October 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

KYMCO AGILITY 125 クラッチジャダー、解決しました


私の青アジ(キムコ アジリティー125)ですが、12年を経過し最近クラッチジャダーが酷く、どんなにゆっくりアクセルを回してもガ、ガ、ガーッって乗っていて怖いくらい。
何処かに異常がみられるので、とりあえずクランクケースを開けて確認します。


ところがクランクケース、プラスチックハンマーでガンガン叩いてみても開く気配がありません。
ガスケットが固着しているだけなら叩けば外れるはずなので、おかしいなあ〜?
キックペダルを踏みこむと、あらら不思議、パカッって感じでクランクケースカバーが外れました。


走行9,400kmですが、これまでクラッチはばらしたことがありません。Webでググると、ほぼクラッチ周りが原因のようです。
しかし、このボルトが固くて回せない。Y型のユニバーサルホルダーの掛かりが浅く、力を入れるとポロッと外れやすいんだよね〜。
試行錯誤しながら、なんとかボルトは外れました。


クラッチアウターの内側です。真っ黒です。グリスにゴミとかシューやベルトの削れたカスとかが固着しているようです。
クラッチシューとの接地面も荒れているし、汚れが酷いです。まっ、これが原因でしょうね。


クラッチシューも、当然ながら3枚共真っ黒に汚れています。



クリーナーを吹きかけ、紙ウエスで拭き取っていますが、なかなか取れません。
これは12年間に溜まった垢ですから、頑固です。何度もクリーナーを吹きかけ、落としました。
最後に耐水ペーパー#600→#1200で表面を平らにしておきました。


クラッチシューはあまり減っていないので、#600で汚れ落とし後、#1200で仕上げ磨き。


さて、ウエイトローラーもチェックします。
こちらのボルトは前回外していることもあって、すんなり外れました。


整備手帳によると、2011年1月にウエイトローラーは標準より1g重い14gを6個(84g)付けています。
距離を乗っていないこともあってか、片減りもなく、このまま使います。


ベルトも使えそう。


最後にキック回り。記憶にある限り、10年以上は使っていないので、錆びついてる。


旧ミニで使っていたワコーズのハイマルチグリースを塗っておきます。


軸にはたっぷり塗っておきます。このグリスは硬いので垂れる心配は無いと思います。


仮組みでクラッチタイミングのチェック。問題無さそう。
ただ、ガスケット(紙製)は劣化が酷く再利用できなかったので、今回はガスケット無しでクランクケースを付けました。
アジリティのクランクケースは気密性が高くないし、雨の日には乗らないし、ガスケットを付けない影響は無いでしょう。


近所を試運転してきました。
これまでのスタート時のガク、ガクは全く無し。やったね!ずっと走り出しのガクガクショックに慣れてしまったので、あまりにもスムーズに繋がり、驚きを隠せません。
直接の原因はクラッチシューとクラッチアウター内側の繋がる面の汚れだった訳です。原因が判明してほんと良かった。
キックペダルでもエンジン始動できたし、やっぱり定期的な点検は必須ですね。


 
 

ThinkPad E440 HDDからSSDに置換、効果は絶大


2014年12月に購入したThinkPad E440です。Intel Core i3-4100M 2.50GHz。
メモリは16GBにしましたが、HDDは5,400rpmです。これがネックとなり立上りが10分近くかかることもありイライラしていました。
今回購入したSSDは、「Samsung 860 EVO 500GB」(7,990円)。クローンソフトのSamsung Data Migrationが利用出来るのが購入理由としては大きかった。

【クローン手順】
.ローンソフトData Migrationのインストール。
USB接続のHDDケースに今回購入したサムソンSSDをセット。
SSDディスクの初期化(MBR指定で初期化)
ぅ如璽燭離灰圈次淵ローンソフトで実行):DISC使用量は200GBでしたが、約40分でコピー完了。
PCのHDDを取外し、コピー後のSSDをセット。
PC起動し、アカウント(Windows、Microsoft)の確認。

以下は、HDDの交換作業です。

HDDはWestern Digitalのものが付いていました。なんせ、5,400rpmだ耐えられない。


HDDの保護ケース(ステンレスの枠)は再利用したいので、4本のネジを外します。


左の保護ケースだけ使います。


ケースにSamsung 860 EVOをセット。サムソンの方がカッコいいわ。
7ミリ厚のケースにすんなり格納出来た。互換あって良かった。


PC本体に取り付け、完了。


ディスクのベンチマック結果です。
シーケンシャルRead/Writeともに、大幅アップ。860 EVOのカタログ値よりも良い結果になった。
Windowsの起動は、ほんの4、5秒で立ち上がり、ディスクのI/O待ちもほとんど無くなり、すぐに使用できるようになった。重いアプリもサクサクです。

Core i3-4100M 2.50GHzの古いPCでも、こんなにSSDの効果が出るなんて考えてもいなかったので、びっくりです。
買換えも検討したが、安くても6、7万ぐらいすると思うと、今回のSDDと外付けケースで1万円以下で、性能が大幅向上したので、正解でした。


 
 

竹のキャンドルランタンに和紙を貼る


竹のキャンドルランタンに楮(こうぞ)100%の和紙を貼ってみた。
昔、地球儀を作った時のことを思い出し、真ん中を膨らませた柵状の和紙を、霧吹きで水を含ませ、縦に貼っていく。
球に和紙を貼るのは難しい〜!


最後の1枚。隙間なく貼れて良かった。


四角のあんどんも作ってみた。
骨の上に和紙を包むように貼っています。


外側に竹皮を貼って、竹を意識した行灯です。


こんな感じ。なかなか良さげです。


LEDろうそくを点灯。球の骨が浮かびあがりました。
やっぱ、和紙の効果は大きい。いい雰囲気になったかな。


 
 

竹のキャンドルホルダー


竹のキャンドルホルダーを作ります。
竹ひごは、巾5〜6ミリ、厚さ0.6ミリ、長さ840ミリ。


節を生かしたものを作る。


輪弧網み4すくい。
ここまでやってみて、大き過ぎることが判明。ドッチボールくらいのサイズになりそう。


節は使わず、半分の400ミリ程度にカット。


再度、輪弧網み。


なかなかイメージは良さそう。


しかし、巾が5ミリ×厚みが0.6ミリだと、マリの形にするのが大変。・・・・失敗です。


巾を4ミリ×厚み0.5ミリ×長さ400ミリで再作成。やっぱり細いほうが編みやすい。
網み終わりの始末をどうするか、適当にやってみたけど、初作品にしてはGood。


大きさ比較のため、ランタンと並べてみた。


中にLEDロウソクを入れた。
和紙を貼ったら、雰囲気が出るかも?


 
 

ダイソー紙粘土で植物園を作った


先週から引き続き、ダイソー紙粘土で工作。
小学一年生でも、一日中、集中してやっています。


先週は花びらまで完成していたので、今日は葉っぱを付けるところから。


これは植木鉢。2時間ぐらいで固まったところで、半分に切って植え込みます。


ゲートは開くようにってことで、牛乳パックで扉を作った。
門の横には、郵便ポスト。


庭のポーテュラカを見本に花びらは5枚。花粉も付けた。


池にはヨットと魚を泳がせた。


プランターは、花を挿せるようにしたので、何本でも挿せる。
2日間かけて完成。


 
 

竹ひご作り再開


竹ひご作り、再開です。長さは840ミリあります。これから巾5ミリ、厚みは0.5〜0.6ミリにする予定。
巾5〜7ミリ程度に割ったものを均一に揃えていきます。結構、竹の扱いにも慣れてきました。


厚みを0.8ミリ程度に削いでいきます。端をナタで切れ込みを入れます。


切れ込みを手で削いでいきます。
最初はナタでやっていましたが、手でやるほうが力加減が分かるので、皮の厚みが均一になります。職人には10年早いですね。


何本作ったらいいかも分からないので、本数は適当に作っています。


作業性向上のため、こんな治具を作ってみました。カンナの替え刃を万力で押さえてるだけです。
これはこれで良いのですが、でもなかなか均一の厚さにはなってくれないですね。


やっぱり前掛けの上でナタで削いで行くのが素人にはベストかな。
しかし、0.8ミリから0.5〜0.6ミリにするのは1本あたり何十回も繰り返さないといけない。無茶苦茶手間がかかります。


これで、0.6ミリです。1本作るのに10分かかっちゃう。それに、節の部分はだいぶ厚い。
節は難関ですね。


平たけひご作り、とりあえず完了。
右端が、完成品。竹皮は5×0.5ミリ。中央は竹身の部分で5×1.5ミリぐらい?
一番左は捨てるしかないかな?


とりあえず、これで何かを編んでみます。


 
 

竹の小物は、鉛筆立てとコースター


まずは鉛筆立て。
ケヤキの端材とコルクで底部を作る。樽状の鉛筆立てになります。


長さ88ミリにカットした竹ひごをボンドで貼り合わせていきます。
底はまだボンド付けしていません。仮押さえしてます。


最後の3本。ここまで来るのにだいぶ掛かった。
節があるところは直線じゃないので、都度小刀で削って合わせています。


底をボンド付け、上部は段ボールを丸く切って3枚貼り合わせて内側に入れて、回りを輪ゴムで固定。
これでしっかり貼り合わさると思う。


最後に竹皮をぐるっと回した。
皮は最初と最後は、瞬間接着剤(ロックタイト)で接着。この竹皮はデザイン的にもGood!


上から見るとこんな感じになります。


いいんじゃないでしょうか?まず、持ってる人は居ないでしょうね。


続いて、竹のコースターと羊羹とかを切る時に使うナイフ。


竹のコースターだと夏の麦茶が似合いそうですね。いい感じです。


 
 

青竹で蕎麦用の「竹ス」を作った


先週は、巾を4、5ミリ程度に竹割りしたところで終了。
今日は、これを使って蕎麦用の「竹ス」を作ってみたいと思います。
まずは、皮を2ミリぐらいに削いでいきます。


なかなか均等にはいきません。


厚みを均等になるように、ナタの刃を直角に立て、竹を引いて慣らしていきます。
昔の前掛けがここで活躍します。(捨てずに取っておいて良かった。)


これで巾4ミリです。


とりあえず、巾4ミリ、厚さ2ミリの竹ひごが完成。


これを6.5寸の井桁そば皿に合わせて、176ミリにカット。


1本1本は、こんな感じに削っています。


とにかく手間がかかります。


両端は、ちょっと太めの10ミリぐらいのを用意。
節もあったほうが雰囲気出ると思って、節付きも使った。


太さ1ミリのタコ糸で編んでいきます。


2枚、完成。


裏も表と同じです。


以前作ったそば皿にセットしてみた。計算通り、ぴったり合い、いい感じです。
今回、青竹から作ってみましたが、竹スは思った以上に手間が掛かって、職人の苦労がよく分かった。


 
 

青竹割り


"サルタバレー竹林セラピー塾”さんより分けて頂いた青竹で、竹ひごを作ります。
わざわざ切って送ってくれました。青くて水々しいです。


結構太いです。


竹は、上下の上側からナタを入れると良く切れる(割れる)とのことです。
節のところ、竹の皮がめくれた部分が下のようです。


まずは、半分にしてまた半分に割りました。


ここまではスイカを切るように、パシッパシって感じで、スムーズに割れます。


さらに半分に割ります。これで、8等分になった。


さらに、半分に。16等分。


ナタで割っていきますが、端っこは中央に切れ目を入れていきます。
切れ目を入れたら、あとは手で割いていきます。左右均等になるように力を入れて割るのがこつ。


しかし、節のところが硬い。手では無理なので、ナタを使う。ここで腕の無さが暴露です。
左右のどちらかに力が入り、均等に割るのが難しい。力が掛かったほうが薄く割れて行くのが経験で分かりました。


均等に割ったつもりでも、最後は薄くなってしまったのが20%ぐらい出ました(右側)。
まあ、何かに使えるので捨てずに取っておきます。
とりあえず、幅が10ミリ程度に割りました。今週はここまでで一旦終了。


 
 

夏の清里


熱中症警戒アラートが出されているので、首都圏を避け、清里高原に行ってきた。
お決まりの清泉寮。


ソフトクリームは、400円。


清泉寮前の広場、高原はいいね。


吐竜(どりゅう)の滝にも初めて行ってきた。
駐車場は、15台程度しかないので、こんな路肩に止めるしかなかった。


滝までは10分もかからないが、歩道はほぼ自然のまま。
ここはちゃんとした靴が必要。


昔の路線?


ここが、吐竜(どりゅう)の滝。
超、水が冷たい。気持ちいいわ。


 
 
12345>|next>>
pagetop