December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

X'masリースを作ろう


12月になったので、X'masリースを作った。


まずは材料探し。近所の公園に松ぼっくりを探しに出かけた。
でも雑木林なので杉ばっかりで松の木は植わっていなかった。


ダイソーでリースの土台のわっかと松ぼっくりを購入。
まつぼっくりは8個で100円だし、きれいに洗ってあるので、まあ良しとしよう。


さっそく紙粘土で飾り物を作ります。
紙粘土は、小学生以来でしょうか、こんなに真っ白じゃなかったような気がする。
それと、こんなにべっちょりしていなかった記憶があるが、間違っているかもしれない。


りんごと丸い実みたいなものを作りたいので、適当な大きさに手でちぎる。


丸い方は、手の平で転がすときれいなまん丸になりました。


りんごの方は、楊枝でへそを作って、5本の線を入れて手で伸ばし、徐々のりんごの形にする。


100円の紙粘土から、りんごが13個、丸い実は19個取れました。
このまま一晩乾燥。ゆっくり乾燥させると表面のひび割れが少ないそうだ。


一晩でかちんかちんに乾燥しました。
アクリル絵の具で、着色します。


最初に黄色を塗る。


そのあと、赤を薄く水で伸ばし、縦に筆を書きます。


へたの部分は、黄色を残して着色。


仕上げは色落ち防止と艶を出すためにメディウムを薄めて塗っておく。


艶が出て、美味しそう。


おしり部分もスター型に切れ目を入れています。


へたは、茶色に着色した水引き。
きりで穴を空けて、ボンドで接着。
(一晩で楊枝では穴が開かないほど乾燥していました。)


りんごはうまく行った。13個完成。


木の実っぽいのは、赤茶色と金色に染めた。


こちらもキリであなを空け、カラー針金をボンドで固定した。


りんごも8個、カラー針金をボンド付け。
残りの5個はおままごと用に取って置こう。


これで自作の飾り付けは、完了。


庭先のアイビーを切ってきたので、これをメインにします。
3週間ぐらいなら、しおれないと思う。


リースと松ぼっくり。最初に松ぼっくりを取り付け。


3、4本を束ねて、根本を#24ぐらいのワイヤーで巻いておく。
#24だとちょっと太いかな。#28ぐらいの細い方が、やり易い。


リースにアイビーをぐるっと巻いていきます。


りんごと赤と黄の実もテープでまとめておく。


はい、こんな感じで飾り付けが完了。


38ミリの赤いリボンをフレンチボー結びにする。


リボンをリースに付けると、一気に華やかになるね。


さっそく玄関に取り付け。
茶色のドアに緑と赤は、すごく映える。


やっぱりX'masにはリースが似合う。
殺風景な玄関が華やかになって、いいわ。


アップで1枚。


 
 

プロジェクターでホームシアターを楽しむ


同窓会のビデオ映写用に調達したELEPHAS プロジェクター(LED 3500lm 1080PフルHD対応)。
とりあえず壁に映してみる。


でもねえ、やっぱりこれじゃあ雰囲気が出ない。


照明を落とすと、映りは悪くない。
大型スクリーンを付けることにしよう。

以下が、プロジェクターとアンプ/スピーカーとの接続図。



Amazon Fire TV Stickを付けてPrime Videoを見る。
音声は、プロジェクターのイヤホン端子にJPRiDE社のAAC APT-X LL対応のBluetoothトランスミッターを接続。


受信側は、ONKYOのCR-N765のLINE1に、August Bluetooth 4.2 ワイヤレスオーディオレシーバー apt-X LL対応 受信機 MR230B をRCAコードで接続。
これで音声は、Bluetoothでフロントスピーカー(YAMAHA NS-BP200)に繋がる。


プロジェクターの設置は、スクリーンとほぼ同じ高さにする。
このELEPHASのプロジェクターは、角度を付けて台形補正をすると、上下がピンとが合わないようです。
よって、三脚(Eienn 三脚 一脚可変式 2段・4段 3Way雲台)にサンコー カメラ三脚用ノートPCデスク CLHCMAL2 を付けて乗せた。


プロジェクターのレンズがスクリーン中心になるよう、さかさまに取り付け。


プロジェクターの高さは、110cmぐらいで水平になるようにしています。


スクリーンは、ニトリの遮光ロールカーテン(180cm)の裏面(白い面)を天井から吊り下げ。


さっそく広瀬すずの「チアダン」、有村架純の「ビリギャル」とドリーム映画を試写してみた。
大きなスクリーンで見ると迫力が違う。音もフロントから聞こえるので、まるで映画館。
これは当分、Prime Videoにまりそうです。


 
 

もうすぐ完成


2018年4月の土地の写真。ここに10軒ほどの家が建ちます。


年内の引き渡しに向けた作業が旧ピッチで進められていました。
もうすぐ完成です。楽しみです。


しかし、隣りとの境界まで迫って建っていますね。仕方ないか。


 
 

階段の床鳴り対策


階段を登り降りすると、ギシギシというか、ギーギーというか床鳴りがする。
潤滑油みたいな「床鳴り止まるんです」を施工してみる。


あーら不思議。
床鳴りが止まった。さて、いつまで効果が続くか、楽しみです。


 
 

壁紙を張り替えた


今回購入したのは、シンプルな織物調の生のリ付き壁紙 シンコール SLP-300、30m(7,344円)。
30mで一般的は六畳が施工できます。これを240cmにカットします。


40年間張り替えていなかったので、ご覧のようなありさま。


張り替え前2。ひどいです。
おかげで古い壁紙は簡単に剥がせました。


張り替え後。バッチリです。


白い壁紙に、内窓の茶色の枠が映えます。


 
 

先日の同窓会の挨拶状や、DVDが完成しました。


同窓会の写真や動画を編集し、DVD-Rに焼きました。
DVDは太陽誘電をずっと使っていましたが、もう販売していないようなので、マクセル製でコピー。
50枚以上焼いて、書き込みエラーは無かったので、今後はマクセルを使います。


挨拶状や会計報告、名簿もコピーして、製本。
コピー用紙は、裏表に印刷するので、厚みが0.1mm以上のものを購入。
白色は、エイピーピー・ジャパンのB5高品質マルチ用紙、紙厚0.106mm。
色紙は、長門屋商店の色上質紙 厚口 若草 B5、紙厚0.1mmです。


集合写真も出来上がってきました。
写真の下段に題名、日付けを入れる帯を付け、カメラのキタムラにWeb注文。
2Lサイズは、127×178mm。


これらを封筒に入れます。
封筒への差し込み印刷では、ジャムが多発したが、封筒を手で揉んで給紙され易くすることで解決。
封筒は洋特1号封筒で、サイズは138×198mm。これは、B5サイズを半分にすると丁度良い大きさです。
かつ、2Lサイズの写真もDVDもほぼぴったり収まる大きさ。


全部入れて、のり付け。
写真は乾かしているところ。


1枚当たり100gに収まっているかどうか?
10枚で520g、1枚当たり52gです。100g迄なら、1通140円です。
100gを超えると倍ぐらいの切手代がかかるから、収まって良かった。


発送準備完了。
あとは、郵便局にもっていくだけです。


 
 

冬の花に植え替え。ビオラとゼラニューム。


すっかり朝は冷え込んできたので、玄関前の花の植え替え。
まずは、冬の花の定番、ビオラを箱買い。


玄関先が明るくなった。


緑に映えます。


もうひとつは、ゼラニューム。
冬の花では無いが、富士スーパーの花屋さんに並んでいたので9ポット買ってきた。


冬場は日が当たらないが、大きく育って欲しいな。


 
 

中学の同窓会


恩師の先生方も5名招いての中学校の同窓会、地元土浦でやってきた。
何度も同窓会をやれる学年が一番の宝、との話しはうなずけた。次回もやります!


 
 

フローリング張り替え


カバの天然木化粧フローリング、4ケース。
呼吸する床材、ということなので使ってみます。


ボンドとフロアー釘、ポンチなど。


クッションフロアが貼られている台所。
クッションフロアシートの上に直接貼っていきます。


流し台の出っ張りもうまく切り抜いて施工。


順調に貼っていきます。


サイズを切り出し、ボンドをつけて、貼って、位置を合わせて、フロアー釘で留める、の繰り返し。


全部貼り終えたのは、18時頃。朝から、丸一日かかったけど、すっごく綺麗になった。
素足で歩くと、その肌触りが自然でいいです。


 
 

柿と新米


田舎に帰った。この時期は柿だね。


ガブッていってます。


今年も美味しい新米を貰ってきました。


 
 
12345>|next>>
pagetop