にもL版4.9円の「デジカメプリントABC」があったが、フォトP決済で面倒なのでやめた。

 
 

Panasonic DMC-FX35

娘がデジカメを欲しいということで、ネットで研究。
購入条件は、人がきれいに撮れる、ケーキなどのマクロが撮れる、価格は3万円という条件で調べた。

結果、「Panasonic DMC-FX35」を購入。広角は、なんと高級機なみの25ミリはすごい。カメラを向けるだけの「おまかせiAモード」は、自動で接写認識して、カメラが自動でマクロに切り替わるという優れもの。これは、素晴らしい機能です。


FX35 エキストラブラックは、てからない黒ボディ(¥36,300、point30%)

ハギワラの2GB SDカード(¥2,900)と合せて、落ち着いた質感の革製のケース(¥3,500)を購入。

Panasonicは2台目ですが、LEICAレンズは健在だし、SDカードも安くなったし、こんな嬉しい機能が付いて、25,000円はお買い得でしょうカメラ

 
 

コンデジも1000万画素時代

 娘がデジカメが欲しいと言うので、ヨドバシカメラで、コンパクトカメラの1000万画素機を購入。コンデジの1000万画素機はセンセーショナルです。カメラ

 手軽に綺麗な写真が撮りたい、それもディズニーランドのスタッフが撮っても綺麗に撮れるのがいい。ということで、カシオのEX-Z1000を選択。試し撮りの段階から、へたなデジ一眼より、素晴らしい写りで、びっくりです。


カシオEX-Z1000。全てオートで、デジ一眼を超えるか?

 あゆはブレないの、Pana(FX01)にするか、玄人好みのリコーのR4(28-200澄砲砲垢襪迷ったが、1000万画素の誘惑に負けて、EX-Z1000をgetした。(7/30は、サマーセール中で、ヨゴバシ・オンラインshopより、7,100円も安い¥42,700は手頃。)SDは、ATPの80Xの1GBで、¥10,800、安くなったね。



 
 
1
pagetop