November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ポーランド・チェコ旅行記(2017/10/10〜10/21)その4 ボレスワヴィエツ~ワルシャワ編


■■9日目 10/18(水)プラハからボレスワヴィエツを経由しブロツワフへ戻る


2泊したプラハの宿で、出発前の日向ぼっこ。


プラハを10:30に出発。車で3時間ぐらいの移動。
昼食はガソリンスタンドの隣りにあるバーガーキングのような100gいくらの量り売りのお店で。
言葉が通じないので、指でコレとコレって感じでオーダー。見てると、チェコ人は良く食べますね。


チェコでもやっぱり、私はブラック・コーヒーですね。
Alfredo espresso は、ドイツのメーカーのようです。
ホーランドで飲んだ、5分ぐらい待って上澄みだけ飲むコーヒーもいいけど、流石にお店には置いてない。


プラハから高速道路を北上し、ドイツにもしかしたら入ったかも?
やっとポーランドに入り、Bolesławiec(ボレスワヴィエツ)ももうすぐ。


MANUFAKTURA(マヌファクトゥラ)というお店。工場とショップが併設されてるようです。
ボレスワヴィエツは、町全体が陶器の町って感じです。
ロータリー(ラウンドアバウトというらしい)の真ん中の島には陶器のモニュメントが飾ってあります。


お店は田舎の工場って感じで、洗練された感じは微塵も感じられないところが素朴でいい。


外観とは裏腹に、お店の中はところ狭しとたくさんの陶器が並べられている。
その種類の多さに圧倒されます。


伝統的な青い丸の絵柄のモスキートは、まさしくポーリッシュ・トラディショナル。
私が購入したのも、この絵柄です。


どれにするか、これだけあると迷います。


値段は、日本で買うのに比べ1/3から1/4程度でしょうか?
21センチの大き目のプレートが、1枚780円ってとこですね。日本では3,000円ぐらいするので安いです。


お店の滞在時間は、30分程。でも来て良かった。
ちょっと駆け足でした。


ももちゃんに陶器の指輪を買ってあげた。大喜びです。


自宅用にモスキート柄のマグカップと大中小とお揃いの皿を2枚づつ、それに四角いプレートを購入。
たったの、6,628円でした。日本では買えない大きなお皿も欲しかったが、スーツケースの重量オーバーが気になり、やめた。


これからブロツワフまで戻らないといけない。
そして、レンタカーも18時までに返さないといけない。


ボレスワヴィエツから3時間。ブロツワフの宿にやっと着いた。
OWocowy Domekという宿。
主要道路から看板も出ていないし、横道に入った途端、舗装されていない原っぱの真ん中の道を走った。
周りに何もない。とびっきりの宿、とでも言っておこう。


薪ストーブの暖炉付き。こんなの初めて。いい雰囲気。
薪は朝方まで、2時間おきぐらいに追加しないと燃え尽きちゃう。


部屋からの眺め。秋ですね。


キッチンも広い。
が、しかし、。。。食材を買ってきていないこともあり、ケンタッキーのデリバリーを電話注文。
30分で着くというので待っていたけど、1時間経っても届かない。再度連絡すると、また30分で着くから、とのこと。
結局、2時間待ってたけど来なかった。


ミネラルウォーター、でかい。


キッチンのテーブルにあった、りんごと洋梨。
お湯を沸かして、棚にあったインスタント・コーヒーとりんごの夕食となりました。健康的でいいね。
いやー、それにしても食材を調達しなかったのは失敗だった。


バスタブ。洗濯機も隣りに付いてる。
お湯を溜めるボイラーの容量がお風呂1回分程度しかないため、バスタブにお湯を張って入ることは出来ません。
これも後から分かったことだけど。


■■10日目 10/19(水)ブロツワフ〜ワルシャワに帰る
ホテルの朝です。周りは霧で真っ白。幻想的な朝となりました。


小鳥達の巣箱に餌やりをしています。
というか、ホテルの周りは360度見渡す限りの原っぱ。人影はなく、鳥しかいない。


宿の全容は、こんな感じのホテルです。(右の車の奥の平屋の建物)


9時にタクシー2台を予約しているが、果たしてタクシーは来るか、ドキドキです。
でも、9時10分、来た〜!! 運賃は、34.5zl(約1,035円)だったけど、チップ込みで50zl渡したら喜んでた。


空港のCOSTAコーヒーで朝食。


昨日の夕食を満足に食べていないので、がっつり食べます。
サンドイッチが9.9zl、コーヒー7zlで、計507円。


ブロツワフ発12:00の予定だが、霧のため50分遅れで出発。


バス1台で飛行機のタラップまで行きます。


えー、ちっちゃーい、という表情がありあり。


とりあえず、搭乗前に記念撮影。
勿論、写真を撮っている人は居ません。日本人も居ません。


2列+2列の4列。


お決まりなんでしょうね、この組合せ。40分でワルシャワに着きます。


ワルシャワ・ショパン空港に到着。
空港からワルシャワ中央駅までは、電車で移動。時間にして30分弱。
床が平らなのでももちゃん用の車付きスーツケースは楽ちんです。


最先端の電車、かっこいい。


乗客はまばら、ももちゃんも元気。座席はBOXシートと折り畳み式のシートがある。
手前の黄色いBOXが券売機。


どのくらい乗るか分からないので、とりあえず75分の切符を電車内で購入。
4.4zl(132円)なので安いよね。


スーツケースを持った人のエリアは、折り畳みのイス式。
うまいこと作ってある。


自転車を固定する金具があります。日本には無いですね。
電車はゆっくり走りますね。途中駅でも停車時間は長め。


ワルシャワ中央駅に到着。首都なのに人が居ないのにびっくり。


ワルシャワ中央駅は、こんな感じのしゃれた駅です。


駅周辺は近代的なビルが立ち並んでいます。


宿は駅前にある事務所で手続き。右側の赤い車の横が事務所。
英語が通じる。


手渡された地図を片手に宿をさがします。中央駅から近いのに、こんな感じの古いアパートが一杯。


犬を散歩してる地元のおじいちゃんが心配して、2度もあっちだ、って教えてくれる。
ホテル名は、Apartamenty Varsovie Śródmieście 。ここだと思ったドアに鍵を入れてもドアが開かない。


うろうろしていると地元のサラリーマン風のお兄さんが、地図を見てこじゃない、手前のドアだって、教えてくれる。
やっと探せた。ここが宿。
なんて優しい街なんだ、ポーランド人は最高に親切。でもこの辺の夜は治安が悪そうな印象。


古いアパートだが、ワルシャワ中央駅から徒歩10分ぐらいで、184zl(6,147円)と破格の価格。
新しい近代的な建物のホテルは高いけど、古いアパートの安さは格別。
たばこは、ベランダで吸う。

>
台所も付いて、悪くはない。


シングルベット2つに、ソファーベットなので3人でもOK。


夕食は、ワルシャワ中央駅の駅ビルの中で物色。


平日にもかかわらず結構な人。


吹き抜けのドーム状の空間がゆったりしていて、感じはいい。


ケンタッキーは、どこでも人気ですね。油臭さはどこでも同じですね。夕飯にはパス。
この3階のフロアは若い人でごちゃごちゃしています。


ケバプの店にした。
肉料理が大好きなポーランド人にも受け入れられる食べ物です。
レジで注文し、お兄ちゃんが肉を削り、盛り付ける。盛り付けたら呼んでくれる、って方式。


Mix DonerのMサイズ14.5zl(約435円)にビール7zl(210円)。ソースは3種類あるが2種類選択。
Mサイズでもこのボリューム。ポーランドの食事代は全般的に安く済み、懐にやさしい。


夕食後、近くの大きなスーパーに入り、日本へのお土産を探す。空港で買うと高いから。
りんごとか、もぎったまんまを置いてあるのがいいね。


これはポーランドお決まりの朝食用のパン。
0.29zlなので、1個10円もしない。えー、って感じ。


店員さんが出来立てのパンをどんどん補充。
ほとんどが、自分のお店で焼いているとのこと。物流コストはゼロですね。


買い物かごは、かごを床に置いて引っ張る方式のもの。
通路が広いこともあり、これは便利。この買い物かごもでかい。


ハム、ソーセージも種類が豊富です。みんな美味しそう。


日本へのお土産のチョコも買った。
レジの女性はどこのお店でも愛想がない。これは、私はまけろといってもまけないわよ、という表現だという。


夜のワルシャワ中央駅周辺。


ホテル近くのコンビニでビールを買ったので、部屋で飲んでます。
大瓶ですが、2.99zlなので、90円です。ビールが1本100円以下って素晴らしい。


ズロチを使い切りたかったけど、まだまだ残ってる。


■■11日目 10/20(金)ワルシャワ観光〜成田(帰国)
昨日スーパーで買ったパンとコーヒーで、朝食。


スーツケースをホテルの事務所で預かってもらって、ワルシャワ中央駅周辺を散歩。
少しひんやりするが、寒くはない。


10:15にワルシャワ在住の友達と待ち合わせのため、コスタコーヒーで時間調整。
ワルシャワ駅ビル内とはいえ、9.9zlなのでちょっと高い。ブロツワフは7zlだった。


ここからバスに乗ります。ひとり4.4zl。


旧市街に近いバス停で下車。エマが居るから安心です。


観光客用の自転車でしょうかね。


旧市街に向かう通りを徒歩で歩きます。


クラクフ郊外通りだと思います。いろんな銅像が建っていますが、何の像かは不明。


車道より歩道のほうが広くて歩くのにはいい。


旧王宮前に広がる王宮広場。レンズが40ミリなのでそんなに広くないように見えるが、結構広い。
中央の高い石柱の上には、かつて首都をクラクフからワルシャワに移したジグムトン3世の像。


奥のオレンジ色の建物が王宮。かつての王様の住居。
小さな子供がアコーディオンを弾いて、小遣いを稼いでいます。


この辺りはワルシャワ歴史地区ということで世界遺産に登録されている。


記念撮影しておきます。


旧市街広場(Old Town Market Place)に向かいます。
中央に見える白い建物は、キャッスルインホテル。その前の通りを入ります。


建物がほんと綺麗で、絵になりますね。


赤いゼラニウムの花は、ポーランド中、どこでも見かけます。みんな大切に育てているようです。


狭い通りなので、人が多いと歩きずらい。


旧市街広場(Old Town Market Place)に到着。
綺麗に再建されています。第二次大戦で破壊されたが、ワルシャワ市民の手によって当時を復元したとのこと。


馬車がよく似合います。


広場の中央に建つ人魚像。昔、網にかかった人魚を救ったというような伝説があるそうです。
ワルシャワの紋章も人魚。


人魚像の前で、お決まりの記念撮影。


それを見守る男集。
彼とは、ここでお別れ。10日間、ずっと付き合ってくれてありがとう。Dziękuję !!


ホテルから貰ってきた像のぬいぐるみ、気に入ったようです。


旧市街広場には音楽の街を象徴するかのような、アコーディオンを奏でる老人。
これが絵になります。


テントも白に統一して、景観を損ねないように配慮されています。


ヨハネ大聖堂。ワルシャワで最も古い教会。
近すぎて三角の屋根が見えないのが残念。


コンサートの看板。観光客向けに定期的にやっている感じ。


姉妹2人のショット。もしかしたら、20年ぶりぐらいに撮ったかも?!
馬車も入って、ワルシャワっぽくなった。いい笑顔だね。


小学校の遠足だろうか、鳩に餌をあげてる。


コスタコーヒーの通りを戻り、またバスでワルシャワ中央駅に帰ります。


10分ちょっとのバス、楽しそう。


ワルシャワ中央駅は、大通りの地下をくぐって渡らないといけない(階段)ので、駅から1つ先の停留所で降りた。
少し歩いて、荷物を預けた事務所に戻る。


ワルシャワ最後の食事を選択中。


ケバブで〆る。昨日もケバブだったので、ワルシャワではこれしか食べていない。


高層ビルとケバブ。いいね!


今回の旅も終わり、これから帰途につきます。
ワルシャワ中央駅から、ワルシャワ空港へ。


この電車に乗ります。


自転車用の固定台近くにある荷物置き場に座ります。
かっよく締めくくろうと思ったけど、空港とは反対方向に乗っちゃったみたい。次の駅で引き返します。


空港に向かう。
今回の旅、これにて終了。一言でいうなら楽しかった。また来たい!!


 
 

ポーランド・チェコ旅行記(2017/10/10〜10/21)その3 プラハ編


■■7日目 10/16(月)バウブジフからプラハへ移動(レンタカー)
4泊したバウブジフの宿。この原っぱで遊ぶのも、今日で最終日。


天気がいいので、屋外で食べるのもいいかも。
ちなみにポーランドでは、ジュースに氷を入れない。


ガソリンスタンドには必ずコンビニとイートインのスペースがあります。


宿の出発が14:30と遅れたので、ガソリンスタンドで遅めの昼食。


私はこんな感じ。


お腹が空いていたので、満足。


秋真っ盛り。
これから、チェコのプラハに向かい、山越えします。紅葉のトンネルが続きます。


ちょっと休憩。


田舎のいい風景です。


家もかわいい。


峠を越えたようで、広大な大地に変わりました。


チェコ フヴァレチュの看板。チェコに入りました。


綺麗な街です。


ロータリー式の交差点にも凝っています。


休憩。


もう日が沈みました。


バウブジフを出発してから6時間、プラハのホテルには20:30に到着。
さっそく、街に出て夕食。


いい雰囲気のお店。


メニューを見ても、さっぱり分からず。


お勧めのものを注文。


これがお母さんの注文。PECENA KACHNA ローストダック。165CZK(約1,325円)
チキン丸々一匹。


こっちは私。plzensky gulas 牛肉を煮込んだもの。195CZK(約975円)
お皿もでかいし、肉もでかい。チェコ人は毎日こんなに食べるのか?


いい笑顔です。


これは、お持ち帰り用の地ビール。ペットボトルに入れてくれます。初めて見たけど、いいサービスです。
4人で1,884czk+チップ188czk、合計2,072czk(チェコの通貨はコルナ、約10,901円です。)
ビール3杯と持ち帰りビール1.5lを含む。


■■8日目 10/17(火) プラハ観光
これがプラハのホテル。2泊で566zl(約17,000円)。ポーランドに比べると、ちょっと割高。


部屋のドア。


室内。
広くはないが、手前にはもうひとつベットがあり、3人で泊まれる。


トイレ。水洗の押しボタンはポーランドもチェコも共通デザイン。
バスタブがあったのはここだけ。久しぶりにお風呂につかった、って感じ。


こっちはみーちゃん達の建物。


何て書いてあるか分かりませんが、ビールも飲めるよ的な感じ。


花はどこっかしらに飾ってありますね。見習いたい。


ホテルを少し下ったところにあるバス停から、バスでプラハ市内に向かう。


バスと路面電車が市民の主な足。
バスの一日券をコンビニで買った。110kc(約550円)です。


ここでバスを乗り換えます。
街中にはごみ箱と灰皿。これはポーランドと共通して、いたるところにある。


こういうスペースも街中には多く見られる。


レトロな感じでいいですね。


ベビーカーの車輪に注目。石畳が多いせいか大型のシングル車輪です。
こういう大型車輪だと石畳もラクラク。


はい、みんな大きな車輪です。


今度はトラム(路面電車)に乗り換えます。
ここまでのバス賃はタダ乗りしちゃいました。


新しいトラムなので、行先とかもよく分かる。でも読めない。


旧市街に近いヴァーツラフ広場のある辺りの、バス停に着きました。(地名は不明。)
都会の匂いがします。


トラムの折り返し駅というか、この辺は交通量も多く都会です。


昨日はずっとレンタカーで移動のみだったので、久しぶりの外気。
長女達と3時間後に合うことにして、これからちょっと歩きます。


ソーセージかあ、気になる。


都会なのに歴史を感じます。


なんといっても、建物がみな統一され、かつ洗練されていてオシャレ。


細い路地もきちんと路上駐車しています。


地下鉄Mustek駅。


ミニは、こういった街には最高に似合う。


カレル橋よりひとつ下の橋方面に歩いていきます。
赤のトラムが映えます。


全ての街並みが綺麗です。


だいぶ歩いたけど、まだまだ元気な、ももちゃん。


こっちはそーま。


プラハ城とカレル橋を望む。


観光客は、みなさんここで記念写真を撮ってます。


プラハ城の対岸。


時間がたっぷりあるので、橋の下の公園で休憩。


やはり女の子、イヤリングが気になるようです。
耳を触って、ここにしたい、って言っているようです。


カレル通りのスタバです。
スタバは、プラハでも高級路線ですね。


カレル通りはにぎわっていますね。人が途切れることがありません。


いい感じです。


旧市街広場が近づいてきました。


東欧の街並みには、原色の車が似合うと思う。


はい、ここが旧市街広場。


/>
とにかく人が多い。ブロツワフの広場の5倍は人がいる。


天文時計は修理中でした。


韓国からプラハに直行便が出ているので、結構韓国人を見かける。
日本人はというと、ほぼ居ない。が、大阪からひとり旅のおじさんに道を聞かれた。
後にも先にも、日本人と会ったのはこれだけでした。


レンタルスクーター、これは迷惑な乗り物ですね。
綺麗な街並みが台無し。


この竹輪みたいなやつ、気になる。


広場から小さな路地を入って、ランチを探す。
狭い路地も綺麗に整備されているのには驚く。


プラハのランチは、トルデルニーク。
あちこちで食べられる軽食。ユーロでもコルナでもどちらの通貨でもOK。


こんがり焼いたパン生地の中にアイスがたっぷり詰まってる。これ、最高。


大きいです。パン生地なので、ボリューム満点。


当然、チェコビール。軽いです。


ビールで元気が出たので、カレル橋からプラハ城を目指す。
トラムは使わず、歩きます。


こんな狭い路地にもトラムが走ります。


お城ももうすぐです。


公園も綺麗に整備されてます。


長い坂道を登って、聖ヴィート大聖堂までやってきた。
途中、階段もあるのでベビーカーはきつい。


大聖堂からの眺め。赤い屋根が綺麗。


歩いて疲れたかな。


絵になってるね。


芝生の公園、ほんと緑が多い。


お城からの下りは、上りと違う道で帰る。
ベビーカーも楽。


芝生の公園を横切る。


歴史のありそうな建物がたくさんあるが、全くプラハの予備知識がないので、何なのか不明。
ガイドブック片手にGoogle Mapがフル活動です。Google Mapは最強ツールです。


クロワッサンのお店発見。


美味しそうなケーキ。


買ったのはクロワッサン。でかい。


美味しそうにほうばってます。


街も人も、ほんと絵になる。


みーちゃんも、ピース。


屋外のテーブル席は、あちこち見かけます。


旧市街広場に戻ってきました。夕日が当たって建物が浮かび上がってきた。


スナップ写真、撮りまくりです。
年賀状用にたくさん撮っておきます。


ももちゃん、お手てつないで、夕飯を食べるところを探します。


夜だと屋外はちょっと寒いかな。


雰囲気、いいですね。


この店にしました。


みんなでぞろぞろ入ります。
18時前なので、まだ混んでいません。


まずは、ビール。


パスタをオーダー。


結婚式に参列したSHO君も合流です。


夜になっても人が減らない。


どのお店も19時ぐらいなので、賑わってます。


バスでホテルに戻ります。


金髪の背の高い女性が多い。


コンビニに寄る。


水は必需品。1.5Lで110円。
プラハは、今日でおしまいです。


 
 

ポーランド・チェコ旅行記(2017/10/10〜10/21)その2 ヴァウブジフでの挙式


2017/10/14-15は、長女のポーランドでの結婚式。
多くの方々からの祝福を受け、感激です。ありがとう!  Dziękuję bardzo!
blogの後半には、動画を掲載していますので、最後まで見てくださいね。


◆◆4日目 10/13(金)ヴァウブジフ滞在 クションジュ城観光、実家を訪問
ホテルは、こんなところ。ここに4泊します。


部屋はロッジ風です。
冷蔵庫は、ポーランドのホテルには付いていないようです。


朝食は、1階のレストランで。


こんな感じのメニューです。パンにハムとチーズ、ソーセージを挟んで食べます。


しっかり食べておかないとね。


午前中は、ホテルの庭で遊びます。
犬と走れば、上着はいらないくらい。ここのところ、バウブジフでも暖かい日が続いているとのこと。


風は強いが、天気は晴れて気持ちいいです。


ほんと、いい天気。のんびりして遠くを眺めていると、目に良さそう。


ヴァウブジフから車で1時間のクションシュ城を観光。シロンスクの真珠とたたえられるお城です。
ポーランドで3番目に大きい城で、戦時中はナチス軍の司令部だったようです。


お城正面で、ボーイフレンド、次男、次男のガールフレンドと集合写真。


ポーランドとユーロの国旗ですね。ユーロ圏ですが、通貨も言語もポーランド独自です。
入場料は、ガイド無しで34zl(約1,020円)と安くはない。
観光客をバッティングさせないように入場制限をして、数分置きに入場させる配慮があります。


芝生も綺麗に手入れしてあります。


季節的に良かった。


ボーイフレンドはお茶目な感じ。


綺麗なお城です。


記念撮影。


立派。


廊下も立派。


そーまは、ちょっと疲れ気味。


じゃーんぷ。


庭園。


庭園から見上げる。


このアーチは何なのか不明。


再び、ヴァウブジフに戻る。100年以上の民家が多い。


今夜は彼の実家で夕食。
時間をかけたポーランド料理が美味しかった。


日本からのお土産に焼酎と九谷焼の皿、マグカップを持っていった。
お父さんは、気に入ってくれたようです。


麺入りのスープ。ポーランドの家庭料理では定番のようです。
スープなので、スプーンで食べる。


何かしら、調味料のようなものを振りかける。


日本のギョーザのようなもの。名前は忘れた。


パイ包み。どれも美味しかった。
彼のお母さんは、前日から準備してくれていたとのこと。感謝です。


右側のチーズのケーキ、美味しい。
コーヒーは、粉が沈むまで5分ぐらい待ってから上の部分を飲む。


更に、大きなケーキ。
もうお腹いっぱいで入らない。


◆◆5日目 10/14(土)長女の結婚式&パーティー
今日は長女の結婚式。
午前中はホテルでくつろぎ、お迎えが来るのを待ってます。


泊まっているホテルの周りを少しだけ。


池。


ベンチ。


宿。


木の実。


午前中は、ホテルの広場で遊ぶ。
天気がいいので、外が気持ちいいです。


電信柱。


朝練。


朝練をぐるっと動画で。何年経っても、友達って素晴らしい。




ここで式を挙げました。


新婦を待つ新郎。


みーちゃんが撮ったもの。いいね。


ポーランド人は、もしかしたら着物は初めて?
彼のお母さんが、是非着物を見たい、っていうので。赤いのは新鮮。


役所の公認を受けた人の前で宣誓をし、一生を誓う。


パンと塩に困らないように、という願いを込める。


いいね。おめでとう。


駆けつけてくれた友達にも感謝だね。


First Dance. ちょっと緊張気味。


お母さん、嬉しそうだわ。


彼の父親と硬い握手。


ももちゃん、お花貰って、大喜び。


いい写真だね。


こっちもいい。


ウエディングケーキ入刀。ふたりでの初めての作業。


そのシーンの動画。


いいんじゃない。


ケーキ。


さっそくお箸を使うアダム。


慣れてきたかな?


ポーランドのお酒は、ウォッカ。きつい。


料理はどんどん運ばれてきます。


食事は美味しい。


パーティはプロのバンドと司会(黒のパンタロンの女性)で大いに盛り上がった。
司会の女性は、予約に2年待ちとかの人気がある方とのこと。確かに乗せるのは素晴らしいの一言。


バンドも12時間の長丁場、さぞかし疲れたと思われます。


日本からの招待者も負けてはいません。
素晴らしいパフォーマンスをありがとう。


ポーランド人による、よさこいの披露。良かった。


初日のパーティーは、15時から翌日の3時まで、一晩中踊って飲んで、また踊るの繰り返し。
日本人にはきついかな?


◆◆6日目 10/15(日)パーティー2日目
午前中は、ホテルで過ごす。


子供同士、遊んでる。


14時。披露宴2日目のパーティー開始。
今日は、DJのお姉さんは居ないので、それぞれの時間を過ごす。


ももちゃんも。


そーまも。


2日目にもなると、やっとほぐれてきた。
そーまもももちゃんも楽しそうに踊っています。いいね。



外で時間を過ごすのもいい。


夕日が沈む頃。


楽し〜い!!


大人も子供も童心に帰る。
最高に気分がいいね。


ASAMI.❤


KRIS❤


子供たちもみんな友達になったよ。


ここからは、生ギターによるパフォーマンス。
みんな、みんな喝采です。楽し〜い!


日本からの友達の即興パフォーマンスで大盛り上がり。
SHO君のドラムもGood!!手拍子・手拍子・手拍子、、、感動する。


I Want To Hold Your Hand(抱きしめたい)
出だしのギターがいいね、オイ君なの?けーたは乗せるわ。最高!!


Stand by me
男の子のパフォーマンス最高!
前奏が始まり、ボーカルが始まると、みんな踊り出しま〜す!!ヒュー!!


だいぶ眠くなってきたかな?でもみんな優しい。


全く予想していなかったパフォーマンス、ありがとね。忘れないよ。


参列頂いた方々に、改めて感謝です。


みんないい顔してます。ポーランド、最高。



 
 

ポーランド・チェコ旅行記(2017/10/10〜10/21)その1 ヴロツワフ編


ポーランド・チェコの旅行記を記しておきます。
千年以上の歴史を誇るヴロツワフは、一度は必ず訪れたい街のひとつ。ポーランドの西部に位置し、歴史的にドイツ領であった時代も長く、シロンスク(シレジア)地方の中心都市として文化・経済ともに栄えてきました。


◆◆初日 10/10(火)成田→ワルシャワ・ショパン空港
横浜6:40発の成田エキスプレスに乗車。


LOTオーランド航空 LO80便 10:20発→14:25着。約11時間のフライト。
時差は、7時間。ポーランドより7時間進んでいます。


機内食は、飛んで間もなくと降りる少し前の2回出ます。お箸もくれました。
10時間半飛んでいるので、動かなくてもお腹が減ります。
キャビンアテンダンスはポーランド人。日本人の乗客はあまり見かけない。


ワルシャワ・ショパン空港に到着。
長女とボーイフレンドがお出迎え。ボーイフレンドとはこれが初対面。


今夜の宿は、空港近くのHoliday Inn Express Warsaw Airport。
空港からシャトルバスがあるが、乗り場が分からなく、バス停を探してうろうろ。


Holiday Inn Express Warsaw Airport
妹夫婦は別のホテルに宿泊。


長女とボーイフレンドで、ホテル内でお茶をして、彼は大学があるからということで別れる。


ホテル内のATMで、1,500ズロチ(約4.5万円)を引き出す。


夕食は、バスで移動。チケットはバス内で買う。
カードが使える。ポーランドはカード文化が浸透しているようです。


夕食はケンタッキー。


ジンジャー・バーガー300円、コーヒー60円。
日本のメニューにはないような名前ばっかりですが、ボリューム満点、味も日本人に合う。


女性が一人で食べてるのはよく見かける。


ガソリンスタンドには、必ずコンビニがあります。
購入する品物によって、消費税が23%、8%、5%などと別れているようです。


◆◆2日目 10/11(水)ワルシャワ→ブロツワフ(Wrocław)
ポーランドの朝食は、ほぼ100%サンドイッチ。
サンドイッチ以外のメニューは見かけない。


こんな感じ。
サンドイッチにしたパンを包んで持ち帰る人もいる。昼食用なのかな?


ホテルのシャトルバスでワルシャワ空港に向かう。
運転手は人のいいおじさんです。


ワルシャワ空港。いたる所にごみ箱と灰皿が設置されている。
歩きタバコの人も多い。室内では禁煙ですが、街中での禁煙はされていないので、あまりタバコのマナーは良くない。


事前の情報では、寒いってことだったけど、思ったほど寒くはない。


運転手さんが丁寧に2階の右奥がLOTのカウンターだと教えてくれた。


国内線でワルシャワ→ブロツワフへ。時間にして1時間のフライト。
国内線なのに手荷物チェックは厳重ですね。ポーランドが他のEU圏と陸続きだからでしょうか?


妹夫婦+孫達と空港内で待ち合わせ。来るまで空港内を散歩。


ジェラートを食べる。


1個120円。


立乗りの三輪車。


これで台車を回収していた。


手続き中。


ショパン空港だけあって、ピアノを弾いている。


みんな揃いました。


この飛行機でブロツワフ迄行きます。


ブロツワフ空港到着。長女が出向かえ。


ブロツワフの宿(Five Star Luxury Hostel)は旧市場市場近く。
ホテルまでは、バスで移動。チケットは、60分用を購入。4.4zlなので140円ぐらい。


バス停からこんな道を15分ぐらい歩く。道は平な箇所はなく、ほぼ石畳なのでスーツケースが押しずらい。


落ち葉を拾って楽しそう。


ホテルの入り口。よく見ないと通り過ぎてしまうような、ドア1枚。
1泊162zl(約5,000円)と、安い。


部屋はいたってシンプル。バスタオルがあるだけ。


さっそく旧市場広場に向け散歩。徒歩5、6分ぐらいで、旧市場広場に着く。
街並みがほんと綺麗でびっくりする。


この花屋さんの広場が、塩の広場。
花屋さん(濃い緑のテント)の広場を右手に、大きなレンガ色の建物。


振り返ると、綺麗な建物が見える。
とってもカラフルな建物で、晴れていないのが残念。


更に進むと、大きな時計台が見えてきた。
クラクフやポズナンと並んで、ポーランドを代表する中世市場のひとつ。
ゴシックとルネサンスの美です。(14世紀から15世紀初期)


時計台を囲むように、綺麗な建物が立ち並ぶ。


しゃぼん玉が絵になる。


代表的な市庁舎の前で記念撮影。


はい、パチリ。


孫達も楽しそう。


場所を変えて。


市内のあちこちにこのような妖精の像があるとのこと。


妖精達を探すのも楽しい。


夕食は、旧市場広場でハンバーガーにした。ナイフが刺さっていて、びっくり。


パンの種類、肉の焼き方を選べる。
このボリューム、いいですね。


ポーランドでは生野菜が食卓に並ぶことは無いようなので、サラダが恋しい。


歩き続いたので喉もカラカラ。


夜間はライトアップされて、これも綺麗。


帰宅途中に花を買うのでしょうか?


人はあまり歩いていない。


車は多い。


ホテル隣のカフェ&バー。
ポーランドは、このようなカフェ&バーがいたる所に見受けられる。


コーヒーは6zl(約180円)で、23%の消費税込みの価格。安い。


ホテルは2階のストリートに向かった部屋。
窓からの眺めも絵になる。


ポーランド紙幣は、10、20、50、100zl紙幣と、コインは1、2、5zlのコイン。
コインの図柄はかっこいい。


◆◆3日目 10/12(木)天気は晴れ。午前中ブロツワフ観光、買い物、午後はバウブジフにレンタカーで移動。
朝食用に、街のコンビニに買い出し。時間は、朝の7時頃。
カエルのコンビニが開いていた。

 
一番取り易いところに、サンドイッチが並ぶ。
ヨーグルトは豊富ですね。


パンは、1個30円です。


こちらは、別のスーパーですが、朝一で大量のパンを補充しているところです。


今朝の朝食はカエルのコンビニで調達。35zl(約1,050円)
飲み物以外は、消費税5%と8%と抑えられています。


今日は快晴になったので、さっそくブロツワフの旧市場市場へ。


景観を揃えているので、ほんと美しい。


着きました。
昨日見た光景と同じなんですが曇り空だったので、やっぱり晴れると最高に建物が映えて綺麗。


しばしご堪能ください。


1


2


3


4


5


6


7


8


9


次に旧市場市場から、聖ヨハネ大聖堂に向かう。


街中は車も多いし、大型のビルも建っています。


でもほとんどが、古い建物で調和されています。


聖ヨハネ大聖堂が見えてきました。


橋の欄干には、多数のカギが掛けられています。何かの縁起担ぎでしょうか。


正面から。15世紀のバロック様式。
礼拝堂は必見の価値があるとのことだが、幼児は入れません。残念。


途中から雨が降りだした。雨も似合う街並みです。


近代的な路面電車も走る。


彼の故郷、Wałbrzych(ヴァウブジフ)に、彼の運転するレンタカーで向かっています。


 
 

忘年会で、東京スカイツリーに行ってきた


忘年会、ただの飲み会じゃつまんないので、東京スカイツリー見学+飲み会とした。


街並みもクリスマスイルミネーションで、この時期はきれい。


チケット売り場もきれい。


最初の展望台は350メートル。高速エレベーターで1分ぐらい。
600メートル/分の表示のエレベーターの掲示板。凄い。


下の展望台です。けっこうな広さ。


十分、楽しめます。夜景のほうがきれいなんじゃないかな。


足元がガラス張りの床。まあ、怖いわ。


更に上に登るエレベーター。天井が抜けていてツリー内部が見える。


上のデッキは450メートル。


結構な勾配があります。何で勾配を付けているのか不明。


450メートルから見ると、別世界。


なんとも言えない空間。


ちょうどこの時期はクリスマスの飾り付けがあって、一番いい時期かも。


 
 

軽井沢、白糸の滝


標高の高い、涼しいところに行くことにした。向かう先は、避暑地、軽井沢。
ここは横川サービスエリア、ここまでちょうど3時間。横浜を出る時は雨だったが、晴れてきた。


ゴミ箱がこれだけあると、どこに何を入れたらいいのか迷う。


三笠ホテルのカレーパン。
最近、この手の車のデリバリー屋さん、目立つよね。どこにでも行ける機動力がいいのかね。


横川と言えば「峠の釜飯」でしょ。
サービスエリアのお店の入り口近くに、間口がほんの1メートルぐらいのスペースのおぎのやさんがあった。
日本最古の駅弁。信越本線横川駅で売れる数より、SAで売れる数のほうが多いでしょうね。


1個1,000円です、お新香付き。朝9時前なので、作りたてでしょうか、まだ暖かいです。
色合いもいいし、味も旨い。


軽井沢駅方面から有料道路(400円)を払って、白糸の滝、到着。
ひっそりとしているだろうと思っていたら、大賑わいです。みんな考えることは同じですね。


駐車場から200メートルぐらいのなだらかな坂道を歩く。
苔むしてきて、いい感じ。


はい、こんな感じで人だかり。


人が写らないように撮影。
なかなかいいんじゃないでしょうか。


やっぱり滝は涼しくていいわ。


 
 

よこはま動物園ズーラシア、年間パスポート購入


よこはま動物園ズーラシアに行ってきた。
車で10分のところにあるんんですが、ズーラシアが出来る前の公園は行ったことありますが、動物園になってからは始めてです。
園内は綺麗に整備されていますね。表示版なんかもいい感じ。

 
先週降った雪が残っていますね。日陰は寒いです。
とはいえ、遊歩道には雪が残っていないので、歩きやすいです。車椅子でも回れるようになっていて、勾配はあまりありません。


急斜面でも段差のないように、うまく計算されて作られています。


ごみBOXなどは、よくあるテーマパークのそれです。


クレープ屋なんかもありますが、ここは外部の業者が入っていますので、車の派手なペイントは景観を損ねますね。


オブジェも凝っています。
基本、自然を生かした動物園なんで、最小限の飾りです。好感が持てます。


休憩所なんかも雰囲気があります。


動物の紹介もしておきましょう。
有名なオカピーですが、ほんの1メートル先にいます。こんな間近に見られるのがズーラシアの特徴です。
これも旭山動物園の影響でしょうね。


<ガラス越しとはいえヒョウは怖いです。小さな子は、どんな風に感じているんでしょうか?
旭山動物園では、おりの真下からヒョウの足の裏を見せているのを思い出しました。


ペンギンも近くで見れます。小さくてかわいいね。
冬はペンギンも過ごしやすい時期なのかな。元気そうです。


ちょうどペンギンへのえさやりの時間で、頭から丸呑みするペンギンでした。


白くまも行ったりきたり。この姿はかわいいです。


カンガルーなど暖かい土地の動物には、日本の冬は酷でしょうね。
日の当たる場所でじっとしているしかありません。


子供達が走れ回るような大きな広場も整備されていて、ズーラシアは他の動物園にない魅力があります。


これは郵便ポストですが、ほっとします。


休憩するベンチも至る所に設置してあります。


ひとつひとつの建造物の作りもディズニーランド風で凝っています。


ここは中央改札近くのお土産屋さんですが、春には木々の緑が綺麗だと思います。


お土産屋にあったジオラマ、なんか欲しくなっちゃいますね。


子供連れが多かったように思いますが、カップルやオジサンにもいいですね。
ちなみに、入場料は800円/大人なんですが、年間パスポートを購入しました。2,000円です。


 
 

Happy Wedding in GUAM

グアムで娘の結婚式に参列。

教会「BLUE ASTER」にて。教会



参列してくれた友達、みんな・みんな、ありがとう!SMILY

これからも遊びに行ってくださいね。


 

ふたり、仲良くやってね!ハート


    ・・・・お父さんより


Blue Aster

Believe in each other
Love that will last forever
Unforgettable moment that made us stronger
Everlasting life together

LOVE & TRUST はーと


 
 

グアムの休日(3)

ホテルは、フィエスタにした。

HISさんに全部お任せパックです。

三ツ星のニッコー、ハイアット、シェラトンにしようかどうか迷ったが、グアムのホテルはほぼ同時期に開業したようで、古さは同じ。

そんなら、海に近いこと、改装したばかりだということで、フィエスタに決定。




で、この写真は、日本に帰る日の朝。カメラ
・・・・グアム滞在中、初めて晴れた。


ホテルのロビーからの眺め。

ほんと、プールをはさんで、すぐ海岸です。


デラックススイートに、サブベットを入れてもらった。

まあまあ広い。

ただ、ベットは日本人向けなのか、標準サイズ。


11階からの眺め。

虹が見えたのはラッキー!


毎日、雨季のように雨が降り、まったりしています。


陽が射すと、強烈な日差しに早代わり。


◆ ◆ ◆ちょっと休憩!スヌーピー

グアムのスーパーは、こんな感じ。

バナナはバラで1本でも買える。こんなところが日本と違うところ。


肉も牛、豚、トリと揃っています。

さすがにスライスしてある肉はびっくりする程でかいね。


牛乳とかジュースは、でかいボトルが置いてある。

この牛乳、1日で飲んじゃうのかしら?


昼は定番のハンバーガー。

レギュラーサイズですが、パンも肉もでかい。味は問題ない。

ハンバーガーショップは、決まってフィリピン系の店員が多い。これって万国共通みたい。


夜はこんな感じで、やっぱり肉がメイン。

飽きずに、毎日、肉・肉・肉です。肉

味も日本人観光客向けなので、悪くありません。パンは逆においしかった。

ホテルでは、日本語で通じちゃいます。


夜食はコンビニで買うビールの小瓶。

ちなみに、日本メーカーのビールや酎ハイも置いてありますが、値段が倍になってます。

ホテルに栓抜きが無かったので、お土産用の栓抜きをゲット。


◆ ◆ ◆ちょっと休憩!スヌーピー

帰路もユナイテッド航空。


グアム国際空港は、静かなローカル空港です。


税関で、100円ライターを没収されたので、空港内で1軒だけ吸えるお店に入る。

店員が居ないのよね〜。大声で呼んでも出て来ない。


グアムに入国する時は、1時間半も並んだが、成田はスイスイ。誰も並んでいない。

荷物を受け取って、さあ、明日から仕事だ!

 
 

グアムの休日(2)

タモン湾のホテルロードは、この赤いトロリーバスが目立つ。

ご丁寧に「赤いシャトルバス」と日本語で書いてある。

レトロで、カッコいい。


当然、アメリカ領土なので右側通行。

赤バスの他に白いバスがあって、10分間隔でホテルロードを回っているので、不自由しない。

ツアーなら、無料のカードをもらえます。HISは、白のトロリーバスに乗れる。


ホテルの前には必ずバス停があります。

観光客は、日本人が8割、中国人が1割、ってとこでしょうか、中国語も目立つ。

ただ、日曜日は最終便が20:30で無くなる。


これは白バスの中、こんな感じ。

レトロを通り越して、クラシックそのもの。エアコンはガンガン効いています。

坂道はのんびり走るし、オートマのギアショックは半端なく、エンジンをうなりながら疾走します。


ナンバープレートには、GUAM U.S.A.って書かれている。

USA本土と異なるのは、州税がないことと、大統領の選挙権がないだけ。あとは、本土と同じルールと法律。

スクールバスは、どこでも停車する。スクールバスが停車中は、他の車も停止しなくてはならず、追い越したりしたら罰金。よいルールです。


パトカー、これもカッコいい。

グアムは、16歳で車の免許を取れるので、車社会そのもの。

車メーカーは、米車と日本車は半々ってところ。独車はほとんど走っていない。ピックアップトラックがやたら多い。

潮風に当る、雨が多いという土地柄で、ボンネットや屋根が焼けた車が多い。


横断歩道はあるが、歩行者はこのボタンを押して信号待ち。

押すと、即、白色に変わる。白色が歩行者専用信号で、残り秒数が表示されるので分かり易い。

交差点でも、歩行者を見ると止まってくれます。怖くて渡れない、なんてことはありません。

グアムは歩く習慣がないとのことで、このボタンは観光客向けってことになります。


自動販売機、これもおしゃれ。

滞在中、一度も自動販売機は使わなかった。


 
 
12>|next>>
pagetop