May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

久しぶりに蕎麦を打った


大晦日以来の蕎麦打ち。常陸秋そばです。


やっぱり旨い。


 
 

網戸の張り替え


穴の開いた網戸を張り替えます。


はい、綺麗になりました。


 
 

庭で焼き鳥


GW前半は庭でのんびり焼き鳥です。


焼きながら、昼から飲めるのが最高。


鳥はみーちゃんが、串に刺してくれました。


ねぎまはネギが甘くて美味しい。アスパラやプチトマトのベーコン巻きもいいね。


しめは焼きおにぎり。


ちょうどサクランボも赤くなった。またやろうね。


 
 

旧ミニ、オイル交換


暖かくなってきたので、夏用オイルに交換。
コスモのハイメリットから、今回はシェブロン Supreme 20W-50にしてみた。
鉱物油はこれしかないかな。


久々の交換で真っ黒。うわーって感じ。


フィルターも交換したので、5.5リットル入れます。


オイル交換後は、ギアの入りが全く違うんですよね。
夏場はこれでいきます。


 
 

住宅展示場でふれあい動物イベント


住宅展示場でふれあい動物イベントをやっていたので、孫を連れて行ってみた。


今日は暖かいので、やぎさんものんびりしています。


白ブタさんもいます。


ちょうどスタッフの昼休み時間で、午後の開園まで45分。
アイフルホームさん家で休憩を取らせてもらっています。


広い家はいいね。のびのび成長するよね。


うさぎの背中をなでなでしてスキンシップ。


モルモットに餌をあげることもできます。


うさぎって結構大きい。かごからぴょんと出てしまう。


ポニーにも乗せてくれます。


トコ・トコ・トコ。


一周してきた。


しっかりつかまっています。


最後に記念写真。


 
 

モデルルーム2軒目は、アイフルホーム


今日は木造のアイフルホーム。大手より坪単価は安いと思われる。

 
内装や建具はどこも同じようなので、今日は子供が遊ぶ道具に焦点を当ててみた。

 
子供を夢中にさせる何かがあるんでしょうね。楽しそうに遊んでます。

 
こんなんだったら作れるなあ、と思いながら写真を撮っておきます。


工夫されている間取りです。


これは屋根裏部屋。140センチ以下なら2階建てということで建てられるとのこと。
子供は立って歩けるが、大人はかがまないと歩けない。
これは絶対欲しい。


 
 

旧ミニ、オイルの継ぎ足し


暖かくなったのか、どうもエンジンから変な音がする気がする。


なんとエンジンオイルが全く入っていない。やばかった〜!
ずいぶん交換していないし、正月には帰省や富士山など酷使した結果ですね。


オイルはいつものディーゼルオイル、コスモハイメリットCE 15W-40をいれます。
ペール缶に5Lは入ってなさそう。


とりあえず、今回はオイルを継ぎ足しました。


冷却水、こっちも全く空です。
冬なのでオーバーヒートしなかっただけでも幸運でした。


LLCはごくごく音を立てて入りました。1L以上入った。


やっぱりメンテは欠かせない。


 
 


昨日の嵐しが去って、快晴になり、庭先の梅の花も満開。
KODAKブルーの空に映えます。(カメラは、DC4800)


 
 

住宅展示場に初めて行ってみた


ひょんなことから、二世帯住宅もいいんじゃない?って話しになって、近所の住宅展示場に行ってみた。
モデルハウスは大きな家が一杯だね。
こんな家を見ちゃうと、現実感が沸かないんじゃないかな?と思うけどどうなんだろ。


モデルハウス・デビューは、展示場の中でも一番手前にあったヘーベルハウスに入ってみた。
和室もいいね。


親目線で言うと、台所から居間が見えるような作りがいいのかね?


お風呂の脱衣所にあるバスタオルを掛けてある温水パイプ。
これポーランドにもあった。部屋も暖めるしいいね。


子供部屋も将来欲しいところ。


大きなダイニングテーブルなら、家族6人でも狭くない。


中庭を作るなんてのもいい。


二階屋上には、バーベキュー出来るスペースも欲しいな。


ヘーベルハウスは、像が乗っても平気な頑丈な鉄筋構造が売りです。
その分、坪単価も高いようです。
これから、他のハウスメーカーにも足を運んでみることにする。


 
 

スズキの新型SUV、クロスビーを試乗


全長3,990ミリのホンダ フィットが自宅車庫に入らないことが判明したので、それより小さな車を探す。
Aセグ(全長3.8m未満)に分類される車しか、選択肢は無い!、ってことだね。


(トヨタ タンク。写真は、TOYOTAのHPより。)
Aセグの小型車では、トヨタ ルーミー/タンクもワゴンタイプで5名乗り。
最近は街中でも良く見かけますね。でもWeb等の試乗記では、あまり良いことが書かれていない。
車重が重いのはネックです。顔つきが好きじゃないので、選択肢から外れます。


(旧型BMW MINI。写真は、R56アクセサリーカタログより。)
現行の1つ前のBMW MINI 3ドア(R56)もまだ、候補としては健在。
全長×全幅×全高が3,700×1,685×1,430弌2007年2月から2014年3月まで販売なので、新しめの中古車もありかな。


最後に残ったのがTOKIOのCMでお馴染みの、両側スライドドアで、広々5人乗りのスズキのソリオ(1.2L)と、・・・
(写真は、スズキのCMより。)


昨年末に発売したばかりの軽のハスラーに似た印象のクロスビー(1Lターボ)の2車種。
(写真は、スズキ HPより。)


タイミング良く、今週末の3連休は県内のスズキグループ各社の大決算祭の広告が入っていた。
スズキの車は初めてだが、とりあえず実車を見てみようか?、ってことになった。


近くのスズキの販売店に試乗に行ってきました。
出迎えてくれたのが、真っ赤なクロスビー。まん丸のヘッドライトが可愛い。
最近の車は、ほとんどのメーカーが昆虫の目のような吊り目になって、全く個性が無くなってきているので、逆に斬新。
まっ、ひと目惚れって感じ。


さっそく試乗車に乗ることにしました。
試乗車はオレンジ色のHYBRID MXのFFモデル(スズキ セーフティ サポートパッケージ付き)。
昨今の車はみんなハイブリッド機能と安全装備を付けないと売れない。ご時世ですからね。
このクロスビーは、昨年末の発売で、確かに軽のハスラーを大きくしたような感じにも見える。


スズキではコンパクト・クロスオーバー・ワゴンと呼んでいるようです。
見方によっては、BMW MINIのクロスオーバーをぎゅぎゅっと圧縮したようにも見えなくは無いかな。


(NEW MINI CROSSOVER。写真は、MINI JapanのHPより。)
MINIのクロスオーバーは、洗練されてますね。しかし、4,315mmなのでもはやMINIじゃないですね。


全長3.8mを切ったコンパクトなSUVってカテゴリーは、このスズキのクロスビーしかないです。
3,760mm(全長)×1,670mm(全幅)×1,705mm(全高)です。


0kmが真下のスピードメーター。
スポーツ心をかきたてるというか、それはそれで良いでしょうが、40〜60kmの常用域では見ずらいと思われます。
私の個人的な意見として、高速で100km出てるか出てないかはちょくちょく見るので、100kmが中央なのが一番いいですかね。


はい、こちらは自宅駐車場にやってきました。
後ろはギリギリまで付けても、リアハッチは開きました。
途中、警告ブザーがピピピピって鳴きます。うーん、良いのか悪いのか?!


左サイド側です。余裕は無いまでもなんとか収まった。良かった。


まっ、これなら問題ないでしょ。


サイドミラーもきっちり畳めるので、OK。


右側はぴったりで、余裕なし。でも4枚のドアは無理なく開けられる。


これは、初代BMW MINI ONEです。(2006年納車時の撮影)
全幅は1,690ミリなので、クロスビーより20ミリ幅広なんですが、余裕で収まってる。


販売店に戻り、一服。
ここから眺める赤いクロスビーが、いいですね。
ほんと、ミニっぽく見える。


このクロスビーのミニカーも可愛いわ。


以下、試乗した感想。
1,000ccターボと6ATの組合せで、アイドリングストップからの走り出し時のショックの無さ、および6ATの1速から2速、3速迄の加速感は、滑らかな上に静かで予想以上。
ホンダ フリード、フィットよりスムーズに感じる。
1Lターボで、エンジンが頑張ってる感が無いです。


バリバリ走るぞ、という車では無いので、柔らか目に作られた運転席シートと、程よいサイドのサポートシート、大径タイヤと長めのサスのおかげで、長距離でも疲労感は少なそう。


フロントガラスが垂直に立っていること、Aピラーが細いので視界が広い、なんといってもボンネット先端が見えるのは運転しやすい。


どことなくミニっぽいし、大人5人が余裕で乗れる。
マイルドハイブリッドで幾分燃費も稼げる。


(現行(3代目)MINI 3 Door。写真は、MINI JapanのHPより。)
ずっとMINIを乗ってきたこともあり、これからも乗り続けていきたかったのですが、なんせMINIの3ドアは4人乗り。
現行車では5ドアも出てるし、クラブマンもありですが、全幅が大きく(1,725mm)なって3ナンバーサイズ。
駐車場には入らない。やむなく候補から外れました。


セールスガールに無理を言って2回目の試乗をし、3.8mを切るボディサイズ・5人乗りで高速も余裕をもって走れる、という購入条件をクリア。
私的には丸目でミニっぽいスタイリング(外観の見た目は重要です)とターボの加速フィーリングが一致したので、即日、契約しました。


参考までにもう一度、同じ角度からのBMW MINIを載せておきます。


こちらは、ローバー ミニ。
良い車だった。


 
 
12345>|next>>
pagetop