August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Amazon Fireタブレットを、クラシックミニに設置。本格カーナビとして使えます。


AmazonのFireタブレットに外付けGPS(GNS 2000)とAndroid版Bluetoothアプリで、本格カーナビとして使えるようになったこともあり、今日はクラシックミニに設置するためのカーナビホルダーを作ります。
(参考)GPS非搭載のAmazon Fireタブレットをカーナビとして使う(外付けGPS編)


13ミリ厚のファルカタ集成材をFireに合わせて切ります。そこに桧の9ミリ角を貼り合わせます。
ファルカタ材は柔らかいので、素人日曜大工にはもってこいです。#800のサンドペーパーで磨きますが、木材が柔らかいのでつるつるにはなりません。


真鍮の飾り釘を打つのが私は好きです。見た目もいいし、しっかり固定されるので。
コーナーは丸みを付けておきます。


水性ウレタンニスは、4回塗ります。
2回目と3回目のニスの後、サンドペーパー#600で表面を整えます。


ちょっと、休憩。この時期のももは旨い。


アクリル絵の具でマーキング。・・・ちょっと左に寄った。
まっ、フリーハンドですので。


裏側はこんな感じで、アルミの0.5ミリを切って、木ねじで留めています。
木製ホルダーの完成です。


次はダッシュボード。
シガーソケットから取ったUSBポートを固定し、外付けGPS(GNS 2000)はダッシュボード中央に固定。(写真の左側)
GPSレシーバーの下はステンレスなので、衛星からの電波をしっかり拾ってくれることを期待してます。
もう一方のケーブルはFireタブレット用。Bluetooth接続なのでそんなに電気は食わないと思うから、USBからの給電で十分でしょう。


両面テープで木製ナビホルダーを固定。
超強力とかの両面テープは使いません。剥がす頻度が高いので振動でずれない程度の安い両面テープがいいですね。
ホルダーの塗装は、ミニのパネルの色に合わせたので、違和感なしでいいんじゃないでしょうか。しかし、でかいなあ〜、これ。


GPS信号も受信完了。iPhone 6の小さい画面から、7インチの大画面になったので、こりゃあいいわ。
ちょっと近所を走ってきます。


地図を拡大させてみると、3車線で右端にウインカーを出しているんですが、しっかり追随してますね。
ミサイル攻撃とかされたら、一発で撃墜されそうな精度です。
注意点は、エンジンを切ってもGNS 2000は電源Onのままなので内蔵バッテリーで動いてるってこと。使わない時には電源をOffにする必要がある。これは忘れそうです。


今回のシステム構成です。
VICSはiPhoneの3G回線から取得し、Wi-FiでFireにテザリングしています。

GPS非搭載のKindole Fireタブレット 8Gですが、本だけではなく、映画も音楽も無料、通勤に朝日新聞デジタルも読めるし、休日はGPSカーナビにも使える。最強タブレットですね。amazon


 
 

GPS非搭載のAmazon Fireタブレットをカーナビとして使う(外付けGPS編)


ここで諦めきれないので、外付けGPSを試す。
購入したのは「GNS 2000 GPS GLONASS Receiver」というBluetooth接続のGPSレシーバーをAmazonで購入。定価は129ユーロなのでそこそこの値段です。
名刺より小さいです。えー、こんなんでいいの〜!って感じ。マットな質感も悪くない。
小型軽量、mini-USBケーブル充電、GPSもGLONASSもSBASも日本のQZSS(みちびき)にも対応、iOS/Android対応、12-24V対応。いいことづくめのスペックです。
決め手は、Android端末のSPP(serial port profile)のBluetoothプロトコルに対応していること。


外付けGPSをAndroidタブレットで使う為には、外部GPSをBluetooth接続にて内部GPSに置き換えるというアプリが必要とのこと。
Google Playストアから"Bluetooth GPS"で検索すると、そこそこhitしますね。需要が多いんでしょう。
まずはWeb等で評判の高い「Bluetooth GPS」をインストールしようとしたが、「お使いの端末はこのバージョンに対応していません。」っていうことでインストールすらできなかった。この手のアプリは難しそう。


同様のアプリで「Bluetooth BPS」とアイコンが似ている「Bluetooth GPS Provider(Michael chourdakis)」をダウンロードした。


このアプリは外付けGPSのGNS 2000を認識は出来た。しかしアプリ本体がGPS信号を取得できない。Bluetoothプロトコルが異なるのかどうか不明。
かつ、Fire側のナビアプリ(NAVIelite)への変換も信号を認識できず、失敗。
ダウンロード数、5万件だけど評価3.7は低いのもうなずける。


3度目は同じ名前の「Bluetooth GPS Provider(Mobile-j.de)」をダウンロード。全く同じ名前なのでややこしい。
アイコンは全く違う。赤いアイコンでどういうマークなのか不明だったが、日本人の評価コメントも数多かったので期待したい。


GNS 2000の中央のBluetooth接続のブルーのランプも点灯、3、4分ぐらい経過した後、右端のグリーンのGPS受信ランプも点滅から点灯に替わり、受信完了。
説明書にはCold Start 35Sなのですが、室内だからか仕様通りではないようです。・・・とはいえ何だかよさそうな予感。


Bluetooth GPS Providerの画面では、RPN番号と合せて棒グラフで受信感度を表示している様子。
室内でも4本の濃い青なので、4つの衛星からは確実にキャッチしていると思われる。薄い青の棒を含め4本から6本ぐらいのチャンネルしか拾っていない。
4つの衛星があればGPS測位可能ではあるが、微妙なところ。


外に持ち出してみたらびっくり。RPN番号表示は22衛星分ですが、ほとんど受信したし、電波の強度もにょきにょきって伸びた。
外付けGPSの「GNS 2000」+Android端末に「Bluetooth BPS Provider」の組合せ、これは使える。視覚的に棒グラフなので受信状況が分るのはGood。
GPSはデフォルトでSBAS(Satellite Based Augmentation System)受信となっているらしく、航空機なんかもこれを使うらしい。・・・詳しくないので、何のことやらよく分りませんが、・・・。
ちなみにPRN番号:193が表示されている、ってことは日本の「みちびき」の信号もキャッチしていると思われる。いいね。


あとはナビアプリが認識するかどうかですが、NAVIeliteを立上げると見事に受信出来た。良かった。これで完璧です。手
GNS 2000は3G/LTEの電波が不要なので、スマホのA-GPS測位と違って富士山とか山間部とかに行った時に正確に位置情報がつかめるのがGood。
ただ、VICS渋滞情報はカーナビには必須の要素。これを取得するには、やはりiPhoneがないと使えない。


今回のシステム構成です。
VICSはiPhoneの3G回線から取得し、Wi-FiでFireにテザリング(iPhoneのインターネット共有ON)しています。


 
 

GPS非搭載のAmazon Fireタブレットをカーナビとして使う(GPSデータ転送編)・・・失敗


AmazonのFireタブレット 8G(GPS非搭載のWi-Fiモデル)をカーナビに使いたいと思う人は多いと思う。
そんな訳で、色々と調べてみたので試してみます。
 |録涵霾鵑蓮▲フラインで使えるものをFireに入れる。
 位置情報を得るには、ア)iPhone 6のGPSデータをFireにテザリングする方法か、イ)外付けGPSを使う方法のどちらか。


さっそくFireタブレットに地図情報をインストール。iPhoneでも使っているNAVIeliteのAndroid版を入れる。オフラインでも使える地図です。
今回は、AppストアからではなくGoogle Playストアからインストールなので、新規となり、また400円/月を支払うことになった。まあ、Fireタブレットで使えるなら、APPLEのアカウントは止めてもいいし、とりあえず400円でお試し。


最新地図をmicroSDカードにダウンロードしてみると、3.90GBですね。結構な容量です。本体に入れたらすぐパンクしますね。
そんでもって、NAVIeliteを起動。「GPS機能無効」とエラー表示、当然です、FireタブレットにGPS機能は付いていませんから。


次に、位置情報をどうやって取得するかですが、まずア)の位置情報を転送するアプリを使う方法を試す。
iPhone 6のGPSデータをテザリングするため、iOS版の「TexaGPS」をAppストアから600円を払ってインストール。
Fire側で開発者オプションで仮の位置情報の使用を許可するに変更、Wi-Fiでテザリング(インターネット共有)はうまくいった。
TexaGPSの画面も「正常動作中」となってるので、うまく転送出来ている予感。


・・・しかし、Fireタブレット側の地図NAVIeliteには「GPS機能無効」とエラー表示は消えない、リンクしない模様。
現在対応な地図は「なびすけHD」オンリーの仕様のようです。
テザリングで位置情報を共有する開発用APIが提供されていますが、自分でコーディングしないといけないようだし、そんな技量はない。よって、ア)のテザリング方式は断念。
TexaGPSは600円も払ったが、1日で削除。


 
 

ローバーミニ、iPhoneナビ「NAVIelite」を装着

OLD MINIにはナビは似合わないという固定観念を払拭して、iPhone4にナビアプリをインストールすることにしました。

最初、無料のGoogle Mapsでもいいかな?とも考えましたが、選択条件は、「サクサク動く」、「地図が最新、かつ更新可能」なことで絞り込み。

結果は、ローカルに地図情報をインストールする「NAVIelite」か「navico」の2つが候補。結果、更新頻度が6回/年の「NAVIelite」に決定。

前方視界を遮らないように、中央に設置してみました。いい感じです。


TOYOTAのカーナビでお馴染みのアイシンAWのソフトをiPhone用に移植したものなので、まんまカーナビです。至れり尽くせりです。

発売当時(2011/1)にはピンチ操作に対応していなかったけど、すぐ対応するというアイシンAWの姿勢がいいです。

今回のバージョンアップでVer.1.7.0となり、発売以来始めての全国詳細地図の更新が実施された。(一般地図の更新はVer.1.6.0で更新済み。)これで、一般版も詳細版も最新の2011年05月版になります。提供地図はゼンリンで、一番詳細にすると25mから表示されます。

画面が3.5インチしかないiPhone4ですが、結構くっきり鮮明に映ります。価格は3,800円/年とナビアプリ最高値ですが、ポータブルナビより断然安い。

但しバージョンアップには、相当時間がかかります。まず一般地図データを含めたアプリ部1.81GBをダウンロード。WiFiでもたっぷりDLに2時間掛かり、更に上書きインストールに1時間、それから全国詳細地図(約2GB)のDLに2時間、合計5時間ですね。DLとインストール中は、途中一時停止は出来ますがキャンセルが出来ないので、一度更新ボタンを押したらじっと我慢です。


スピードメーターもDLしてみました。ミニのメーターより、格段に見やすい。

iPhoneアプリは素晴らしいものが多いですが、このHUD(ヘッドアップディスプレイ)のAwesome HUD(無料)は、使えます。GPSの精度も高くなったようで、40km以上の誤差は少ないように見えます。

HUDは試していませんが、ちょっと未来派的な感じだし、デジタル派にはいいです。色も7色から選べるし、自分で設定した速度以上になると、画面全体がブリンクするような警告画面になるので面白いです。


もちろん、iTuneで入れた音楽も流しながらのナビが可能です。

音楽はFMトランスミッターで純正ステレオに飛ばしています。音にこだわりは一切ないので、iPod用オーディオは必要ないですね。シガーライターから電源供給で、iPhoneへの充電もしてくれるので助かります。


ちなみに、iPhone車載ホルダーは、0.5ミリ厚のアルミを切って、iPhoneに合わせて曲げただけです。

右側から差し込むようにしてセットします。今付けているiPhoneの本体カバーがうまい具合に多少の振動でもズレないように密着します。

iPhoneをセットしないとアルミむき出しなので、DYMOで「NAVI」と貼り付けました。

 
 

MioMap 2.0修正プログラム

かねてから不具合だと思っていたチビナビP350のパッチがやっと出ました。他メーカー(迷WAN)は、修正パッチが頻繁に出ているらしいので、Mioもやっと出たか、って思いです。

以下は販売店からの案内のメールの抜粋です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓■MioMap2.0に
┃★MioMap 2.0修正プログラム・ダウンロードのお知らせ★┃■修正プログラム
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛■がリリース!

MioMap Ver.2.0に修正プログラム(2007年1月版)がリリースされました。Mio
Users フォーラムでの公開のみで、一般公開はまだですが、弊社メールマガジ
ン読者様には、先行してご案内させていただきます。

修正プログラム対応内容
● 経路検索エンジンの変更
● 自動車モード時の方向決定パラメータの変更
● 経由地点通過判定方式の変更
● ナビ中の操作でモード変更するよう修正
● SA/PAへの誤誘導修正箇所の追加

対象製品:
Mio 168RS用 MioMap Ver.2.00.xx
Mio P350用 MioMap Ver.2.00.xx
Mio C310用 MioMap Ver.2.00.xx

詳細・ダウンロードは以下のページをご覧ください。
-> http://www.mio-tech.jp/supports/MMpatch21000.html


修正モジュールインストール後のP350 Version 2.10.00jになった

パソコンでダウンロードし、SDカードのルート直下にモジュールを保存、P350のエクスプローラでダブルクリックして、再起動したら、Verが2.10に上がりました。10分程度で反映できた。経由地を通過した場合の不具合と、SAへの案内が直ったとのことで、これで高速も不自由なく使えるね。

 
 

Mio P350のFAQその1

これまで1週間使ってみた使い勝手を記載します。自動車


ダッシュボード右端に付けた例

Q1.Mio Mapで、開始地点や経路地点を変更しようとすると、「移動中は操作できません」ってしゃべるし、何もできない。全く移動していないのに。これって、絶対アプリのバグだと思う。
A1.バグはそのうち、変更版の案内が出ることを期待して、簡単に回避できる方法があった。Mio Map起動時に、「交通規制利用」を選択すればよい。簡単だけど、なかなか分かんないよなあ。

Q2.付属している黒のソフトケースに入れているのに、いつの間にか電源が入っていて、すぐバッテリー切れになる。
A2.「ウィンドウズ」→「設定」→「システムタブ」→「SysInfo」→「オートロックタブ」→「オートロック有効」にすると、とりあえず、変にボタンに触れても、5秒でスリーブ状態になり、電源on状態のままが防げる。

Q3.PMD7で「地図」→「GPS位置取得」→「実行」をタップしても「GPSが初期化されません」が表示され、GPS取得できない。
A3.バグなのかなあ?Mio Mapで出来ているから、現状のままでいっか?!

Q4.Mio Mapで高速を走行中、出口でもSAでも、「およそ何キロで分岐点です」のメッセージが流れる。分岐なの?出る訳じゃないんだけど?
A4.まあ、眠気防止になるし、ひとり旅なら、話し相手になるから、いっか?!

Q5.高速走行中、時々SAに入れ、ってメッセージが流れるけど、さっき休んだばっかりなんだよね。
A5.どういうアルゴリズムか不明。走行距離?経過時刻?大きなSA?全く意味不明です。

 
 

Mio P350の取り付け位置

MINIはカーナビの設置場所に困りますね。今回は右ダッシュ上に設置しましたが、一人での時はいいけど、助手席から見えないって不評です。


運転時の視界に入らず、ここが良かったが・・・・

とりあえず、ここで暫く使ってみましょう。でも、吸盤のステイはいいね、どこでもペタペタ付くし、すぐにはずせる。PDA工房で、2,300円ちょっとで買いました。ドイツ製ってことで、頑丈です。MINI向きです。

 
 

Mio P350使えます

6/28にメーカー発表日に、メールでのお知らせ通り、届きました。さっそく使ってみたので、報告します。

ナビは初めてなんですけど、もう昭文社のマップルなんていらないですね。横浜から三重県の志摩の賢島まで500km走りましたが、完璧でした。まず、現地を設定し、最終目的地の住所から特定した場所を設定し、ルート検索し、音声案内の通りに車を走らせたら、ちゃんと目的地に着きました。


愛車MINIの装着は、フロントガラスに吸盤で装着、視界もバッチリです。

もう、20万円もするHDDナビなんていらない。3.5インチの画面も昼間でもよく見えるし、GPSナビはすごいです。5万円以下で探している方には、120%お薦めします。

 
 

やっと、出荷日が決まった「P350」



「P350」モバイルGPSナビ出荷日のお知らせ        2006年6月23日

2006年6月中旬頃を予定しておりましたGPS搭載Pocket PC MioDigiWalker P350の出荷を2006年6月26日から行います。(販売店への着荷はメーカー出荷6月26日の数日後になります。)

弊社では5月26日に発表したP350出荷に向け最大限の努力をして参りましたが、 工場の生産及び物流上の諸般の事情のため、製品の出荷が遅れております。

既にご予約を頂いているお客様、ご購入を予定されているお客様、並びに販売店の皆様に 多大なご迷惑をお掛けする事態となりました事、深くお詫び申し上げます。

また、弊社としましても既にご成約頂いておられるお客様に関しましては、 できるだけ早くにお手元へ製品をお届けできる様、鋭意努力して参ります。

重ね重ねのお詫びとなりますが、この度のようなことのなきよう努めて参りますので、 引き続き弊社製品をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

     



 
 

Mio P350の納期

本日、PDA工房さんより3回目の出荷時期の案内がありました。"『Mio P350』のお届け時期につきましてのご案内"というsubjectだったので、期待しましたが、案の定、と言うか、やっぱりというか、メールの内容では、「出荷時期未定」という状況は変わりありません。

6月中旬が当初のWebでの発表内容→6月下旬(1回目)→6月最終週(2回目)→来週中頃(3回目メール)とのこと。これって、W杯のチケット販売で潰れた会社に近い(詐欺に近い)ものがありますね。

マイタックジャパンよ、頑張れグッド


こんなイメージで取り付けようと思っています。

 
 
12>|next>>
pagetop