March 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

木の工作シリーズ ロボット用の丸太風イスを作った


先週作った木のロボットですが、ただ立っているのも寂しいので、イスを作ります。
丸太小屋にある木の素朴なイスをイメージ。


斜めに足を差します。
ちなみにこの足は板を4本に切って、丸太のように四面を削ったので、手間がかかっています。


丸太ではないですが、桧のイスの完成。


屋外で撮影してみた。なかなかいいね。


 
 

木の工作シリーズ 関節が動くロボット


木のおもちゃを検索していたら、soopsoriの木のロボットが面白そう。
自分で動かすことで脳の発達する知的玩具、これを作ります。
ボディは米ヒバ集成材、30mmφ。まるでこけし作りのようですね。これでロボット2体分です。


これは胴体の手の可動部。のこぎりで2本の切れ目を入れます。


切れ目の内側を斜めにのこぎりを入れて、くり抜きました。


手足の可動部は全て、この切れ目を入れています。
結構な本数がるので、手間がかかります。


左が手の先の部分でウォールナット、足は黒檀にしてみました。
使い込むほどに味が出ることでしょう。


髪の毛を結ぶリボンゴムで接続します。


ボディには頭と手を組み、足はこんな感じ組みます。


まだ固定していませんが、仮組み。身長は160センチぐらいです。
なんか想定以上にかっこいい。


ポーズを取ってみました。いいですね。
でもちょっと頭が寂しいかな?


頭と胴体と足、タボで繋ぎます。
ゴム紐が伸びたときに取り換えられるようにしています。


3連休を使って、木のロボットが完成しました。


ベンチに腰掛け。色々な関節を動かしてポーズを取れるので、いい遊び道具になればいいなあ。


ちょっと散歩。外で遊ぶのもいいかも。


花見もしてみた。


最後に蜜蝋クリームを塗っておきます。


いいテカリです。これが10年とか経つとどんな色に変わるかも楽しみです。


 
 

木の工作シリーズ 情景小物(家や木)を作る


犬だけだと寂しいので、情景小物を作ってみた。
欧州にあるような三角屋根の家、教会、そして針葉樹に広葉樹。


サイズ感がまったく違うけど、これでも随分と街らしくなってきたかな。


 
 

木の工作シリーズ 森の動物たち


今週は森の動物たちを作ります。
孫がひつじが好きだというので、ひつじも仲間入り。


磨くといい感じです。


簡単に出来ちゃうので、桧の板を追加で買ってきて、動物たちもどんどん作ります。


ちょっと細かい所は紙やすりが入らないので、結構ケバケバしてる。


アクリル絵の具で眼を入れます。


ぽちっとだけ入れると可愛らしくなる。


うさぎは赤い眼に。


ワニは大きい眼にした。


はい、完成。一日で10匹は出来そうです。
うーん、背景に木とか地面とかが無いと、ちょっと寂しいな。何か考えよう。


木と岩を於いたら、少し良くなった。


 
 

木の工作シリーズ まずは犬を作る(完成)


幼児が使うことを考え、色は付けずに無垢のままにした。
#160→#200→#400で仕上げ、つるつるになった。木目も出てきてなかなかGood。
のっぺらなので、アクリル絵の具で眼を入れたら、犬っぽくなった。


こっちは親子。


ダックスには耳を付けた。


 
 

サクランボの花、満開です。


庭のサクランボの花、満開です。
梅がまだ残っているのに、咲き出しました。


なかな綺麗です。


つぼみもいい色。


 
 

木の工作シリーズ まずは犬を作る


もうすぐ2歳になる孫(男の子)が大好きだ、というワンちゃんを作ります。
材料は、12ミリ厚の桧材。


ざっくり糸鋸で枠を切る。
手のこなので、結構な時間がかかります。刃が大きいのでカーブを切るのが大変。


あとは木工ヤスリでしこしこ削っていきます。
まあまあ犬に見えてきたかな?


まだ仕上げていないけど、木の台に乗せたら、かっこいいかも?!
桧の香りがいいので、色を塗るかどうか思案中。


 
 

自転車のハンドルテープ、ワイヤー取替え


だいぶ春の陽気になってきたので、自転車にでも乗ろうと思ったんですが、・・・。
このハンドルテープ、ぼろぼろ!


シフトアウターケーブルもぼろぼろ!


こっちもだー!
整備手帳によると、2014年に施行しているので、6年ですね。まあ、屋根なしの所に駐輪してるので紫外線劣化は仕方ないところです。


ハンドルポストのネジもさびさびでーす。


ということで、ハンドルのバーテープ、ブレーキケーブル、シフトケーブルを交換します。
インナーケーブルはシマノ(SUS シフトインナーケーブル 1.2x2100mm、SUS MTBブレーキ インナーケーブル 1.6x2050mm)、赤のアウターケーブルは発色が良かったので、以前と同じGRUNGEにしました。
GRUNGEは退色しないので、今回もこれにします。


サビが出ているところはCRC-556とワイヤーブラシでごしごし磨きました。


ハンドルヘッドのネジも少しだけ光ったかな?
CATEYEのサイクルメーターは、まだ使えます。前照灯も使えます。CATEYEはいいですね。


シフトチェンジの設定は難しい。
6段変速機なんですがリアのギアは後付けで7段のものを使っているこのもあり、何度かやってうまくいった。


バーテープはハンドル長が短いので、重ね幅を小さくして、しっかり巻けた。


バーテープ、ケーブル類は、これまで通り赤で揃えた。赤がなんか好きですね。
次回は青にでもしようか、とも思う。


最後に洗車して、WAX掛け、タイヤもWAXを掛けて、完了!
丸一日かかりました。


一日で整備できて良かった。
明日も休みなので、さっそくサイクリングしまーす!


 
 

電子キーボードカバーを作った


私のピアノはYAMAHAのNP-12Bです。
娘が使っていたクラビノーバがありましたが場所を取っていたので、61鍵盤の小さな電子キーボードを「大人のピアノ」練習用に、昨年のクリスマスに自分へプレゼントしました。
リビングの低いテーブルで使用しています。ただ、鍵盤に蓋が無いので、当然、埃が被ります。


埃よけにキーボードカバーを作ります。ピアノカバーは黒のベルベットとかベロアのイメージがありますね。中学校の体育館の舞台に置いてあったのは黒い布が被せてあった。

ユザワヤで黒のベルベット(1.5m)とフリンジブレード(1.7m)を購入してきた。 ベルベットは丁度奉仕品ということで@437円/M、かつ20%Offでたったの525円。
フリンジが182円、金色っぽいシャッペスパン手縫い糸が141円でしたので、材料費の合計は、848円です。安いねえ。


黒とか白の糸は在庫あります。
さっそく型紙無しで、適当に布を切り出します。


ピアノを覆うだけなのでちょっとだけマチを付けて、半カバーのように作った。このマチのお陰でゴムとか無しですっぽり収めることが出来た。
正面からサイド回りにはフリンジブレードを手縫い。フリンジを付けると華やかになりました。


白のフェルトでYAMAHAのロゴを切り抜き、まつり縫いします。


ロゴは中央に縫い合わせましたが、少し右肩があがってしまった。まあ、ご愛敬ということで。
黒のベルベットと金色のフリンジの飾りで、シンプルながらもチープさが抑えられてGoodです。


楽譜立て部分はカバーをしていませんので、付けたままカバーが掛けられます。


ベルベットに少し皺がよっていました。
だから奉仕品だったのかなあ?キーボードカバーなので特に不便じゃないし。


光の加減では皺も目立たないので、良しとします。
ベルベットは柔らかいので、取外しも楽ちんです。


848円で完成したピアノカバー。やっぱり自作はいいですねえ、満足です。
あとはピアノの腕を上げるのみ。毎日の練習が必須ですね〜!


 
 

初詣(寒川神社)


2020年の初詣は、寒川神社にお参りしてきました。
お正月ということもあり、飾りも豪華です。


10日の平日の朝ということで、流石に参拝者もまばらです。


寒川神社は八方除けの有名な神社で、神奈川では鶴ケ岡八幡宮に次ぐ人出があるようです。
外国に暮らす娘が厄年ということもあり、お守りを購入。


神池橋・三の鳥居。


これは、下の娘の七五三の時。1995年撮影。


 
 
12345>|next>>
pagetop